愛知産業大学
愛知産業大学
SCROLL
MOVIE_bg
MOVIE_bg

MOVIE モノとしくみを創る人をつくる。

愛知産業大学の
学びの特色を
ムービーでチェックしよう!

岡崎市が一望できる丘に建つ愛知産業大学のキャンパスは、最高のロケーション!
最先端の施設・設備や充実した学びの環境が整うアイサンの学びの特色を
学生インタビューを交えて学科ごとにムービーでご紹介します。

SNS_bg
SNS_bg

SNS 一人ひとりの個性をつくる。

LINE×aSu

まだ世にない
最先端をつくる愛知産業大学と
LINEで友だちになろう!

造形学部と経営学部を設置する愛知産業大学は、自分の夢を実現したい学生の一人ひとりの個性を尊重して、
ともに学びあい、豊かな知性と誠実な心を備えて社会へ貢献できる人材を育成する大学です。
友だちに追加して、未来への一歩を踏み出してみませんか?

  • 造形学部

    • スマートデザイン学科

      AIやIoTなどの最先端の情報テクノロジーを活用したプロダクト(製品)やサービスをデザインできるスペシャリストを育成します。

    • 建築学科

      「建築デザイン」「木造デザイン」「インテリアデザイン」の3つのフィールドから自由に組み合わせて学ぶことで、自分がなりたい建築人を目指します。

  • 経営学部

    • 総合経営学科

      複雑多様化する現代のビジネス社会。そんな時代に柔軟に対応できる「実践的能力」を身につけたビジネスパーソンを養います。

LINEアカウント

LINEで入学相談&入学相談会情報をチェックしよう!

LINEを友だちに追加することで、お気軽に入学相談をすることができます。
大学生活に関する気になるさまざまな疑問にも、いつでもお答えします。
入学相談会情報等も発信していきますので、ぜひご登録ください!

友だちの追加は
こちらから!

LINEQRコード

各種SNSでキャンパスライフ情報を発信しています!

Facebook、Twitter、Instagramにて大学情報を発信しています。ありのままの学生たちの姿やイベントの模様、入試に関する必要な情報など、キャンパスライフを知ることができる充実した内容です。ぜひ、ご覧ください!

INTERVIEW_bg
INTERVIEW_bg

INTERVIEW ほしい未来は自分でつくる。

AIなど次世代をけん引する
プロとして
活躍する卒業生に
インタビュー!

木村真菜さんは、2018年度にデザイン学科を卒業。学生時代の卒業制作は伊藤ゼミに所属し、伊藤ゼミ所属から3人目のAI関連の職業に就いた学生です。現在は、富士ソフト(株)にてAIやモバイル、ロボットなど、次世代の技術を調査、研究する部署に配属し、リサーチ活動や大学との共同研究に携わっています。夢を叶えて今を輝く木村さんにお話を伺いました。

インタビュアー
  1. Q1
  2. Q2
  3. Q3

木村 真菜さん

2018年度 卒業

富士ソフト株式会社

秋葉原オフィス

イノベーション統括部 先端技術支援部
AIインテグレーション室

スマートデザイン学科をチェック!

スマートデザイン学科をチェック!

建築学科をチェック!

建築学科をチェック!

総合経営学科をチェック!

総合経営学科をチェック!

Q&A1

Q1学生時代はどのような研究をしていましたか?

パーソナルなメイクを提案する「寄り添うAI」

もともと空間デザインや写真に興味があったのですが、 大学時代にスマートデザインと出会って、「面白そう!」 と直感的に感じ、伊藤ゼミに参加しました。学生時代は、自分の好きなメイクとスマートデザインをかけ合わせたAIサービスをつくるのに熱中しました。当初は個人の骨格や顔のパーツに合わせて似合うメイクを提案するAIを想定していたのですが、伊藤教授が教える「人間中心AI」の考え方に触れて、もっと人の内面に目を向けようと思い、その日の予定や気分に合わせて、よりパーソナルなメイクを提案するAIを完成させました。

Q&A1

Q&A2

Q2富士ソフトへの進路を決めたきっかけはなんですか?

在学中の卒業研究のゼミの一環で将来への目標が定まった

卒業研究をするうちにAIへの興味は深まりましたが、卒業後は事務職に就こうと考えていました。事務がやりたかったわけではなく、ほかに自分に向いている仕事をイメージできなかったのです。そんなぼんやりした気持ちだったので、なかなか就職は決まりませんでした。 それで、本当にやりたいことはなんだろうとあらためて考えて、AIに携わる道を目指しました。富士ソフトは在学中にゼミの一環で社員さんとお話したことがあり、興味をもっていたのです。大学の先生や家族、学科の友人たちにも背中を押してもらい、思い切って方向転換したことで、志望する会社に入社することができました。

Q&A2

Q&A3

Q3入社後は、どのようなお仕事に携わっていますか?

医療画像から骨折を認識するAIを制作

私は数学的、工学的分野を学んでこなかったのですが、当社には手厚い研修制度があって、新入社員の習熟度によってクラス分けをし、レベルに合った研修で専門知識を習得することができます。部署に配属されてからも、 半年ほど勉強期間をいただけたので、その間にJDLA (一般社団法人日本ディープラーニング協会)のG検定を受験し、合格することができました。目標が定まらなかったあの頃の私が、今の姿を見たら驚くかもしれません(笑)。今は医療画像から骨折を認識するAIを作っています。これからも学び続けて、AIが必要とされる未来のためにチャレンジを続けていきたいと思います。

Message from Company

情報系の学科を卒業した社員が多い中で、AIデザインの考え方を学んだ木村さんは特殊な人材だと思います。 ユーザー目線を忘れずに、既定路線にとらわれないアイデアを出してくれることを期待しています。

富士ソフト株式会社
イノベーション統括部 先端技術支援部
モバイルインテグレーション室

室長松嶌 孝典

Q&A3