東京バイオテクノロジー専門学校の情報満載 | 資料・願書請求ならマイナビ進学

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

専修学校(専門学校) / 東京都 認可 / 学校法人 東京滋慶学園 東京バイオテクノロジー専門学校

全授業の60%が実習授業!だからこそ「実験を仕事に」できる!

東京バイオでは「実験を仕事にする」ための技術力を着実に身につけるために、全授業の60%を実習授業に設定。

4年制学科(DNA・再生医療・動物バイオ・植物バイオ)は2300時間、
3年制学科(醸造発酵・食品開発・化粧品開発・化学分析)は1800時間を越える実習時間で、実験技術を習得します。

1年次には実験の基礎を学び、2年次から希望のコースに分かれてより専門的な技術を学ぶため、理系科目が苦手な方でも安心して学ぶことができます。

さらに在学中にリアルな現場を経験することで、「実験を仕事に」します。
大学や国立・法人系の研究機関で1年半研究を行う「長期インターンシップ」、企業と一緒に商品開発を行う「産学協同」で在学中にリアルな現場を経験することができます。

東京バイオテクノロジー専門学校 PRイメージ1
東京バイオテクノロジー専門学校 PRイメージ2
東京バイオテクノロジー専門学校 PRイメージ3

トピックス

2017.08.02

【AO入試】 願書受付スタート!

AO入試の出願受付が《8月1日(火)》よりスタートしました!

【AO入試】とは、
成績だけではなく人物面を評価する入試方法です。

【AO入試の流れ】
1)学校説明会・体験入学に参加。
2)AOエントリーをする。
AOエントリー書を来校または郵送で提出。
AOエントリー当日、または来校時に面談。
3)AO出願許可書を受け取る。
4)出願書類の提出。

AO入試をご検討の方は、
ぜひ本校に一度ご来校ください!!

詳しくは、「学校見学」のページをご覧下さい♪

2017.03.01

【2018年度4月より「再生医療コース」を新設】

バイオテクノロジー科 4年制に「再生医療コース」を新設いたします。
日本組織培養学会の培養技術に沿った教育カリキュラムで20種類以上の細胞の取扱いや知識を身につけるなど、再生医療・先端医療で活躍できる技術者を目指すコースです。

2017.03.01

【バイオブログ】

東京バイオテクノロジー専門学校HPではブログ・ツイッターを掲載しています。

学校生活や授業の様子を見ることができます。
HPはこちら↓
http://www.bio.ac.jp/

募集内容・学費

東京バイオテクノロジー専門学校の募集内容や学費をチェックしておこう!

バイオテクノロジー科 4年制(2017年4月実績)

DNAコース

概要 【DNAやRNA、タンパク質の先端的な研究現場で技術者となるカリキュラム】
最前線の研究機関や企業から現場で求められる人材を調査し、業界のニーズを反映させたカリキュラムの編成を行っています。例えば、生命の設計図であるDNAの配列を読み解く「遺伝子解析実習」、DNAに基づくタンパク質の精製・解析の技法を習得する「タンパク質解析実習」など業界に合わせたカリキュラムとなっています。

【約1年半のインターンシップ制度で即戦力の技術者に!】
毎年100以上の研究室や企業のインターンシップ受け入れ先があり、DNA解析、タンパク質解析を行う研究所も多数あります。インターンシップ先では卒業研究をしながら社会性や専門技術を習得します。
定員 40名(学科全体の総定員)
対象 男女
年限 4年
学費 初年度納入金
1,379,600円

再生医療コース(2018年4月より新設)

概要 【日本組織培養学会の培養技術に沿った教育カリキュラム】
再生医療やオーダーメイド医療などの新しい分野では、細胞培養や遺伝子工学などの技術が必要とされ、再生医療コースではこれらの専門知識や技術を習得できるカリキュラムとなっており、基礎から応用まで習得できます。細胞培養においては、組織培養学会在学中に20種類以上の細胞の取扱いを経験できます。

【業界のニーズに合わせたカリキュラム~知的財産管理技能検定3級取得をめざす~】
再生医療コースでは業界のニーズに合わせ、知的財産管理技能検定3級〈国家資格〉の資格習得サポートとして、3年次のカリキュラム内に45時間の対策講座と集中講座を取り入れています。
定員 40名(学科全体の総定員)
対象 男女
年限 4年制
学費 初年度納入金
1,379,600円

動物バイオコース

概要 【就職に有利!『実験動物1・2級技術者認定試験』の受験資格認定校!】
医学や薬学だけではなく、幅広い分野の学術的発展に必要不可欠な実験動物。
動物バイオコースではそんな実験動物に幅広く関わる業務を行えるため
就職に強い資格「実験動物1級・2級技術者」試験を実施。
実験動物1級技術者認定試験が受験できる専門学校は全国でも東京バイオだけです。

【医薬品研究機関等でインターンシップ・卒業研究を実施】
インターンシップ先には動物や医療に関わる研究室も多く、現場で卒業研究に取り組めます。
医薬品開発などの新しい医療分野で求められる専門知識や技術も習得できます。
定員 40名(学科全体の総定員)
対象 男女
年限 4年
学費 初年度納入金
1,379,600円

植物バイオコース

概要 【植物分野を全て網羅。遺伝子・細胞・植物体から産業への応用技術まで幅広く学べるカリキュラム】
植物分野の研究は遺伝子、細胞、そして組織といった細胞工学的な基礎研究、成長や代謝などの生理学的研究、そして植物機能の利用や病理など産業応用研究まで多岐にわたります。植物バイオコースではこれらの研究に必要な技術を9つの専門実習で網羅。

【植物研究のための充実した施設を完備】
植物の細胞や組織を培養するためのクリーンベンチ、生育させるために必要な環境をつくる培養室、人工的に温度や湿度、日照時間などが設定できる人工気象機など植物の可能性を探る研究現場で即戦力となるための技術を磨くための機器がそろっています。

【約1年半のインターンシップ制度で即戦力の技術者に!】
毎年100以上の研究室や企業のインターンシップ受け入れ先があり、植物に関わる研究所も多数あります。インターンシップ先では卒業研究をしながら社会性や専門技術を習得します。
定員 40名(学科全体の総定員)
対象 男女
年限 4年
学費 初年度納入金
1,379,600円

バイオテクノロジー科 3年制(2017年4月実績)

醸造発酵コース

概要 【微生物の知識や取扱い技術と酒類製造の実践的なカリキュラム】
微生物の代謝・性質を知り、醸造発酵技術を習得できる実習中心のカリキュラムです。インターシップ制度により、微生物を扱う研究所での長期インターンシップや発酵食品メーカーや酒造メーカーでの短期インターンシップ(3週間程度)の仕事を経験できます。

【業界屈指の現役プロから現場の知識と技術を学ぶ!】
本校講師には、ワイン醸造家・杜氏など酒造りの現場や微生物を利用した「ものづくり」の現場で活躍中の醸造発酵業界のスペシャリストが多数在籍。実際の製造工程とともに最新の技法を取り入れた実習で、現場を想定した技術や知識を習得できます。

【5種類のお酒造りが学べます!】
ワイン(果実酒)、ビール、日本酒、焼酎、リキュールの5種類の酒類製造免許試験醸造を国税庁から取得している学校です。醸造には特殊な設備や機器が必要で、現場での醸造技術を取得するための設備が東京バイオにはあります。
定員 40名(学科全体の総定員)
対象 男女
年限 3年
学費 初年度納入金
1,378,850円

食品開発コース

概要 【20種類以上の「新しい商品開発」や「品質管理」のための技術・知識が満載のカリキュラム】
大豆から豆腐を作ったり、魚肉でかまぼこを作ったりして、材料の変化や条件で味や物性がどのように変化するのかを調べる「食品加工実習」、食品の化学組成を分析する「食品化学分析実習」、そして開発のための市場調査をする「食品リサーチ実習」など、食の業界で仕事をするための学びを行います。

【産学協同研究で商品化や特許取得も夢じゃない!】
卒業年次に行う卒業研究では、様々な企業と産学協同研究を行っています。卒業研究で開発した商品が新商品として販売されたり、特許を申請する成果があったりと、在学中に自分の考えたものが商品化や特許取得につながることも夢ではありません。
定員 40名(学科全体の総定員)
対象 男女
年限 3年
学費 初年度納入金
1,378,850円

化粧品開発コース

概要 【東京バイオでは調香技術を学べます!】
調香実習では、日本でも数少ない現役の調香師が指導します。香料ひとつひとつの特徴を知り、調香の基本技術から新しい香りをつくるための応用まで、調香をより深く学ぶことができます。化粧品と香料それぞれの知識・技術を習得することで、化粧品メーカーだけではなく、香料会社での活躍の道が開かれています。


【調香と基礎化粧品からメイクアップ化粧品まで!充実した開発実習カリキュラム】
化粧品開発コースでは、化粧水や美容液などの基礎化粧品、アイシャドウやリップなどのメイクアップ化粧品、そしてシャンプーやコンディショナーなどのヘアケア製品などの開発に必要な処方作成や試作を行います。また、実際に製造・分析も行います。

【マーケティングから商品開発・品質管理まで化粧品業界で必要な知識と技術を身につける】
商品開発ではもちろん、マーケティングや分析が不可欠です。また、皮膚科学、化粧品の成分や法律について知ることも必要不可欠で、これらの知識・技術を習得し、化粧品業界で開発や製造・品質管理のプロとして活躍します。
定員 40名(学科全体の総定員)
対象 男女
年限 3年
学費 初年度納入金
1,378,850円

化学分析コース

概要 【確かな化学分析技術と専門知識を習得して現場に対応できるカリキュラム】
化学分析コースのカリキュラムは、医薬品、環境、化学、そして食品など幅広い業界で化学を切り口に活躍できる分析技術と化学の専門知識を学べるようになっています。化学分析で必要な分析試料の調整から分析まででき、化学分析技能士2級、3級<国家資格>の所得により確かな実験技術を習得します。短期・長期のインターシップで現場での分析業務の実践もできます。

【分析機器室、DNA実習室、そして総合実習室などを完備】
分析機器室には、ガスクロマトグラフ質量分析計や赤外分光光度計などがあり、実習によりひとり一人が多くの経験をつめます。また全学年がガスクロマトグラフや液体クロマトグラフなどの分析機器での分析法を習得し、分析対象について最適な分析法を選択できるようになります。
定員 40名(学科全体の総定員)
対象 男女
年限 3年
学費 初年度納入金
1,378,850円

主な就職先・ 強力な就職サポートで「実験を仕事に」!

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先

2014年~2016年3月卒業生実績

  • 雪印メグミルク(株)
  • (株)明治
  • 森永乳業(株)
  • (株)崎陽軒
  • AGF関東(株)
  • わらべや日洋(株)
  • ケンコーマヨネーズ(株)
  • 大東カカオ(株)
  • 日本食品分析センター
  • オリエンタル酵母工業(株)
  • 八海醸造(株)
  • 窪田味噌醤油(株)
  • 合同酒精(株)
  • ヘリオス酒造(株)
  • (有)秩父ワイン
  • 石川酒造
  • 中央葡萄酒(株)
  • 小山酒造(株)
  • (株)ADEKA
  • P&Gマックスファクター
  • (株)生活品質科学研究所
  • 大保香料(株)
  • 理研香料工業(株)
  • 中外製薬工業(株)
  • 日産化学工業(株)
  • (株)産業分析センター
  • 水ing(株)
  • アース環境サービス(株)
  • 高田製薬(株)
  • 日本エスエルシー(株)
  • ノーベルファーマ(株)
  • スパイバー(株)
  • (株)農業舎
  • (株)ステリック再生医科学研究所
  • 国立がん研究センター
  • 国立成育医療センター
  • (株)ケー・エー・シー
  • 東京大学
  • 東京理科大学
  • 東京医科歯科大学
  • 慶應義塾大学
  • …など

強力な就職サポートで「実験を仕事に」!

【東京バイオの就職サポートの拠点 キャリアセンター】
学生1人ひとりをよく知る担任とキャリアセンターがタッグを組み、就職サポート。履歴書の添削、筆記試験対策、そして面接練習など希望の就職先に就けるように丁寧にサポートします。

【質の高い教育】
東京バイオは就職と授業を分けて考えていないため、挨拶、マナー、そして技術力などを日常の中で自然に身につけることができます。結果、企業にとって魅力的な人材に育て上げます。

【ネットワークで繋がる】
バイオ単科の専門学校だからこそ、バイオ業界とは太いパイプで結ばれています。業界、講師、そしてそこで活躍する卒業生たちのネットワークを駆使し「東京バイオ人脈」で就職を有利にします。

各種制度

東京バイオテクノロジー専門学校での学びを支援する各種制度のご紹介!

教室の70%が実習室!だからこそ「実験を仕事に」できる

「実験を仕事に」するために全授業の60%が実習の東京バイオ。
その舞台となる教室の70%が実習室です。
実習に集中できる充実した環境の中で、自分の目で見て、実際に手を動かすことで、バイオ分野の現場で通用する確かな実力を身につけていきます。

【最新設備紹介】
サーマルサイクラー(PCR装置)、人工気象器、高速液体クロマトグラフ(HPLC)、ガスクロマトグラフ質量分析計(GC-MS)、ジャーファーメンター、フローサイトメーター、オートクレーブ(高圧蒸気滅菌機)、分光光度計、高速遠心分離機、ケミルミネッセンス画像解析装置、原子吸光光度計 他

在学中にリアルな現場を経験できる!《長期インターンシップ&企業コラボで商品開発》

大学や国立・法人系の研究機関から研究テーマをいただき、その研究機関の機器・設備を使って1年半研究を行う「長期インターンシップ」。企業と一緒に商品開発を行い、学生が考えた商品が実際に商品化されたり、特許申請できたりする「産学協同」。東京バイオでは、在学中にリアルな現場を経験することができます。
【主なインターンシップ先】
東京大学医科学研究所、東京農業大学、東京医科歯科大学、慶應義塾大学、順天堂大学、東京女子医科大学総合研究所、理化学研究所、国立がん研究センター、国立感染症研究所、国立成育医療センター研究所、国立国際医療センター研究所、独立行政法人産業技術総合研究所 、株式会社産業分析センター、初亀醸造株式会社、中央葡萄酒株式会社、小山酒造株式会社、 他

2年次から興味のある専門分野へ!段階的カリキュラムで実力を養成

1年次は基礎を学び、2年次から興味のある専門分野を学びます。1年次にコース選択準備のための「導入教育」、実験の基礎を学ぶカリキュラム、そして後半には「コース選択」が行われます。2年次から専門的に学び、3・4年次ではより専門性を深めながら、インターンシップや産学協同に取り組み、集大成の「卒業研究」を経て、段階的に「実験を仕事にする」実力を養います。

資格取得対策

東京バイオテクノロジー専門学校では、「実験を仕事に」するために必要な資格を取得できるよう、徹底的にサポートします。
資格取得に向けた資格対策授業や直前集中講座などのサポートを実施。
3年間・4年間のカリキュラムの流れに合わせて、しっかり資格取得ができる仕組みが整えられています。

【目標とする資格】
中級バイオ技術者認定資格、上級バイオ技術者認定資格、食品衛生責任者、水質関係第2種公害防止管理者、危険物取扱者乙種4類、小規模ボイラー取扱作業者、毒物劇物取扱責任者、実験動物2級技術者、有機溶剤作業責任者、化粧品総括製造販売責任者、知的財産管理技能検定3級、特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者、酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者

海外研修

東京バイオテクノロジー専門学校では国際教育の一環として、海外研修を実施しています。バイオテクノロジーの最先端の状況に合わせて研修先を選定。
普段の授業で身につけた技術が世界の現場で活かされていることを実感できる研修です。
3・4年制コース共に2年次の2月に行います。

学びの分野/学校の特徴・特色

東京バイオテクノロジー専門学校で学べる学問

  • 数学・物理・化学
  • 農学・水産学・生物
  • 栄養・食物

東京バイオテクノロジー専門学校で目指せる職種

  • 機械・電気・化学
  • 動物・植物
  • 環境・自然・バイオ
  • 医療・歯科・看護・リハビリ
  • 美容・理容・メイクアップ
  • 食・栄養・調理・製菓

東京バイオテクノロジー専門学校の特徴

  • 推薦入試制度
  • AO入試制度
  • 特待生制度
  • 社会人入試
  • 学費返還制度
  • 海外研修・留学制度
  • インターンシップ
  • 新設学科コース
  • 最寄駅より徒歩圏内

東京バイオテクノロジー専門学校の所在地

本校

所在地

〒144-0032
東京都大田区北糀谷1-3-14

交通機関・最寄り駅

●京浜急行「梅屋敷」駅より徒歩10分。
●JR「大森」駅より京急バス森ヶ崎行き20分。
 「北糀谷」停留所下車徒歩1分。

東京バイオテクノロジー専門学校のお問い合わせ先

入学事務局 

電話 03-3745-5000
FAX: 03-3745-5040
Mail: info@bio.ac.jp

  • 学校No.166
  • 更新日: 2017.08.02

東京バイオテクノロジー専門学校に通いやすいお部屋は
マイナビ賃貸で探そう!

東京バイオテクノロジー専門学校