武蔵野美術大学の情報満載 | 資料・願書請求ならマイナビ進学

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

武蔵野美術大学 PRイメージ

「真に人間的自由に達するような美術教育」 造形学部11学科を擁する、日本を代表する美術・デザイン大学

武蔵野美術大学は、1929年に創立された「帝国美術学校」を前身とし、「教養ある美術家養成」「真に人間的自由に達するような美術教育」を教育理念に掲げ、日本を代表する美術・デザイン大学として、これまでに6万5千人以上の卒業生を社会に輩出してきました。
造形活動を通じて身に付く、正解のない答えを探求し表現する能力は、今の時代にこそ最も必要とされています。卒業生は美術家、デザイナー、建築家、映像作家など、造形各分野の専門家として活躍するとともに、学生生活で培った創造性、コミュニケーション能力が高く評価され、多くの業界で日本及び世界有数の企業へ就職しています。
2012年には、文部科学省「グローバル人材育成推進事業」に芸術系大学として唯一の採択校(※)となりました。語学力とコミュニケーション能力を備える、世界に羽ばたくアーティスト・デザイナーの育成を目指します。

日本学術振興会HP「経済社会の発展を牽引するグローバル人材育成支援」より

武蔵野美術大学 PRイメージ1
武蔵野美術大学 PRイメージ2
武蔵野美術大学 PRイメージ3
武蔵野美術大学 PRイメージ4
武蔵野美術大学 PRイメージ5
武蔵野美術大学 PRイメージ6

トピックス

2017.03.01

オープンキャンパス2017のご案内

日程:オープンキャンパス 平成29年6月10日(土)、11日(日)
   真夏のオープンキャンパス 平成29年8月12日(土)、13日(日)
時間:10:00~16:00 *開場9:30
場所:鷹の台キャンパス

体験授業やワークショップのほか、入試実技合格作品の展示に加え、学生や教員との交流企画など、多くの企画を実施します。
ぜひご来場ください。

2017.03.01

受験生向けサイトオープン!

受験生向けサイトは大学サイトのトップページ上部の「受験生の方へ」から見ることができます。スマートフォンにも対応していますので、ぜひご確認ください。

★受験生向けサイトはコチラ
→http://www.musabi.ac.jp/prospective/

2017.03.01

新しいデザイン工房棟として、最新の設備と充実した機材を備えた14号館が完成

本学ではキャンパスを東西に横断する都市計画道路がつくられることになり、道路用地にある工房を移転するために新しいデザイン工房棟の建設を進めてきました。
そして2016年4月より、工芸工業デザイン学科を中心としたクラフトデザインコース、インダストリアルデザインコース、関連研究室や工房、演習室などの教育施設が整備され、デザイン系の授業がその新しい工房で始まりました。
1万㎡をこえる工房には最新の設備、機器が備わり、充実した制作活動をサポートしています。

募集内容・学費(2017年4月実績)

武蔵野美術大学の募集内容や学費をチェックしておこう!

造形学部

日本画学科

概要 日本画は、東洋独自の感性と空間意識によって表現された絵画です。光と影で量感をとらえる西洋画に対し、ものの輪郭や質感を大事にして描きます。画材や技法には簡単に習得できないものもありますが、だからこそ奥深く魅力的な絵画表現といえます。日本画や日本について深く考える過程を大切にしながら、日本画を入口とした、個性豊かな新しい表現者を育てたいと考えています。
募集内容 定員:40名
年限:4年
学費:1,908,000円(初年度納入金)

油絵学科 油絵専攻

概要 油絵は、思いのままに筆を走らせて絵具を塗り重ね、自分をダイレクトに表現できます。本学科は、自らの表現を決して油彩や平面に限ることなく可能性を探れる環境があり、版画専攻等との共通授業では、互いに刺激を受けながら作品づくりができます。個人制作が基本ですが、教員や同世代の仲間との「制作」「会話」「批評」からさまざまな表現や意見を吸収し、今後の制作へと生かされることを期待しています。
募集内容 定員:120名
年限:4年
学費:1,927,500円(初年度納入金)

油絵学科 版画専攻

概要 版画は浮世絵や瓦版、出版物など、美術作品の領域を超えて社会とつながるメディアとして使われてきました。「刷る」という行為には自分以外のものが介していて、思い通りにならない不自由さがあります。その偶然性を受け入れ、表現を追求する面白さに気付くでしょう。油絵専攻との共通授業は「描くこと」を問い直す貴重な機会となります。
募集内容 定員:20名
年限:4年
学費:1,927,000円(初年度納入金)

彫刻学科

概要 「彫刻とは、もののつくり方であり、ものの見方であり、ものの考え方である」。彫刻を学ぶということは、「作品」が成立するとは何かを考えること。そのために自分しかできないことは何だろう? 本学科は、そのような彫刻家として必要不可欠な自分の視点を見つける力を育てたいと考えています。表現者として素材に関わりながら技術を学び、独自の方法論を見つけていきます。
募集内容 定員:33名
年限:4年
学費:1,940,500円(初年度納入金)

視覚伝達デザイン学科

概要 デザインの原点は「人に想いを伝えるにはどうすればいいか」を考え実現させることです。例えば、友人を招いて自宅でパーティを開くとしたら、あなたは招待状から部屋の飾りや料理まで、隅々にまで想いと気配りを行き届かせた数々のものをつくるでしょう。視覚伝達デザイン学科では、視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚を駆使し、多様なメディアへと展開することのできる力を身につけます。さまざまなかたちでメッセージを伝え合うことのできるコミュニケーターを育む。それが視覚伝達デザイン学科です。
募集内容 定員:102名
年限:4年
学費:1,914,500円(初年度納入金)

工芸工業デザイン学科

概要 本学科には、クラフト、インテリア、インダストリアルの3専攻があり、人間の生活すべてのコトとモノに関わりを持ち、心地よい暮らしをデザインするための豊かな感性と幅広い知識、問題意識を養います。個人での創作活動が主となるクラフト、生活空間を思考するインテリア、より望ましい社会生活全体を構築するインダストリアルまで、人を軸にした生活環境やプロダクトデザインを創造します。
募集内容 定員:133名
年限:4年
学費:1,932,500円(初年度納入金)

空間演出デザイン学科

概要 本学科は、セノグラフィ、インテリアデザイン、環境計画、ファッションデザインの4コースがあり、舞台や店舗、住居、衣服など扱うものはさまざまですが、「人を幸せにしたい」という想いは共通です。空間をデザインするには、あらゆる事象に好奇心を持ち、時代を肌で感じて、美しいものに敏感になることが大切です。そして個々の感性が集結し、大勢の人と共有して、初めて空間は完成します。独自の感性と協調性を伸ばし、情熱を持って空間をつくりあげるデザイナーを育てます。
募集内容 定員:120名
年限:4年
学費:1,904,500円(初年度納入金)

建築学科

概要 設計をするだけの技術者ではなく、美術大学という刺激的な創造の場で独自の設計理念に基づく建築デザインができる「建築家」を養成しています。講義で得た知識や技術をデザインに集約させ、環境や社会への問題意識を持って建築の美的価値を追求します。教員は、幅広い分野で活躍する現役の建築家です。実際の事例をもとにした多彩な課題を通して、自分のフィールドを探ることができます。
募集内容 定員:80名
年限:4年
学費:1,904,500円(初年度納入金)

基礎デザイン学科

概要 デザインとは、生活者が本来あってほしいと願う「かたち」をつくり出すこと。そして、生活の中の行為やふるまいなどを考察し、おのずと「かたち」が浮かび上がってくる瞬間に立ち会うこと。コンピュータやアプリケーションを操る技術力ではなく、「かたち」の生成力を身につけることで、生活の中で本来あるべきデザイン、「かたちの本質」を構想し、提案できるデザイナーになれるのです。
募集内容 定員:73名
年限:4年
費用:1,904,500円(初年度納入金)

映像学科

概要 映像学科では、映像、音、言語、造形という四つの側面から映像表現を学び、それらを自由に操れる人材を育成しています。イメージを膨らませて新しい表現を生むためには、技術を知ることが必要です。そのため、専門分野を決定する前にさまざまな映像表現の基礎を実際に体験します。映像分野の総合知識と表現技術を習得し、映像の価値を知る良き理解者や制作者を増やしたいと考えています。
募集内容 定員:85名
年限:4年
学費:1,940,500円(初年度納入金)

芸術文化学科

概要 現在の私たちの社会をアートやデザインの視点から眺めることを起点に、芸術を人や生活と結びつけて、文化を形成していく新しい方法を考えます。そのために、あらゆる表現を読み解く「理論」と、自らが表現する「技術」をバランスよく習得する必要があります。また、対外的な活動で人や社会と積極的に関わることも重要です。創造的な提案を実行できるプロフェッショナルを育てます。
募集内容 定員:80名
年限:4年
学費:1,904,500円(初年度納入金)

デザイン情報学科

概要 デジタル時代のデザイナーは、依頼に対し、問題の本質を捉えて解決策を構築する能力と、横断的な知識を束ねて幅広い提案ができる柔軟性が必要です。そのために本学科では多様なメディアを扱い、「あなたは何を問題にしていますか?」をつねに問い続けます。クリエイティブに答えはありません。答えに辿り着くのではなく、新しい答えをつくり出し、社会に、新しいアイデアを華麗に実現させる方法論を身につけていきます。
募集内容 定員:100名
年限:4年
学費:1,940,500円(初年度納入金)

主な就職先・ 就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先

2014~2016年3月卒業生実績

  • アサヒ飲料(株)
  • カシオ計算機(株)
  • (株)KADOKAWA
  • (株)カプコン
  • (株)紀伊国屋書店
  • (株)ケイ・ウノ
  • (株)コーエーテクモホールディングス
  • (株)コロプラ
  • (株)コム・デ・ギャルソン
  • (株)サイバーエジェント
  • サクマ製菓(株)
  • (株)サンリオエンターテイメント
  • (株)スペース
  • (株)セガホールディングス
  • 積水ハウス(株)
  • (株)そごう
  • (株)高島屋
  • (株)タカラトミー
  • (株)東北新社
  • 高松建設(株)
  • チームラボ(株)
  • 凸版印刷(株)
  • トヨタ自動車(株)
  • (株)虎屋
  • 日産自動車(株)
  • (株)日本デザインセンター
  • 日本郵便(株)
  • (株)日本テレビアート
  • (株)乃村工藝社
  • (株)博報堂
  • (株)日立製作所
  • (株)日比谷花壇
  • 東日本旅客鉄道(株)JR東日本
  • (株)星野リゾート
  • (株)本田技術研究所
  • (株)三越伊勢丹
  • 三菱自動車工業(株)
  • ヤフー(株)
  • (株)ユザワヤ商事
  • …など

就職支援

美大ならではの専門性とクリエイティブ能力を生かし、マスコミ・印刷・広告、メーカー、建築・インテリア、アニメ・ゲーム、ファッションなど、多種多様な業界で日本有数の企業へと就職しています。専門性の高い職種では、本学あるいは一部の美大のみに行う求人も少なくありません。
就職者の7割近くはデザイナーなどクリエイティブ職に就いていますが、近年では制作活動を通じて培ったプレゼン能力やコミュニケーション能力が高く評価され、商品企画や営業など、総合職での採用も増えています。また、教員免許(美術・情報)を取得し、中学・高校の教員になるほか、学芸員資格を取得し、美術館や文化施設など公共的事業に従事する卒業生も多くいます。
キャリアセンターでは、1年次からオリエンテーションや進路就職講座を実施。3年次では、タイムリーな就職ガイダンスや業界・職種研究会のほかに、美大生の就職活動に欠かせないポートフォリオの対策や発表会など、多様な進路選択に対応できるプログラムを準備しています。

各種制度

武蔵野美術大学での学びを支援する各種制度のご紹介!

総合性と専門性を融合したカリキュラム

総合的な判断力・批判力を養う「文化総合科目」、専攻とは異なった領域や他学科の授業を学ぶ「造形総合科目」、個々の専門的能力を追求する「学科別科目」をバランスよく学ぶカリキュラムを採用。「幅広い教養と豊かな人間性を基盤としたところに優れた芸術が成立する」という伝統的な教育理念の実現を目指し、人格的にも優れた造形各分野の専門家養成に取り組んでいます。

経済的サポートを大きく充実

武蔵野美術⼤学では、学⽣が安心して勉学に励み、実り多い学生生活を送ることができるように経済的サポートを数多く設けています。授業料の半額(592,500円)または30万円を毎年210名に贈与する「武蔵野美術大学奨学金」をはじめ、大学院修士課程・博士課程奨学金、校友会や研究室推薦の奨学金、外国人留学生向け奨学金など、大学独自の奨学金制度が充実。災害等による家計の急変の際には緊急採用の枠も設けられています。また、2015年度より、毎年220名に対して半期授業料の30%を免除する経済的支援授業料減免制度もスタートしました。
さらに全国各地から集まる学生のために、学生寮や推薦提携寮を開設しています。

文部科学省「グローバル人材育成推進事業」において他の芸術系大学に先駆け採択校に

もともと美術・デザインはグローバルな分野ですが、中でも本学は国際交流を強力に推進してきました。世界有数の美術・デザイン大学と協定を結び、留学生の派遣や受け入れ、合同ワークショップなどの国際交流プロジェクト、訪問教授による特別授業、学生による国際交流企画の支援などを実施しています。そういった取り組みが評価され、2012年文部科学省「グローバル人材育成推進事業」では芸術系大学で唯一の採択校となりました。英語による専門授業や語学特別クラスもスタートし、語学力とコミュニケーション能力を備える、世界に羽ばたくアーティスト・デザイナーの育成を目指します。

リニューアルして生まれ変わった美と知の複合施設「美術館・図書館」

2010年に新図書館が竣工、2011年に大学美術館がリニューアルオープンし、美術館・図書館・博物館が一体化した「美と知の複合施設」が誕生しました。
美術館は、美術やデザイン、工芸品などの収集・保存のほか、アートからデザインまで多様な企画展や所蔵品展など年間10数本の展覧会を開催。展覧会は入場無料にて一般にも公開しています。また、約3万点のポスターや約350脚の近代椅子などは、社会的にも大きな意義を持つコレクションとなっています。
図書館は、美術・デザインを中心に、関連領域や一般書を含む約28万冊の図書資料や、映画・アニメーションなどの映像資料を収集・保管しています。とくに、5,000冊を超える絵本やグラフィックデザインコレクションは、学術的な研究資料として内外の注目を集めています。

資格

●取得できる資格
中学校教諭1種(美術)、高等学校教諭1種
(美術・工芸、または情報)
※一部取得できない学科があります。教職課程を履修&修了することで、取得可能となります。
学芸員(全学科)
※博物館に関する科目を履修&修了することで、取得可能となります。

●受験資格が得られる資格
1級建築士(建築学科のみ)
※要実務経験2年以上

サークル活動

音楽、造形、スポーツ、ダンス等、多様な興味の広がりに合わせ、現在48の公認されたサークルが活動を展開しています。
●文系:映画研究会、ガラス研究会、軽音楽同好会、劇団むさび、写真部、アトリエちびくろ、Tシャツ集団 FLAPPERS、東京五美術大学管弦楽団、人形劇団ダニ族、版画部、漫画研究会、M.E.S.A、MODERN JAZZ SOCIETY、窯工研究会、ラテン音楽研究会、ロック研究会、落語研究会、MAUコーラス、モンスターレーションクラブ、文芸部、茶乃会、ねこ部、epa!、Magic Kingdom Project、イラスト研究会、ものラボ、競技かるた同好会、ポケモン部、モノクロウィンドアンサンブル
●スポーツ系:キックボクシング部、弓道部、競技ダンス部、剣道部、硬式テニス部、サイクリング部、サッカー部、少林寺拳法部、スキューバダイビング部、軟式野球部、バスケットボール部、バドミントン部、バレーボール部、パンチスタ、MWFプロレスリング、フットサルサークル、ラグビー部、リーゼンスキークラブ、ワンダーフォーゲル部

課外講座

美術・デザインの専門大学としての特性を活かした自由なテーマで、国内外のアーティストやデザイナー、研究者を招いた課外講座が随時開催されています。講演をはじめ、対談、シンポジウム、ライブなど多彩な形式をもち、訪問教授の講演や、毎年恒例となったシリーズも開講されています。これらの講座は課外活動として位置づけられ、学科の枠を超えて全学生に公開されています。

芸術祭

本学では芸術祭の活動を学事のひとつとして位置づけ、毎年10月末からの10日間(準備期間4日、祭典期間3日、整理期間3日)を課外活動の一環として設定しています。日頃の課外活動や個人制作・研究の成果を一般に向けて公開する作品展覧会は、各サークルを中心としたパフォーマンスや個性的な模擬店群とともに、本学開学以来の伝統的な行事となっています。芸術祭の企画・運営は芸術祭実行委員会によって行われ、基本的に学生の自主的な企画・運営にまかされ、これに大学が助成・協力するというかたちで進められています。

学びの分野/学校の特徴・特色

武蔵野美術大学で学べる学問

  • 文学・歴史・地理
  • 社会学・マスコミ・観光
  • 工学・建築
  • 情報学・通信
  • 地球・環境・エネルギー
  • 生活・服飾・美容
  • 芸術・表現・音楽

武蔵野美術大学で目指せる職種

  • コンピュータ・Web・ゲーム
  • 機械・電気・化学
  • 自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙
  • 建築・土木・インテリア
  • 動物・植物
  • 教育
  • ビジネス・経営
  • 公務員・政治・法律
  • ファッション
  • デザイン・芸術・写真
  • マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画
  • 音楽・イベント

武蔵野美術大学の特徴

  • センター利用入試制度
  • 社会人入試
  • 独自奨学金制度
  • 交換留学制度
  • インターンシップ
  • 大学院
  • 通信教育課程
  • 学生寮
  • 最寄駅より徒歩圏内

武蔵野美術大学の所在地

本学

所在地

〒187-8505
東京都小平市小川町1-736

交通機関・最寄り駅

・西武国分寺線「鷹の台」駅下車、徒歩18分。
・JR中央線「国分寺」駅北口より、西武バス「国分寺駅北入口」発「武蔵野美術大学」または「小平営業所」行、「武蔵野美術大学」下車すぐ。(バス所要時間:約20分)

電話でのお問い合わせはこちら 開く

お問い合わせの際に、「マイナビ進学を見た」とお伝えいただくとスムーズです。

042-342-6995

武蔵野美術大学のお問い合わせ先

入学センター

電話 042-342-6995
FAX: 042-342-6097

  • 学校No.1906
  • 更新日: 2017.03.01

武蔵野美術大学に通いやすいお部屋は
マイナビ賃貸で探そう!

武蔵野美術大学