お茶の水女子大学のゼミ・研究室

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

お茶の水女子大学 国立大学

微細藻類バイオリファイナリーの創出を目指して

お茶の水女子大学のゼミ・研究室をチェック

加藤研究室(植物生理学)

担当教員 加藤美砂子
学部/学科/コース 理学部 /生物学科
所在地 <キャンパス> 東京都文京区大塚2-1-1

このゼミ・研究室の研究テーマ

技術の革新
  • ビッグデータ
  • 再生可能エネルギー
持続可能な社会の実現
  • 地球温暖化
関連キーワード
  • バイオ燃料
  • 再生可能エネルギー
  • 微細藻類
  • 有用物質

微細藻類を利用した有用物質生産の分子基盤を解明する

微細藻類(植物プランクトン)は二酸化炭素を取り込み、光合成によって細胞内でさまざまな物質を合成します。その中でも、バイオ燃料の生産の可能性について期待が寄せられています。お茶の水女子大学理学部生物学科の加藤研究室では、微細藻類の力を最大限に引き出し、油脂を初めとする有用物質生産の分子基盤を明らかにする研究に取り組んでいます。光合成を行う微細藻類を利用して燃料を生産することにより地球全体の低CO2に貢献したいと考えています。そのためには、どのようにすれば微細藻類の細胞の中で燃料となる油脂を効率よく合成できるのか、その秘密を分子生物学の手法を用いて解き明かそうとしています。また、微細藻類が生産する有用物質は燃料となる油脂だけではありません。微細藻類の中にはEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)のような付加価値の高い高度不飽和脂肪酸を合成する種も存在します。このような有用物質生産を目指す微細藻類バイオリファイナリーの創出を基礎科学の観点から研究することで、SDGsの目標に近づくことができるように、日々、実験と議論を積み重ねています。

このゼミ・研究室についてもっと見てみる 閉じる

人々の健康と幸福に向けた望ましい食習慣の獲得に関する研究

お茶の水女子大学のゼミ・研究室をチェック

栄養教育学研究室

担当教員 赤松利恵
学部/学科/コース 生活科学部 /食物栄養学科
所在地 <キャンパス> 東京都文京区大塚2-1-1

このゼミ・研究室の研究テーマ

健康な生活の実現
  • 長寿社会
持続可能な社会の実現
  • 食品ロス
質の高い人生の実現
  • 教育改革
関連キーワード
  • 食行動
  • 行動変容
  • 栄養教育
  • 食育
  • 食環境

食行動の変容のための2つのアプローチ:教育的アプローチと環境的アプローチ

お茶の水女子大学公衆栄養学研究室(栄養教育学分野)(以下、栄養教育学研究室)では、社会の人々の健康と幸福につながる望ましい食習慣の実現を目指し、日々研究に取り組んでいます。望ましい食習慣の実現に、栄養や食に関する知識は必要ですが、知識だけでは実現できません。たとえば、「野菜はがん予防になる」ということを知っていたとしても、「野菜を調理するのはめんどう」「野菜は高い」といって実際の行動に移さなければ、何の意味もありません。
栄養教育学は栄養学の基礎的研究を社会の人々に伝え、実践のサポートをする、いわゆる橋渡し的な学問分野です。食行動を変えるためには、大きく分けて2つのアプローチがあり、1つは対象者に知識やスキルを伝え、行動を変える方法(教育的アプローチ)、もう1つは、対象者の環境を変えて、行動を変える方法(環境的アプローチ)です。前者では、教育学の視点が必要になり、後者では、公衆衛生学や社会学といった視点が必要になります。さらに、行動を理解するためには、健康心理学の視点も必要になります。
このように、栄養教育学では、幅広い学問分野にまたがって研究をすすめています。しかし、共通することは、人に焦点をあて、食行動の側面から研究をすすめることです。

このゼミ・研究室についてもっと見てみる 閉じる

女性が働く社会に向けてキャリアと社会的保護のあり方の研究

お茶の水女子大学のゼミ・研究室をチェック

人間生活学科 生活社会科学講座 永瀬研究室

担当教員 永瀬 伸子
学部/学科/コース 生活科学部 /人間生活学科 /生活社会科学講座
所在地 <キャンパス> 東京都文京区大塚2-1-1

このゼミ・研究室の研究テーマ

健康な生活の実現
  • 高齢化
  • 長寿社会
  • 医療格差
  • 年金
技術の革新
  • AI(人工知能)
  • ビッグデータ
持続可能な社会の実現
  • 少子化
多様な人々との共生
  • 男女平等
  • 外国人労働者
質の高い人生の実現
  • 教育改革
  • 年金制度
  • 働き方改革
  • 待機児童
  • 長時間労働
関連キーワード
  • キャリア形成
  • ワークライフバランス
  • 社会的保護の制度(雇用に関するルール、社会保険のルールなど)
  • 国際比較
  • 子育て環境

キャリアか子どもかの二者択一にならない雇用慣行と社会システムを考える

人生100年時代においては、女性がキャリアの構築を目指せる雇用慣行と、同時に安心して子どもを育てられる環境が必要です。しかし今日、キャリア展望をもてない女性は男性に比べて多いうえ、出産への不安も高く、初職就職、出産時・出産後のキャリアと子育ての両立、中年期の再就職、高齢期の経済生活、どれをとってもシステムが不足している現状があります。本研究室は女性のキャリアと家族をテーマにし、様々な切り口から、大量データの統計的な分析、聞き取り、独自調査の作成を行い、また現在はOXFORD大学と共同で家事育児労働のAI、IoT等のテクノロジー利用による今後の生活変化の研究もしています。学部ゼミ生は、複数の大学による学生研究発表会において、育児休業復帰と昇進、男女のライフプランと金融リテラシーなどについて、独自の量的調査や質的調査を設計し研究発表をするなど、自らのキャリアや人生計画の礎となるような研究に取り組んでいます。

このゼミ・研究室についてもっと見てみる 閉じる

ノルウェーと日本のジェンダー平等とダイバーシティ課題の国際比較

お茶の水女子大学のゼミ・研究室をチェック

ジェンダー研究所 INTPARTプロジェクト

担当教員 石井 クンツ 昌子、戸谷 陽子、小玉 亮子 ほか
学部/学科/コース ジェンダー研究所
所在地 <キャンパス> 東京都文京区大塚2-1-1

このゼミ・研究室の研究テーマ

持続可能な社会の実現
  • 少子化
多様な人々との共生
  • 男女平等
  • 外国人労働者
  • 移民・難民
質の高い人生の実現
  • 教育改革
  • 働き方改革
  • 長時間労働
  • 文学・芸術
  • 音楽・映画・芸能
関連キーワード
  • ジェンダー
  • ダイバーシティ
  • 男女共同参画
  • ノルウェー

国際比較研究を通じてジェンダー平等という社会課題についての理解を深化させる

ジェンダー平等の国際ランキングで常に上位にいるノルウェーと下位に低迷する日本。日本はノルウェーのやり方を見習えばジェンダー平等を簡単に達成できるのでは、と思いがちですが、文化や歴史の異なるノルウェー社会での成功例をそのまま日本に輸入しても、上手くいくとは限りません。また、成功しているように見えるノルウェー社会にも、まだまだ取り組まなくてはいけない課題があります。国際ランキングで示される数値だけでは説明しきれない現実があるのです。INTPARTプロジェクトでは、お茶の水女子大学ジェンダー研究所とノルウェー科学技術大学ジェンダー研究センターの研究者が共同研究のチームを編成し、家族、教育、メディア、セクシュアリティ、生殖医療などをテーマとした研究を進めています。国際比較という視点は、互いの国のジェンダー課題についての知識を得ると同時に、それぞれの社会のジェンダー課題を掘り下げて理解することを可能にします。その共同研究による発見は、英語書籍『Comparative Perspectives on Gender Equality in Japan and Norway: Same but Different?』(2021年11月刊行、Routledge社)にまとめられています。

このゼミ・研究室についてもっと見てみる 閉じる
  • 学校No.2177
  •  

近隣エリアから専門学校のオープンキャンパスをさがす

資料・願書請求できる学校をさがす