米田柔整専門学校の情報満載

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

専修学校(専門学校) / 愛知県 認可 / 学校法人 米田学園 米田柔整専門学校

国家試験合格率は平均96.6%! 一流の講師陣があなたをバックアップ。トレーナーを目指す方も!

【米田柔整のここがスゴい!】

●高い国家試験合格率
平均96.6%の在校生が国家試験に合格!(平成21~27年度実績 584人合格/604人受験者)

●整形外科病院によるバックアップ
整形外科病院である「米田病院」と連携し、最新の医療を学生にお届けできるシステム。病院で診療を行う医師たちによる現場の臨場感溢れる講義、病院リハビリ室での体験実習など、魅力たっぷりのカリキュラムです。


●熱意あふれる講師陣
米田病院を始めとした、臨床での経験が豊富な講師陣による講義。教科書の内容だけでなく、現場で使えるコツや知識、技術を教えます。


●徹底した実技教育
当校が目指すのは、現場で重宝される柔道整復師の育成。ギプス、包帯、テーピングなどの固定のほか、整復(脱臼・骨折した骨を戻す手技)の実技、体表解剖や可動域計測など、実技教育にも力を入れています。


●確かな就職実績
当校の就職率は毎年100%!(2016年実績 63人就職/63人希望者)多くの病院・クリニックや接骨院から求人が寄せられます。個人面談や合同就職説明会でも就職活動をサポートしています。

米田柔整専門学校 PRイメージ1
米田柔整専門学校 PRイメージ2
米田柔整専門学校 PRイメージ3

トピックス

2017.03.01

2016年、全館リニューアル!

●光をうまく使った校舎と、快適さにこだわった設備
爽やかなホワイトに水色の文字が映える、新しい米田柔整専門学校。天窓から自然光が注がれる吹き抜けのメディアセンター、各階でくつろぎながら学べる自習スペースなどを設置し、授業以外の環境も整いました。各教室は防音効果の高い二重窓を使用し、近くを走る電車の騒音はほとんど聞こえません。「快適に学べる」にこだわった、新しい施設!

●シャワー完備、更衣室もキレイ!柔道場は痛くない畳を使用。
夏は涼しく、冬は暖かくなるように設備を充実させた柔道場。広さはなんと約20m×27m!畳には最高級スプリングを使用し、受け身をとっても痛みが少なく安全に柔道講義が行えます。トレーニング施設も併設しており、学生が自由に利用できます。シャワー室と更衣室も2016年秋にリニューアルしたばかりでピカピカです♪

募集内容・学費

米田柔整専門学校の募集内容や学費をチェックしておこう!

柔道整復科

第1部 午前コース(2017年04月 実績)

概要 平成28年より新設された、朝9:00から始まる朝方のコース。1日の講義は最大3コマ(90分×3)で、お昼をはさんで14:30に終わります。午後はアルバイトや趣味の時間に使えるから、他のコースと同じ講義数でも自由な時間がたっぷりと確保できます。春休み・夏休み・冬休み・日祝以外の休校日も、他のコースと同じく合計60日以上。プライベートも勉強も両立させたい方にとっておきのコースです!
定員 30名
対象 男女
年限 3年
学費 初年度納入金
1,620,000円
(2017年04月 実績)

第1部 全日コース(2017年04月 実績)

概要 10:50~16:10という日中の時間をフルに使うタイプのコース。朝はゆっくり準備して、講義終了後は短時間のアルバイトも可能です。この全日コースの特徴は、男女ともにほとんどが10代の学生で、若々しくてパワフルなところ!お昼ご飯を一緒に食べたり、授業後みんなで残って自習をしたり、遊びに出かけたり・・・学生生活をエンジョイしている学生が多いようです♪
定員 60名
対象 男女
年限 3年
学費 初年度納入金
1,620,000円
(2017年04月 実績)

第2部(夜間)(2017年04月 実績)

概要 夕方17:00から1限目が始まる夜間コース。1限目を通常の半分の時間に区切ることによって、コンパクトな講義時間にしています。それでも、合計の講義時間・講義内容は他のコースと同じ。夕方までは仕事をして、夜の時間を勉強に使うスタイルのため、クラスの多くは社会人経験者。小さなお子さんのいらっしゃる方も少なくありませんが、春休み・夏休み・冬休み・休校日などを使って帰省したり旅行に出かけることも可能です♪さらに、夜間コースに入学された方はもれなく初年度授業料のうち60万円を免除!
定員 30名
対象 男女
年限 3年
学費 初年度納入金
1,620,000円
(2017年04月 実績)
※夜間部に入学された方は、初年度授業料を60万円を免除致します。

主な就職先・ 就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先

2014年~2016年卒業生実績

  • 株式会社中日ドラゴンズ
  • 医療法人米田病院
  • 富田浜病院
  • 医療法人恭純会 服部整形外科
  • かとう整形外科
  • 河本整形外科
  • 樋口整形外科
  • 城南リハビリクリニック
  • 阿由知通山路整形外科
  • みたに整形外科
  • 中原クリニック 
  • 亀井整形外科クリニック
  • 整形外科河村医院
  • 守山整形外科クリニック
  • 木村クリニック
  • ほてい整形外科
  • ほった整形外科
  • 福澤接骨院
  • ひじかた整形外科
  • いなぐま整形外科
  • ハートメディカルグループ株式会社タケダ
  • 東濃スポーツ接骨院
  • 黒氏接骨院 
  • 安井接骨院 
  • まはろ接骨院
  • 中日鍼灸接骨院
  • たいち接骨院
  • 社会福祉法人たんぽぽ祢々の里
  • 社会福祉法人アパティア福祉会
  • …など

224名/224名(就職者数/就職希望者数)

就職支援

定期的な個別面談や合同就職説明会など、就職に対するサポートも万全!

◆定期的な個別面談
3年生になると、担任と就職担当の職員による個別面談が年3回行われます。面談では、希望の地域や施設の種類、やりたいことなどをもとに、就職活動の進め方をアドバイス。学校での成績や性格、生活スタイルなども考慮して、ひとりひとりに合ったサポートを心がけています。

◆合同就職説明会
当校に求人をしている施設(病院や接骨院など)の方々に案内状をお送りし、学校の中で合同就職説明会を開催しています。一度に多くの施設の方からお話を聞ける、学生からも大好評の説明会!学生は全員スーツで参加します♪

◆就職ガイダンス
就職活動を始める前には、合同ガイダンスで履歴書の書き方や求人票の見方などをレクチャーして、はじめての就職活動でも困らないようにサポートしています。

各種制度

米田柔整専門学校での学びを支援する各種制度のご紹介!

ハイレベルの授業・徹底した実技教育・充実した国家試験サポート

●1年生
1年生では「からだの構造の基礎」を理解していきます。主に、筋肉・骨・靱帯などの解剖学を中心とした講義で、勉強が苦手な方や勉強方法で悩んでいる学生には補充や個別対応などのサポート体制が充実しています。

●2年生
基礎を理解した2年生では、実技を中心とした講義が展開されます。体表解剖、徒手検査、可動域測定、筋力測定などの実技から、各疾患の理解とその整復や固定(包帯・ギプス・テーピングなど)まで、幅広く学んでいきます。また、少人数グループで研究発表を行うシステムを取り入れ、卒業後に「自分で考える力」を養っていきます。

●3年生
3年生では国家試験に向けてラストスパート。今までとは異なる視点でカテゴライズし、復習と解説に力を入れていきます。国家試験と同じ形式のテストを繰り返し行い、本番に備えます。また、就職後に医療現場で困らないよう、実際の症例をもとにした講義も増えていきます。補充講義は3年間のうちで1番多く、勉強の苦手な学生や更に上を目指す学生のサポートにも力を入れています。

設備

●附属臨床実習施設 米田接骨院
学生の臨床実習の場として、平成15年に付属臨床実習施設 米田接骨院を設立。平成28年4月には新校舎OPENに伴い、学校と同じ館内へ移設しました。3年では、実際の患者さんを相手に臨床実習を行います。柔道整復師の実務を間近で経験しながら、専門技術を磨くことができ、また患者さんと直接触れ合える、学生にとって大変貴重な場所となっています。

●メディアセンター
柔道整復術に関する専門書や歴史的な書物から新刊雑誌まで、豊富な蔵書が揃っています。人体の仕組みや施術を映像で学ぶためのビデオ・DVDもあり、メディアセンター内で見ることができます。また、国家試験サポートの一環として、現役で国家試験を合格できなかった場合の再チャレンジサポート希望者にもメディアセンターを解放しています。

●実技実習室
柔道整復術における治療法(施術)は、施術者自身の「手」で行うものがほとんどです。柔道整復術の「整復法」「固定法」から、骨折・脱臼他様々な症状に対応する施術の整復法・固定法など、様々な施術を実技実習室で、実技を通して身につけます。

支援制度 奨学金

本校では、柔道整復師を目指す方々に経済的にも最大限応援したいとの想いから、様々な支援制度をご用意・ご案内しています。
◆第2部(夜間部)合格者には初年度の授業料のうち600,000円(前期-300,000円、後期-300,000円)を免除します。
◆一般入学試験の第1部合格者より成績優秀者10名以内に対して成績特待生として初年度の前期授業料のうち300,000円を免除します。※試験日によっては対象外となります。詳しくはホームページの募集要項をご覧ください。
◆2~3生の特待生には「成績特待生」「功労特待生」があり、次年度の授業料のうち最高で後期授業料300,000円を免除します。毎年、規定に基づいて選考をし直すため、みなさんの努力次第で授業料等の免除を受けることが可能です。
◆日本学生支援機構からの奨学金を受け取ることができます。
◆日本政策金融公庫「国の教育ローン」、三菱東京UFJ銀行「教育ローン」、セディナ学費ローンなどの教育ローンもご利用いただけます。

柔道

入学時、クラスのほとんどは柔道未経験者。当校の柔道講義では、柔道衣の着方、帯の締め方、柔道場に入る際の礼など、初心者向けの基本からお教えしていきます。少しずつ受け身や技を覚えていき、1年経過する頃には見違えるほど上達しています。講義を行う講師は柔道のベテランばかり。楽しく安全に、からだの仕組みを理解しながら、礼儀と相手を重んじる柔道を伝えられるような講義を行っています。そのおかげか、柔道の楽しさに気づき、在学中に黒帯を取得する学生が多いのも特徴です。女性の学生でも、男性と同じくらい上達していきます。講義とは別に、柔道有段者を中心とした柔道部特練にも多くの学生が参加しています。最近は、初心者で入部する学生も増えてきました。特連の目標は、全国柔道整復協会が主催する大会などで好成績を収めること。試合に向けて、日々練習に励みます。練習中は必ず講師が付添い、道場内の温度調節や指導を徹底することで、事故防止に努めています。当校の柔道部特連は、体育会系にありがちな厳しい上下関係もなく、1年生から3年生まで仲良くのびのびと練習を行っています。また夏には強化合宿を行い、チームの連結を深めています。

歴史と伝統

1960年創立の米田柔整専門学校。以来50年以上にわたり、柔道整復師専門の養成校として歴史を築いてきました。初代校長である米田一平は医師という立場から柔道整復師の学問に大きく関与し、当時の教科書制作に貢献し、現代でも柔道整復師の教科書として参考にされる名著を残しています。平成10年当時、全国で14校だけだった柔道整復師を育てる専門学校が、100校を超えるまでに激増した現在。単科ならではの専門性を極めながら、当校は一貫して柔道整復師の教育に邁進してきました。時代の移り変わりとともに、柔道整復師のあるべき姿をつねに見つめ直してきた柔軟性を持ち合わせていることも、私たちが長い年月、支持され続けてきたゆえんです。最新の西洋医学の知識や技術を取り入れ、また法律に沿った指導内容を遵守するよう周知徹底して取り組んでいます。

同グループ米田病院・よねだクリニックのバックアップ

米田柔整専門学校では、同グループの整形外科病院・クリニックと連携しており、臨床現場で実践的な指導を行っています。数ある柔道整復師養成学校の中でも、病院母体の学校は米田柔整を含めて、全国でたったの2校だけ。本校では、実際に病院で活躍する医師やスタッフによる授業が受けられるほか、病院での実習や卒業後の研修・就職制度も充実。このような環境から、各医療機関からの求人も多く寄せられ、近年では卒業生のうち約半分が医療系へ就職。様々な医療分野で活躍しています。
また米田病院・よねだクリニックでは、米田柔整専門学校を卒業した先輩方が開業された接骨院とも積極的に情報交換を行い、医接連携(医療機関と接骨院の連携)を深め、柔道整復師と医療機関の良好な関係づくりにも力を入れています。
★米田病院には高磁場MRIが2台、整形外科に特化したバイオクリーンルームの手術室が3室、入院室が54室あり、高度な診療・手術と充実したリハビリテーションを行っています。骨折の保存治療(手術をしないで元の位置に戻す治療方法)も多く行っています。

卒業後支援活動<コミュニケーションセミナー>

本校はこれまでに5,000人以上の卒業生を輩出してきました。「コミュニケーションセミナー」は、いってみれば本校の財産である卒業生同士が気軽にコミュニケーションを図れることを目的に、2007年よりスタート。現在3・6・10月の年3回、若手の卒業生を中心に日頃の臨床における疑問や成功・失敗例など、さまざまな体験について発表あるいは聴講できるセミナーを開催しています。

万全の就職サポート!

●当校の就職率は毎年100%!(2016年3月卒業生実績 63名就職/63名就職希望)多くの病院・クリニックや接骨院から求人が寄せられます。
就職サポートでは、学生の希望や意向、目標を確認し、更に具体的な進路を確定していくだけでなく、履歴書の書き方指導や面接時のアドバイス、求人先の雰囲気などの情報提供、見学・面接の日程調節など、様々な面から担当職員がバックアップしています。YONEDAグループには病院やクリニックもあり、接骨院に加え病院などの情報も多く入ってくるため、さまざまな視点からのアドバイスも可能。ひとりひとりに合った就職先を見つけることができます。
●卒業後もずっとサポート!
「新たな分野で臨床経験を積みたい」、「開業したので従業員を雇いたい」など、卒業生からの求人に関する様々な相談にも対応しています。もちろん求人票の閲覧も可能で、希望があれば担当職員への相談も受けられます。卒業後も気軽に相談に来られるのも、米田柔整の魅力です。

学びの分野/学校の特徴・特色

米田柔整専門学校で学べる学問

  • 医学・歯学・薬学・看護・リハビリ
  • 体育・健康・スポーツ

米田柔整専門学校で目指せる職種

  • 医療・歯科・看護・リハビリ
  • 健康・スポーツ

米田柔整専門学校の特徴

  • 推薦入試制度
  • 特待生制度
  • 社会人入試
  • 夜間課程
  • 最寄駅より徒歩圏内

米田柔整専門学校の所在地

本校 名古屋駅から、電車+徒歩で最短約15分!バイク通学も可☆

所在地

〒451-0053
愛知県名古屋市西区枇杷島二丁目3番13号

交通機関・最寄り駅

名鉄電車「名鉄名古屋」駅からのご案内
・下り方面(岐阜・津島・犬山方面)
・普通電車2駅目「東枇杷島」駅下車、徒歩約5分。
・普通電車、急行電車、準急電車1駅目「栄生」駅下車、徒歩約10分。

米田柔整専門学校のお問い合わせ先

電話 052-562-1210 / NTTフリーダイヤル 0120-733-121
Mail: jusei@yoneda.ac.jp

  • 学校No.2132
  • 更新日: 2017.06.02

米田柔整専門学校に通いやすいお部屋は
マイナビ賃貸で探そう!

米田柔整専門学校