精華女子短期大学のスペシャルコンテンツ

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

地域の子育て支援活動「子育てサロン」に参加することで保育者としての礎を築く!!

■学問大分類:教育・保育
■学問小分類:保育・幼児教育
■提供:精華女子短期大学

地域の子育て支援活動「子育てサロン」に参加することで 保育者としての礎を築く!!

近隣の公民館主催で行われている子育て支援活動「子育てサロン」に、幼児保育学科の学生たちが毎年参加しています。学生たちは、ゼミで準備を重ね、手遊びや大型絵本、手づくりの乗り物や手形スタンプなど、親子で一緒に楽しめるふれあい遊びを行いました。保育者を目指す学生にとって、子育て中の保護者の方や、子育てを支える地域の皆様と関わることのできる貴重な機会となりました。

運動遊びを通して子どもたちの発達支援を行う!

本学では、「運動遊び広場」を開催し、地域の子どもたちの発達支援を行っています。4歳から6歳児の幼児を中心に、各年齢に合わせた動きを引き出せるように、段ボールで遊具を制作し、自由遊びを体験させます。その後に走・跳・投の体力測定を行い発達度合いの分析も行います。このように、子どもたちの運動遊びに関わることで、理論に経験を重ね、保育者としての洞察力、分析力、実践力などを学んでいます。

自然体験学習を通して、子どもの主体性を大切にした指導方法を学ぶ

本学の幼児保育学科では、就職先でも個性を発揮できるよう、専門性を育む独自のカリキュラムを展開しています。その中の一つが自然体験学習。自然環境への理解を深め、子どもの主体性を大切にした指導方法を学んだり、運動が心身の健康に与える影響について学びます。今年はコロナ禍のため、例年のように宿泊を伴う活動ができないため、2日間のデイキャンプを行い、自然を満喫しながら保育技術を磨きました。
フィールドワークや水遊び、メインの活動として「茜染め」を体験。このような活動を通して、自身の感性を育て、子どもの好奇心や探求心に共感できる保育者の育成を行っています。

  • 学校No.2422
  •  

近隣エリアから専門学校をさがす

近隣エリアから専門学校のオープンキャンパスをさがす

資料・願書請求できる学校をさがす