庭園設計士になるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「動物・植物」に戻る

庭園設計士

動物・植物系の仕事
庭園設計士

どんな
職種?
依頼主のニーズに応える庭園を企画設計して完成まで担当する

公共庭園から個人宅の庭まで、庭園の企画・設計をする仕事である。まずは、依頼人である事業主・施主の庭の使用目的やデザインの好み(洋風・和風)、予算などを確認してから、それぞれのニーズに合ったプランを提案する。また、土壌の調査を行い、庭づくりに適した土壌に改良することもある。プランが決まれば工事を開始する。そして最終確認を行ない、依頼人の希望通りの庭が完成した時点で引き渡す。関連する資格検定には、全国建設研修センターが実施する「造園施工管理技術検定試験」がある。

こんな人に
おすすめ!
庭園に関する知識とセンス、コミュニケーション能力が重要となる

多種多様の樹木や植物だけでなく、環境やエクステリア商品、土木工事(給排水配管)などの多種多様な知識が必要とされる。庭園をデザインするセンスはもちろん、顧客のニーズをくみ取るヒアリング能力や、実際に工事を行う造園業者とのコミュニケーション能力も必要だ。

庭園設計士を目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:コミュニケーション学、土木工学、農芸化学、住居学、生物学、デザイン、建築学など
  • 採用試験 就職先:建設会社、造園会社、設計事務所、ハウジングメーカーなど
  • 庭園設計士
  • Point1

    国家資格である造園施工管理技術検定試験に合格した後、受験に必要な実務経験年数を積んで、造園施工管理技士の資格を取得する人が多い。また、造園技能士、ガーデンデザイナー資格、エクステリアプランナーなどの資格は、就職して知識を得てから取得する場合が多い。

  • Point2

    造園・園芸について大学や専門学校で学んだあと、造園会社などに入社する。仕事を通して知識を深め、専門資格を取得しキャリアアップしていく。

植物・フラワー系のその他の仕事

庭園設計士
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける