工学部 生命工学科
        「生命」と「人間」をテクノロジーの中心に見すえて、
        生命環境と未来世代に対する高い倫理観を有した技術者へ

Department of Life Science and Technology

カリキュラム

“生命科学”と“人間情報”の知識・スキルを幅広く習得
          「生命科学系」と「人間情報工学系」の両方をバランスよく学び、広い洞察力を持ったライフサイエンステクノロジストを養成します。

分子生物学を中心に、ゲノムテクノロジーや分子医学、あるいは近年注目を集めているグリーンテクノロジーなど、急速に発展を続ける「ライフサイエンス」に関する先端知識と基本スキルを習得します。

人間工学や感性工学、応用情報工学など、『人にやさしいテクノロジー』を目指すために必要不可欠な「ヒューマンウェア」に関する先端知識と基本スキルを習得します。

資格

取得できる主な資格

教育職員免許

中学校教諭1種/理科

高等学校教諭1種/理科

※教職課程の履修&修得が必要です。

生命工学科生が目指す主な資格

  • バイオ技術者認定試験(中級および上級)
  • バイオインフォマティクス技術者認定試験
  • ITパスポート試験
  • 基本情報技術者試験
  • 応用情報技術者試験
  • システム監査技術者試験
  • ネットワークスペシャリスト試験
  • 情報セキュリティスペシャリスト試験 など

卒業後の進路

就職

医療、食、情報コミュニケーションなど「人」をとりまく分野で活躍

卒業生の就職先は、医療・医薬品系、食料品製造・卸売・販売・小売系、金融・保険・複合サービス・コンサルティング、学校の先生など様々な業種にわたります。

大学院

高度な科学技術を駆使できる技術者となるために

大学院も可能で、より高度な技術者、研究者を目指す道も開かれています。北海学園大学大学院だけではなく、東京大学大学院、北海道大学大学院、東京農工大学大学院に進学する卒業生も多数います。(2015年度実績)

TOPICS

今なぜ、生命科学と人間情報工学の融合が必要なのか

生命と情報の新世紀。この変革の時代にあって必要なのは、新しい社会を描くためのよりどころとなる確固たる知識とスキルです。本学科では、以下のような新しい社会のニーズをとらえ、生命科学と人間情報という2つの技術を武器にして、新しい産業を創出していく力を持った人材を育成します。

グリーンテクノロジーの時代 ―バイオと情報技術の融合

世界的な食糧危機や資源獲得競争の激化に対して、植物のバイオ研究「グリーンテクノロジー」を突破口とした食糧やエネルギー問題の解決が期待されています。アメリカでは、グリーンエネルギーと情報技術をカップリングさせる政策が、次世代産業発掘のテーマに設定されています。

iPS細胞やゲノム情報が拓く新しい分子医療

日本では、世界に類を見ない速さで少子化が進み、持続可能な健康長寿社会の設計が急務となっています。そのためには、医療や福祉などの充実を、新しい技術で積極的に推進していかなくてはなりません。日本発の革新的技術であるiPS細胞を利用した再生医学研究や、ゲノム情報の「個人差」に着目したオーダーメイド医療研究など、分子医療分野の産業応用が期待されています。

インターネットと人間工学の技術を高齢化福祉社会に生かす

今後の高齢化社会に向けてますます重要となる「人にやさしいテクノロジー」。インターネットに代表されるコミュニケーションツールの多様化と高度情報化のトレンドを的確にとらえ、新しいビジネスチャンスにつなげていくために、人間の特性を工学的観点から分析し、最新の情報技術の応用に反映させていく力を持った人材が求められています。