佛教大学

2022年4月、教育の佛大がついに動き出す!教育学部幼児教育学科(仮称) 2022年4月、教育の佛大がついに動き出す!教育学部幼児教育学科(仮称)

「子どもが好き!」+「知識と実践力」=幼児教育のプロフェッショナル

教員免許・資格の取得に強い大学「教職なら佛大」が、
子どもを取り巻く環境の変化に応えるため生まれた学科です。

少子高齢化、核家族化が進む社会において、子どもたちを取り巻く環境は大きく変化しています。本学科では、50年以上の教員養成実績をもとに、地域や人々と連携しながら、乳幼児の発達段階を理解し、幼児教育のプロフェッショナルを養成。理論と実績をバランスよく配置したカリキュラム、少人数体制による丁寧な指導で、保育者をめざす学生の夢を実現します。

佛教大学附属幼稚園や
地域の幼児教育施設と連携

1年生より履修できる「現場体験実習」をはじめ、「教育職インターンシップ」「教育職インターンシップ・イクステンション」等の豊富な体験型授業を通して附属幼稚園等で実際に子どもと関わり、保育の楽しさ・難しさを体感します。実習も附属幼稚園等で行うことで、安心感をもって臨むことができます。

授業例 
佛教大学附属幼稚園との連携

附属幼稚園の行事への参加や、学生が企画したミュージカルやコンサートを附属幼稚園で発表する機会など、保育現場との豊かな交流や現場体験のプログラムも充実しています。

在学生インタビュー

互いに意見を伝え合い、
楽しんで保育することが大切だと知る。

授業やゼミは、自分の意見がとても伝えやすい雰囲気があります。模擬保育をする中で、学生同士意見を交換し合い、良かった点も改善点も、自分では気づかないようなことを私のためを思って正直に伝えてくれるのでとても学びになります。私は、自分が思いっきり楽しんで保育を行うことが子どもたちのためになることを学び、楽しそうな姿を子どもたちに見せることも、保育者として必要な能力だと今では考えることができるようになりました。

柚木 愛美 さん
教育学科3年生 京都府・城陽高校出身

ピックアップ授業

  • 佐藤 和順 ゼミ

    幼児教育・保育研究の知識と技能を獲得する

    保育・教育の諸問題について保育士・教師の立場から研究し、現場で役立つ実践的な力を身につけることをめざします。具体的には、保育・幼児教育に関する共通の文献を講読し、学生自身が発表を行い、その内容について議論します。保育実践学の観点から必要に応じて保育所・幼稚園等の保育の現場に出向き、保育者や子どもと直接関わることも考えていきます。

  • 津田 由加子 ゼミ

    保育の奥深さと楽しさを知る

    保育の奥深さ・楽しさを知るためにゼミでは作ることから学んでいきます。保育者の指示で子どもたちが「やりたい」と主体的に取り組み出すのが理想。保育活動は保育者の考え方で変化していきます。だからこそ自分で取り組んだ内容から子どもの場合どう考えるか、保育者の役割や教材の選定についても考察を深め、本当の「楽しい」を探求しています。

■ STUDENT’s VOICE

保育に関する
学びと経験を深め合う

それぞれ興味のある事柄について発表し、意見交換をすることで新たな発見や関心が生まれます。附属幼稚園で保育に参加し、実践的な経験を積めるのも大きな魅力です。

澤井 奏歩 さん
教育学科3年生
京都府・紫野高校出身

作品づくりをとおして
楽しく教材研究

実際に自分たちで作品を作りながら幼児の造形表現について学びます。保育者の目線に立って感じた疑問を共有することで、作品づくりとはまた違う楽しさも味わっています。

池本 真帆 さん
教育学科4年生
兵庫県・尼崎北高校出身

※幼児教育学科は2022年4月開設予定のため、教育学科の学生を掲載しています。

取得可能な
免許・資格

  • ●幼稚園教諭一種免許状
  • ●保育士資格
  • ●レクリエーション・インストラクター
  • ●レクリエーション・コーディネーター

数字で見る佛教

  • 学生数5,896人男子3,092人・女子2,804人
  • 7学部15学科2022年4月幼児教育学科(仮称)新設により
  • 年間約800名教員免許状を取得
  • 97名教育職に進んだ卒業生2020年度
  • 1,109名卒業生教職員採用実績過去10年間
  • 取得できる42種類教員免許状・資格

【お問い合わせ】入学部
〒603-8301
京都府京都市北区紫野北花ノ坊町96
TEL : 075-366-5550(入学部直通・[月~金]9:00~17:00)
Email : butsu-dai@bukkyo-u.ac.jp