大手前栄養学院専門学校の資料請求・願書請求

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

大手前栄養学院専門学校 PRイメージ

大手前栄養学院専門学校 2020年4月校名変更 旧校名:大手前栄養製菓学院専門学校 専修学校(専門学校) / 大阪府 認可 / 厚生労働大臣指定校

抜群の教育力は、大学・短大をしのぐと評判! 独自のカリキュラムで健康を守る栄養のプロになる!

60年の伝統と実績を誇る栄養士養成校ならではの独自カリキュラムで、管理栄養士、栄養士など栄養のスペシャリストを育成。1年次は栄養士業務の基礎となる講義を中心に学び、実習・実験では調理の基本から実験器具の使い方などをしっかりと身につけます。そして2年次には、より専門性の高い知識と技術を実習・実験を通して重点的に学習します。授業の半分を実習・実験が占める専門カリキュラムにより、卒業後すぐ即戦力の栄養士として活躍できる人材を養成します。国家資格である栄養士免許の取得を目指すことができ、卒業後3年間の実務経験を経て管理栄養士国家試験の受験資格の取得を目指すことも可能です。管理栄養士を目指す卒業生に対し、国家資格試験対策講座を毎年開講しており、キャリアアップを目指す卒業生をサポート。毎年多くの管理栄養士国家試験合格者を輩出しています。
【大手前栄養学院専門学校の2021年4月入学生とそれ以降の学生募集を停止することを決定いたしました。】

大手前栄養学院専門学校 PRイメージ1
大手前栄養学院専門学校 PRイメージ2
大手前栄養学院専門学校 PRイメージ3
大手前栄養学院専門学校 PRイメージ4
大手前栄養学院専門学校 PRイメージ5
大手前栄養学院専門学校 PRイメージ6

学びの分野/学校の特徴・特色

大手前栄養学院専門学校で学べる学問

  • 栄養・食物

大手前栄養学院専門学校で目指せる職種

  • 医療・歯科・看護・リハビリ
  • 福祉・介護
  • 食・栄養・調理・製菓
  • 教育
  • 健康・スポーツ
  • 公務員・政治・法律
大手前栄養学院専門学校の学部・学科情報はこちら

大手前栄養学院専門学校の所在地

所在地

〒540-0008
大阪府大阪市中央区大手前2-1-88

交通機関・最寄り駅

地下鉄谷町線「天満橋」駅から徒歩2分
京阪本線「天満橋」駅から徒歩5分

電話でのお問い合わせはこちら 開く

お問い合わせの際に、「マイナビ進学を見た」とお伝えいただくとスムーズです。

0120-01-7698

大手前栄養学院専門学校のお問い合わせ先

アドミッションズオフィス

NTTフリーダイヤル 0120-01-7698 / 電話 06-6941-7698 (代表)

大手前栄養学院専門学校の注目記事

  • 栄養資格の三冠王*を達成!だから安心して教育内容で選んでいただけます。

    栄養資格の三冠王*を達成!だから安心して教育内容で選んでいただけます。

    「食」を通じて、健康な体づくりをアドバイスする栄養士・管理栄養士は、専門知識と実践力を備えたプロフェッショナル。小中学校などの教育機関や行政機関、外食産業、福祉施設や医療現場のみならず、スポーツ分野やダイエットスタジオなど、年々、活躍のフィールドが広がっています。社会経験を経た方が、仕事の幅を広げたり、ブラッシュアップするために、資格取得を目指すケースも多いとのこと。「食と健康」は、私たちの生活にとって非常に重要なテーマだけに、資格を活かすことで、様々な方面での活躍が期待されています。

  • 栄養資格の三冠王*ならではの実践的カリキュラムで、実力を備えた食と栄養のスペシャリスト【栄養士・管理栄養士】を養成。

    栄養資格の三冠王*ならではの実践的カリキュラムで、実力を備えた食と栄養のスペシャリスト【栄養士・管理栄養士】を養成。

    食に関する“専門職”である栄養士・管理栄養士は、都道府県の知事や厚生労働大臣の免許を受けた国家資格です。健康な方、病気を患っている方、高齢で食事が取りづらくなっている方など、一人ひとりの栄養状態に合わせ専門的な知識と技術をもとに、スペシャリストとして食事の管理、栄養指導などを行うことが可能です。活躍の場は、学校や病院、給食会社、企業や福祉施設、スポーツチーム、検査機関、空港検疫所など多岐にわたります。食を通して全ての人の健康を支える…それが栄養士・管理栄養士の使命とも言えます。

  • 食を通して健康寿命を延ばせるって本当?
美しさと健康を保つためには。

    食を通して健康寿命を延ばせるって本当? 美しさと健康を保つためには。

    健康寿命とは、「健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間」と定義されています。近年の日本は平均寿命が延び、世界有数の長寿国といわれています。2014年版の「厚生労働白書」にて、日本人の平均寿命と健康寿命の差が、男性で9.13歳、女性で12.68歳と公表されました。今後は医療技術の発展とともに平均寿命が延び、この差が大きくなると予測されています。その結果、家計への負担による生活の質の低下や、社会保障負担の増加が懸念されます。しかし、健康寿命を延ばせば、それらの軽減が期待できるのです。

  • 食の安全から健康志向、予防医療まで 成熟社会が求める栄養士の新たな役割 優秀な人材育成に期待と信頼を

    食の安全から健康志向、予防医療まで 成熟社会が求める栄養士の新たな役割 優秀な人材育成に期待と信頼を

    近年、食と健康にかかわるスペシャリストへの注目が高まっていますが、その背景には、「食」の多様化やグローバル化があります。専門職である栄養士・管理栄養士などの有資格者には、少子高齢化による健康志向や生活習慣病等の予防、子どもたちへの食育、食と医療の連携によるサポートなど、さまざまな場面において、その役割が求められています。創立65年の伝統校であり、8千名近くの栄養士を輩出してきた、大手前栄養学院専門学校・栄養学科の前田浩史学科長に、栄養士を取り巻く環境や、学校での学びについてお話を伺いました。

  • 学校No.2195
  •  
  • 更新日: 2020.09.01