横浜YMCA学院専門学校の情報満載 | 資料・願書請求ならマイナビ進学

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

リハビリテーションのプロ「作業療法士」になろう!

横浜YMCA学院専門学校では、子どもから高齢者まで、生活する上で困っている方々の心と身体の両面に向けたリハビリテーションを行う「作業療法士(国家資格)」を養成します。専門的な知識や技術だけでなく、人の心に寄り添い、相手を気遣い、思いやる気持ち=ホスピタリティ・マインドを大切にします。
本校では、現場で即戦力として活躍できる人材育成に力を入れ、実習や演習授業を数多く配置しています。4年間で1000時間以上の実習や盛んに行われているボランティア活動を通して、対象者の理解やコミュニケーション能力の向上、社会マナーなどを確実に身につけていきます。
卒業時には、高度専門士となり、大学院への入学も可能となります。同時にWFOT(世界作業療法士連盟)認定校であり、海外での活躍の可能性もあります。

横浜YMCA学院専門学校 PRイメージ1
横浜YMCA学院専門学校 PRイメージ2

トピックス

2017.04.28

2017年4月「国際情報ビジネス科」スタート!

経済のグローバル化が進む現在、国際的な人材の採用に力を入れる企業が増えています。横浜YMCA学院専門学校国際情報ビジネス科では、歴史ある情報ビジネス科を再編し、企業で働く際に必要となるビジネスレベルの日本語や英語、ITスキルの習得に加え、コミュニケーションにおいて活かされるホスピタリティの理解等、充実したカリキュラムで国際性とホスピタリティマインドを兼ね備えた人材を育成します。
※詳細はお問い合わせください

2017.04.28

盛んに行われている学校行事

横浜YMCA学院専門学校は、たくさんの学校行事があります。入学式や卒業式などの式典行事だけでなく、オリエンテーションセミナーやスポーツ大会、併設している日本語学科との文化交流会なども行っています。ウエルカムフェスタ(学園祭)では、バザーや催し物、食事ブースなどの模擬店を設け、売上のすべてを海外の恵まれない子どもたちへの支援金として使われます。また、作業療法科では、子どもから高齢の方まで楽しめる作業療法体験を行っています。
毎年12月には神奈川県内にある横浜YMCA専門学校4校合同で、クリスマス礼拝を行います。牧師先生によるクリスマス・メッセージや祝会などが行われ、本物のクリスマスを体験することができます。

2017.04.28

「学校説明会」を毎月開催!

リハビリテーションについて、作業療法・作業療法士についてしっかりと理解できるように、学校説明会では毎回異なった体験授業をご用意しています。「作業療法の『作業』って何だろう?」、「実際にどんな授業が行われているの?」「学校や学生の雰囲気は?」など、すべての疑問にお答えします。説明会や体験授業だけでなく、終了後は個別面談の時間も設けています。説明会時には在校生も参加しますので、学校生活についても、詳しく知ることができます。
また、随時個別見学も受け付けていますので、ご希望の場合は遠慮なくご連絡ください。

2017.04.28

入試のポイントを紹介する「入試説明会」

6月のAOエントリーに向けて、AO入試説明会を行います。AO入試についての説明や在校生との懇談、個別面談などが行われ、少しでも早く進路を決めたい方、入学までの準備期間を長くとりたい方はAO入学試験がお勧めです。学校推薦・一般入学試験が始まる秋頃より、AO以外の入試に関する説明会も実施し、面接時のポイントなども詳しく紹介します。

2017.05.08

国家試験対策も万全!

国家試験対策も万全で、少人数ゼミや個別指導、模擬試験を中心に学習を進めます。国家試験直前には対策合宿も実施され、苦手分野の克服、得意分野のさらなる点数引き上げを図ります。日々の努力が実を結び、近年の国家試験は全国平均の上を行く合格率、ここ5年では、現役卒業生が国家試験に合格し、希望の領域(身体・精神・発達・高齢)に就職しています。

募集内容・学費

横浜YMCA学院専門学校の募集内容や学費をチェックしておこう!

医療専門課程(2017年04月 実績)

作業療法科

概要 横浜YMCA学院専門学校はキリストの教育理念をもとに、高齢者や障がいのある方々であっても生きがいを見つけて暮らしていける福祉社会の実現をめざし開校しました。障がいのある方の社会復帰や職業参加を助けるリハビリテーションを行うには、患者さんとの信頼関係が必要不可欠です。本校では盛んに行われているボランティア活動や学校行事、4年間の実習の中で、幅広い年齢、さまざまな国籍の方との出会いが数多くあります。
また、ボランティアも精力的に行っています。知識や技術だけでなく、豊富な経験や出会いを通じて、コミュニケーション能力や相手を思いやる気持ち、作業療法士に必要な広い視野を養います。
卒業と同時に作業療法士(国家資格)の国家試験受験資格および高度専門士、大学院入学資格が得られます。国家試験には、神奈川県内でも高い合格率を誇るなど着実に実力を伸ばしています。
本校作業療法科は、厚生労働省指定の作業療法士養成施設であり、文部科学省による「職業実践専門課程」の認定校です。また、WFOT(世界作業療法士連盟)の認定校でもあります。
定員 40名
対象 男女
年限 4年
学費 初年度納入金 1,800,000円(入学金含む)
(2017年04月実績)

主な就職先・ 就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先

2014年3月~2016年3月卒業生実績

  • 磯子中央病院
  • 横浜丘の上病院
  • イムス横浜狩場脳神経外科病院
  • 金沢病院
  • 聖テレジア会
  • 聖テレジア病院
  • 戸塚共立リハビリテーション病院
  • 桜ヶ丘中央病院
  • 南大和病院
  • 湘南鎌倉総合病院
  • さがみリハビリテーション病院
  • 社会福祉法人訪問の家
  • 上白根病院
  • クローバーホスピタル
  • 横浜なみきりリハビリテーション病院
  • 東京労災病院
  • 介護老人保健施設リハリゾートわかたけ
  • 横浜総合病院
  • 衣笠病院
  • 特別養護老人ホームみどりの園
  • 熱川温泉病院
  • …など

就職支援

■就職ガイダンス実施
履歴書等の応募書類の作成から面接対策まで、採用側の立場に立ってきめ細かくチェック・指導します。また、病院や施設の方をお招きし、就職ガイダンスを実施します。採用担当者による説明会と個別相談を行い、学生の就職活動の意欲を高めていきます。充実の就職支援で早い段階での内定獲得をめざし取り組んでいます。

■2002年に作業療法科を開講以来、安定した就職!
毎年、本校作業療法科にはたくさんの求人票が届いています。2016年度は、1年間で延べ求人数は4,220人、延べ求人施設数は773施設にもおよび、その数は毎年増え続けています。作業療法士は子どもから高齢者まで、そして身体のみならず心のリハビリも行います。対象とする領域が幅広く、需要が多いにも関わらず資格保有者数が少ないため、人手不足の傾向にあります。今後も作業療法士が活躍できる場は数多くあります。本校作業療法科では2002年に開講以来、安定した就職が続いています。

各種制度

横浜YMCA学院専門学校は、作業療法の学びを全力でサポートします!

特待生入学試験合格で最大「授業料全額」免除

作業療法科では、学費をサポートする特待生入学試験を用意しています。特待生入学試験に合格をすると最大で授業料を全額免除します。
特待内容は、以下の通りです。
特待A:授業料の全額(100万円)を免除
特待B:授業料の半額(50万円)を免除
特待C:入学金相当額(30万円)の免除
半期ごとに学業や学校生活に関する評価を行い、特待生としての継続の可否を決定します。
※国際情報ビジネス科は別途お問い合わせ下さい

横浜YMCA独自の学費サポート制度

横浜YMCA学院専門学校では、入学後の学費を援助する独自の学費サポート制度を設けています。各学年への進級時には、それまでの学業成績・日常生活・ボランティア活動等において他の学生の模範となる学生に対し、年間24万円を給付します。
※国際情報ビジネス科は別途お問い合わせ下さい

YMCAのネットワークを活かした実地研修

横浜YMCAでは、リーダー活動と呼ぶ実地研修制度を設けています。館内にある学童保育やスポーツクラブ、神奈川県内にあるYMCAが展開している保育園や高齢者施設などで研修を行うことができます。実際に子どもから高齢者の方、障がいのある方とふれあい経験を積むことにより、コミュニケーション能力の向上に繋がります。

入学前のサポートも充実

入学後の学習サポートはもちろんですが、本校では、入学前のサポートもしっかり行っています。入学前の12月と2月頃に入学事前オリエンテーションを実施し、学習方法や学習習慣について入学前に身につけておくと役立つことを、教職員や時には在校生から紹介します。入学前から就学後にはスムーズに学習に取り掛かれるように準備することができます。

4領域バランス良く揃った専任教員

作業療法士が携わる4領域(身体・精神・発達・高齢)のすべての分野においてキャリアのある教員が揃い、国家試験に向けても万全の対策を取ることができます。また各領域の教員が関わり、不得意分野のサポートを丁寧に行います。同時にクラス担任が定期的に面談を実施し、学習状況や学校生活についても全面的にサポートします。

卒業と同時に「高度専門士」の称号を付与

本校を卒業と同時に、「高度専門士」の称号が付与されます。「高度専門士」は、専門学校における教育内容の高度化を踏まえ、一定の基準を満たした4年生の専門学校修了者に文部科学省から付与される称号で、本校卒業後は大学院の入学も可能となります。

文部科学大臣による「職業実践専門課程」の認定校

本校作業療法科は、2014年に設けられた職業実践専門課程に認定されました。「職業実践専門課程」とは、職業に必要な実践的かつ専門的な能力を育成することを目的として、専攻分野における実務に関する知識・技術および技能について、組織的な教育を行う課程として文部科学大臣が認定したものです。

WFOT(世界作業療法士連盟)認定校 世界で活躍できる道も!

本校は、WFOT(世界作業療法士連盟)の認定校でもあり、世界で活躍できる道も拓けています。WFOTは、作業療法の普及発展・教育研究の水準維持と改善、国際協力の推進を目的とする数少ない国際的な作業療法士の職能団体です。WFOTの認可は厚生労働省が定める基準よりもはるかに厳しいものになっていますが、本校作業療法科は国際基準をクリアしています。

学びの分野/学校の特徴・特色

横浜YMCA学院専門学校で学べる学問

  • 医学・歯学・薬学・看護・リハビリ

横浜YMCA学院専門学校で目指せる職種

  • 医療・歯科・看護・リハビリ

横浜YMCA学院専門学校の特徴

  • 推薦入試制度
  • AO入試制度
  • 特待生制度
  • 独自奨学金制度
  • 学費返還制度
  • 納入期限延期制度
  • 最寄駅より徒歩圏内

横浜YMCA学院専門学校の所在地

本校

所在地

〒231-8458
神奈川県横浜市中区常盤町1-7

交通機関・最寄り駅

JR根岸線「関内」駅下車、南口より徒歩3分。
横浜市営地下鉄「関内」駅下車、出口1より徒歩3分。
みなとみらい線「日本大通り」駅下車、出口2より徒歩6分。

電話でのお問い合わせはこちら 開く

お問い合わせの際に、「マイナビ進学を見た」とお伝えいただくとスムーズです。

045-641-5785

横浜YMCA学院専門学校のお問い合わせ先

電話 045-641-5785 ([電話受付時間]平日10:00-18:00、土曜10:00-17:00)
Mail: ymgakuin@yokohamaymca.org

  • 学校No.1472
  • 更新日: 2017.05.25

横浜YMCA学院専門学校に通いやすいお部屋は
マイナビ賃貸で探そう!

横浜YMCA学院専門学校