産経新聞奨学会の情報満載 | 資料・願書請求ならマイナビ進学

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

自力で進学を考える皆さんを産経新聞が全力でバックアップ!(夕刊なし) 返済不要の給付型奨学金制度

産経新聞社は、フジサンケイグループの一翼を担う存在として、今日まで幅広い活動を展開してきました。なかでも1963年に創設した「奨学生制度」は、新聞社としては国内最初の取り組みでした。以来55年に渡り、時代や社会に応じた新たな制度やシステムを次々に確立してきました。首都圏における夕刊廃止も、今まで以上に自分の時間を持つことができるという他の奨学会にはない産経独自の特色となっています。

産経新聞奨学会 PRイメージ1
産経新聞奨学会 PRイメージ2
産経新聞奨学会 PRイメージ3

トピックス

2017.03.01

平成30(2018)年度第56期生の募集を開始いたしました。

1.応募
奨学生願書を郵送または持参してください。
【応募は早めが安心です】
※早めに申し込んでおけば、学費・生活費・住まいの心配がなく、安心して勉強に専念できます。
※入学手続き、学費納入等がスムーズに運びます。

2.採用内定
書類審査の上、2週間程度で採用内定通知書を送ります。
採用内定通知書と一緒に、「採用内定のお知らせ」、「奨学金借用証書」、「進学校決定通知ハガキ」が同封されています。
【進路決定・入学手続き】
※進学校が決まりましたら早めにご連絡ください。
※学費借用希望者は必要書類を作成して送付してください。

3.採用の決定
2月初旬に研修会案内を送ります。
出欠連絡はがきに、進学決定校を記入し返送してください。
※手続きでわからない事などがありましたら、フリーダイヤル でお問い合わせ下さい。

4.研修会・入会
3月の研修会が奨学生としてのスタートとなります。
研修会は必ず参加してください。
※研修会の最終日に販売所の所長さんが、君を迎えにきてくれます。
年度途中からも奨学生になれます。希望者はご連絡下さい。

募集情報

産経新聞奨学会の募集情報をチェックしておこう!

応募資格

・産経新聞販売所に勤務しながら、制度適用地区の大学、短大、専門学校、予備校に進学を希望する人(宅浪生も可)。
・入会時18歳以上、25歳以下の方。
※夜間部・通信部も原則として適用となります。
※医歯薬科系、芸術系、体育系は適用外です。

募集人員:150名

応募から入会まで

STEP1 『応募』 奨学生願書を郵送または持参してください。
【応募は早めが安心です】
※早めに申し込んでおけば、学費・生活費・住まいの心配がなく、安心して勉強に専念できます。
※入学手続き、学費納入等がスムーズに運びます。
STEP2 『採用内定』 書類審査の上、2週間程度で採用内定通知書を送ります。
採用内定通知書と一緒に、「採用内定のお知らせ」「奨学金借用証書」「進学校決定通知ハガキ」が同封されています。
【進路決定・入学手続き】
※進学校が決まりましたら早めにご連絡ください。
※学費借用希望者は必要書類を作成して送付してください。
STEP3 『採用の決定』 2月初旬に研修会案内を送ります。
出欠連絡はがきに、進学決定校を記入し返送してください。
STEP4 『研修会・入会』 3月の研修会が奨学生としてのスタートとなります。
指定した研修会には必ず参加してください。
※研修会の最終日に販売所の所長さんが迎えにきてくれます。

応募方法

資料請求後、奨学生願書 (写真1枚貼付)を送付してください。

※締め切り前に定員になる場合がありますので、お早めに申し込みください。

各種制度

産経新聞奨学会での学びを支援する各種制度のご紹介!

夕刊なしは産経だけ

首都圏の産経新聞は朝刊単独紙なので、奨学生の業務には夕刊の配達がありません。遅い時間帯の必修科目や選択科目など、自分の学びたい科目が受けられます(集金等の付随業務はあります)。
奨学金は毎月支給(5万円)、また奨学金とは別に給与(11万8500円)も支給されます。

待遇1

●給料/毎月118,500円(平成29年4月予定)が給料として支給されます。※別途奨学金が支給されます。
●休日/1週1休
●休暇/初年度の有給休暇は6ヶ月後から1年間に10日あります。以後1年ごとに1日加算されます。

待遇2

●食事/外食・自炊が基本です。
●部屋/プライベートタイムが確保できる個室が無料で提供されます(水道・光熱費は自己負担です)。
●通学費/月5,000円までの学割通学定期代は自己負担ですが、これを越える場合は超過分を販売所が負担します(バス代は除く)。

学費貸付制度

2年制以上の大学・専門学校生は、初年度120万円、1年制の専門学校、予備校生は初年度78万円までの学費が無利息で借りられます。貸付総額の上限は修業年限の奨学金総額以内とします。

産経新聞奨学会の所在地

東京事務局

所在地

〒101-0052
東京都千代田区神田小川町1-1
山甚ビル8階

交通機関・最寄り駅

JR「神田」駅下車、北口より徒歩10分。
地下鉄:「淡路町」駅(丸ノ内線)、「小川町」駅(都営新宿線)、「新御茶ノ水」駅(千代田線)、A4出口より徒歩3分。

電話でのお問い合わせはこちら 開く

お問い合わせの際に、「マイナビ進学を見た」とお伝えいただくとスムーズです。

0120-033-933

産経新聞奨学会のお問い合わせ先

東京事務局

NTTフリーダイヤル 0120-033-933 (平日10:00~17:30) / 電話 03-5283-7513
FAX: 03-5283-7871
Mail: ikuei@sankei-kaihatsu.co.jp

  • 学校No.230
  • 更新日: 2017.09.01