千歳科学技術大学

KAGIDAIの理工学部でできること。

貢献する

次世代の通信に
医療や福祉に
わかりやすさと使いやすさに

KAGIDAIの研究室なら

高速光通信システムの開発を研究して、次代の光通信に貢献する技術への挑戦ができる。

KAGIDAIの研究室なら

心臓や肺の動きを3次元形状計測の技術で可視化する「非接触生体計測」などの研究開発ができる。

KAGIDAIの研究室なら

「人の心や体や社会に合わせて」製品・システム・サービスを設計するための人間工学やサービス化学を学ぶことができる。
次世代アプリケーションを

開発する

新しいWebサービスを
ロボット技術を

KAGIDAIの研究室なら

次世代アプリケーションの開発をテーマに、AIやIoTを活用した情報システムの研究ができる。

KAGIDAIの研究室なら

携帯情報端末を用いて、全国の研究者とともに新しいWebサービスの開発や利用方法などの研究ができる。

KAGIDAIの研究室なら

人間生活支援に求められるロボットのモーション制御技術や人・環境のセンシング技術を学ぶことができる。
新素材を
新しいレーザー光源を

創る

新しい技術を

KAGIDAIの研究室なら

生物の機能を模倣して、現代社会の問題解決に寄与する新材料やデバイスを創成する研究ができる。

KAGIDAIの研究室なら

特殊な結晶を使い、従来装置よりも効率よく様々な波長(色)のレーザ光を発生させる研究ができる。

KAGIDAIの研究室なら

光を自在に制御することにより、新しい光源(レーザー等)や光スイッチ等新しい光素子への応用研究ができる。
がんの診断システムに
液晶ディスプレイに
教育に

役立てる

KAGIDAIの研究室なら

レーザを応用したがんの診断・治療を中心にバイオメディカルフォトニクス(生体医用光学)の研究ができる。

KAGIDAIの研究室なら

液晶ディスプレイに使う超高効率の偏光板の研究などができる。

KAGIDAIの研究室なら

教育現場でのICT(情報通信技術)活用についての研究ができる。