舞台監督(ステージ)になるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「音楽・イベント」に戻る

舞台監督(ステージ)

音楽・イベント系の仕事
舞台監督(ステージ)

どんな
職種?
バックステージを知り尽くした裏方スタッフの指揮者的存在

演劇やミュージカルなどで、演出家の意向に沿って美術、照明、音響など裏方スタッフを取りまとめる仕事。それぞれの仕事内容を熟知し、調整能力やリーダーシップが求められる一方、安全チェックやスケジュール・予算の管理、各種の届けなど細かな業務もこなす。舞台監督助手、または照明や音響部門のチーフなどの実務経験を経て、演出家や制作部門から指名されることが多い。舞台稽古の前の読み合わせの段階から参加することもあり、作品に対する理解も必要。劇団や制作会社に所属する人とフリーで活動する人がいる。

こんな人に
おすすめ!
舞台を成功に導くため、スタッフをまとめる統率力が必要

舞台監督は多くの技術スタッフと関わり合いながら、ステージが無事進行できるよう配慮する必要がある。そのためスタッフをまとめる統率力が必要とされる。また美術や装置の安全性にも気を配れるよう、全体を俯瞰して見ることも大切だ。ステージをよりよいものにするには、文学や文芸への知識が必須で、より深く題材の背景を理解する読解力も求められる。

舞台監督(ステージ)を目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:舞台・演劇・舞踊学、映像、美術など
  • 採用試験 就職先:劇団、劇場、制作会社、フリーランスなど
  • 舞台監督(ステージ)
  • Point1

    舞台関連の学科がある大学や専門学校で、演劇や舞台美術、文学の知識を深めておくと採用試験の際にアピールしやすい。自主公演もいい経験となる。

  • Point2

    大学や専門学校卒業後、劇団や劇場、制作会社に就職する。最初は監督助手となり舞台監督のもとで経験を積んでいく。フリーランスで仕事を請け負う人もいる。

舞台・イベント系のその他の仕事

舞台監督(ステージ)
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける