学内外に広がる“衣・食・住”の学び 都市生活学科 2017年4月開設 都市生活専修・食ビジネス専修 2017年4月、生活学科(都市生活専攻/食物栄養専攻)が2つの新学科「都市生活学科」「食物栄養学科」に進化します。いずれの学科も盛んなアクティブラーニングが魅力です。

社会に出るための成長につながる!多彩な産学連携プロジェクト グランプリも受賞! 充実の実績!

  • 北陸カレッジ
  • ユニバーシティ・カレッジ南九州
  • KOBE“にさんがろく”PROJECT
  • 観光素材を活用して北陸の魅力を発信する

    北陸カレッジ

    主催:JR西日本・北陸三県誘客促進連携協議会

    北陸3県の魅力発見プログラム「北陸カレッジ」に毎年参加。体験実習や地元の方々との交流を通して、観光素材を活用した旅行プランを参加学生が企画提案しプレゼンテーションします。また、Facebookで現地への旅行の魅力もPRする機会もあります。2014年には神戸松蔭女子学院大学の参加学生がグランプリを受賞しました。

北陸2県での体験実習から課題解決型の旅行プランを提案 2016年は2つのチームに分かれて「北陸カレッジ」に参加。福井チームは、「電動アシスト自転車の活用による新たな周遊観光ルートの充実」、石川チームは「丹南エリアの魅力向上」をテーマに地元の大学生や他校生とともに現地での体験実習をし、12月にそれぞれのプランを提案しました。

Interview01 北陸カレッジで最優秀賞! 旅行プラン提案プロジェクトで企画力とプレゼン力が向上 他大学が参加する旅行プラン提案プロジェクト「北陸カレッジ」にゼミ有志で参加し、最優秀賞を受賞しました。アイデアを立案しながら企画にまとめたり、分かりやすいプレゼンテーションのために試行錯誤したりと様々な経験を積み、私の将来にとって大きな糧になりました。就職活動の時にも活きたと思います。

<関連情報>

[人間科学部 生活学科都市生活専攻]青谷ゼミ3、4年生が北陸カレッジに参加しました!
http://www.shoin.ac.jp/news/2016/09/001351.html

  • 修学旅行プランで南九州の素晴らしさを伝える

    ユニバーシティ・カレッジ南九州

    主催:熊本県、宮崎県、鹿児島県、JR西日本

    「ユニバーシティ・カレッジ南九州」では、南九州での現地調査に基づいた修学旅行プランを学生自らが企画立案し、プレゼンテーションに挑みます。この取り組みを通して修学旅行素材の開発や新しい観光誘致の切り口を探り、実践につなげます。

学生たちが考案したご当地キャラ弁当が駅で販売 修学旅行プランの一環で取り組んだ「くまモンのごちそう弁当」がJR西日本主要駅で商品化されました。熊本の高級素材を取り入れたこだわり弁当で、駅弁では全国初の地方キャラクターを起用したキャラ弁として話題に。また、この弁当は、大阪市にある中学校で修学旅行の昼食として採用されました。学生たちが考えた弁当の内容や取り組みについては、JR西日本のおでかけ情報誌“西NAVI 11月号”の表紙でも紹介されました。

Interview02 ユニバーシティ・カレッジ南九州で最優秀賞! 修学旅行プランの企画立案に挑んだ経験を通して成長を実感 「ユニパーシティ・カレッジ南九州」にゼミ活動の一環で参加し、中高一貫校向け修学旅行プランを提案することに。たくさんの方と関わることで、自分の考えを適切に伝えること、 行動に移すこと、チームワークや、自信を持って取りくむことの大切さを体得できました。神戸松蔭には、待っているだけでは決して得られない経験が数々あります。挑戦してみたいと興味を持って行動することが大学生活で大切なことだと思います。

<関連情報>

[生活学科都市生活専攻]今年も「ユニバーシティ・カレッジ南九州」「北陸カレッジ」に参加しています。
http://www.shoin.ac.jp/news/2015/11/001035.html

  • 神戸の農水産物を活用したアイデアを商品化する

    KOBE“にさんがろく”PROJECT

    主催:神戸市

    神戸の農漁業の活性化とブランド化を進める活動「KOBE“にさんがろく”PROJECT」では、地元企業の方からのアドバイスをもとに神戸の農水産物を活用したアイデア商品を企画するなど、学生自らが動いて商品開発のプロセスを実践的に学びます。神戸松蔭女子学院大学の参加学生による提案は、商品化されたり、2年連続でグランプリを獲得するなど、多くの大学が参加する中で注目を集めています。

ブルーベリーを染料にベビーグッズを提案 2016年グランプリ受賞 花田ゼミが2年連続で”KOBEにさんがろくPROJECT”のグランプリを獲得。2015年度はトマトのヘタなど廃棄される食材を利用したアクセサリーを提案。2016年度は、ゼミでの学びのひとつである染色のノウハウを活かしてブルーベリーを染料に、ベビーグッズや母親用のストールの商品化を提案しました。

商品化進行中!

栄養学の知識を活用してキクイモジャムを提案 栄養価は高いものの加工が難しいため一般の食卓に浸透していないキクイモ。武智ゼミのチームは栄養価を失わずに美味しく食べられるキクイモジャムを提案。試作品づくりには栄養学の知識をフル活用し、納得のいく味にたどり着くまで何度も試行錯誤しました。

Interview03 KOBE“にさんがろく”PROJECTで最優秀賞! 野菜を使ったアクセサリー開発の活動が評価され大きな自信に ゼミで神戸市の”にさんがろくPROJECT”に参加。ビオラの花の普及につとめたり、企業・農家・学生によるコラボレーション提案として野菜を使ったアクセサリーの企画立案・製作・販売を行い、最優秀賞を受賞しました。この経験を通して多角的な視点で物事を考える柔軟性が身につき、大きな自信につながりました。 神戸松蔭は、殻を破って自らが成長できる環境や機会が豊富です。自分らしい未来を切り開けるところだと思います。

<関連情報>

[人間科学部 生活学科都市生活専攻]
花田ゼミが2年連続でKOBEにさんがろくPROJECTのグランプリを獲得!
http://www.shoin.ac.jp/plus_s/news/2016/11/001431.html

食やおもてなしの達人から“今”を体感できる “神戸マイスター”に学ぶ

あなたの興味に合わせて選べる2つの専修

神戸から発進する都市と食のプロデュース

都市生活専修 地域社会の幅広い分野で活躍できる人材になる 食ビジネス専修 食品分野や観光などで、地域に貢献する人材となる

身につく力

  • ● 社会の変化に対して生活を組み立てる力 ● 人の生き方と暮らしを豊かにする力 ● 次世代や他者の生活を支援する力
  • ● 消費者ニーズを理解し、新商品を開発する力 ● 商品のアイデアやイベントなどを企画する力 ● 伝統文化を継承する方法を創造し、伝える力

生活学科都市生活専攻 2014~2016年度卒業生実績 就職率 平均98.8% さらに新学科開設で社会に需要がある学びを展開! 就職に有利

  • 目指すは生活分野のゼネラリスト 都市生活専修 都市化された現代の暮らしを見直し、より質の高い生活を実現するためのサービスや提案を行うことができる人材を育成。ファイナンシャル・プランナー養成科目を設置しているのも特徴。金融やファイナンスなどの知識を身につけて、金融業界への就職に活かすことができます。
  • 食と経済・経営の学びを強化 食ビジネス専修 食に関するマーケティングや流通をはじめ、文化や歴史などを学び、食分野のスペシャリストを育成。神戸ならではの製パンや製菓などをハイレベルな技術・技能を持つ神戸マイスターから学ぶ授業もあります。和洋中の料理、カフェ、デザートなど様々な分野が対象です。

学びの例

    • 都市の暮らしと衣食住を学ぶ

      食事、衣服、住まい、家庭と社会などについて学びます。料理を作り、服をデザインし、住まいのコーディネートを考える実習も。地域連携プロジェクトにも参加します。

    • 神戸を見つめなおし
      食の知識を身につける

      世界各国の料理が揃い、食豊かな都市として発展してきた神戸。季節の地域食を学ぶと共に洋・和菓子作りに挑戦し、幅広い食の知識を身につけます。

    • ライフプランとお金について学ぶ

      将来の夢や目標に向かって経済的な側面から計画をたてる「ファイナンシャル・プランニング」について学びます。ファイナンシャルプランナー資格の取得もめざせます。

    • 店舗経営・マーケティングを学ぶ

      おしゃれで可愛いカフェや雑貨店などについて、マーケティングの視点から経営の楽しさ・難しさを学び、起業への理解を深めます。またおもてなしの精神の極意を身につけます。

    • 「化粧」「色」「香り」の
      効果を学ぶ

      化粧心理やカラーコーディネート、香りの科学、プライダルコーディネートなど生活を豊かにする科目も充実。好きなこと、興味のあることから、さまざまな資格取得に挑戦できます。

    • 新製品・商品をプロデュースする

      和洋菓子の商品開発をはじめ、企業とのタイアップによる旅行企画やイベントなど、付加価値の高い新しい「商品」を生み出すことをめざします。

都市生活学科でめざせる16の資格・免許

都市生活専修 社会調査士 認定心理士 テキスタイルアドバイザー(2級衣料管理士) ウェブデザイン実務士

食ビジネス専修 フードスペシャリスト(受験資格) 専門フードスペシャリスト(受験資格)

両専修共通 中学校・高等学校教諭一種免許状(家庭) ファイナンシャル・プランニング技能士2級・3級 繊維製品品質管理士 ブライダルプランナー アロマテラピー検定 消費生活アドバイザー カラーコーディネーター 上級秘書士 司書 社会福祉主事(任用資格)

学びを活かした進路

銀行・生命保険などの金融業界 飲料メーカー 都市と農山漁村の交流を促すNPOづくり 消費者相談センター 製菓・製パン業界 ホテル関係 ファッションビジネス デパート 観光業界 繊維・アパレル業界 スーパーマーケット 地域広報誌制作 教員・教育業界 食に関する卸売小売企業 食品メーカー 旅行業界

食の学びの幅を広げる専用実習室を新設

  • ※写真はイメージです。

  • ※写真はイメージです。

新学科の開設に合わせて、都市生活学科専用の調理実習室と試食室を新設。
優れた設備環境で学びの幅を広げながら、食にかかわるスキルを磨きます。

NEW 2017年4月、管理栄養士養成課程は食物栄養学科へ 国家試験合格率100%をめざします 2016年、生活学科食物栄養専攻の管理栄養士国家試験の合格率は、兵庫県内の管理栄養士養成課程を持つ私立大学中第2位の92%。全国平均85.1%を6.9ポイント上回っています。

管理栄養士合格率92% (県内私大第2位)

身につける6つの力 1. 基礎力 管理栄養士に必要な食と健康の基礎学力 2. 食事力 すべての人に適切な食事を提供する力 3. 食プロデュース力 対象者に応じた食事をプロデュースする力 4. コラボ力 企業や地域と連携し他者と協働する力 5. 栄養指導力 栄養指導に必要な正しい知識とコミュニケーションをとる力 6. 国試力 試験対策を通して育む社会人として必要な人間力

食物栄養学科について詳しくはこちら

神戸松蔭の8つの学び