着付けの先生になるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「ファッション」に戻る

着付けの先生

ファッション系の仕事
着付けの先生

どんな
職種?
写真館や美容室、結婚式場で依頼者に着付けを行う仕事

成人式や卒業式、冠婚葬祭の際に、依頼者に和装を着付ける仕事。働く場所は写真館や美容院、結婚式場などが一般的。仕事に当たっては目的、要望、着物種類、出発時間などを事前確認しておくことが肝要。着物や帯以外に依頼者が持参できるものをチェックし、足りない和装小物や小道具などを用意する。限られた時間内に確実にやり終えなくてはならないが、着付けが完成したときの依頼者の笑顔を見るのは大きなやりがい。民間資格や講座が数多くあるが、「着付け技能士」という国家資格もあって、着付けを学べる機会は多い。

こんな人に
おすすめ!
着物の知識と着付けの専門的な技術と指導力が必要

相手のニーズをくみ取り、着付けるスキルが求められる。着付け教室での業務の場合には、着物の知識や着付けに関する技術を、初心者に対して分かりやすく教える指導力が重要だ。また、日本の歴史や文化、伝統に関する知識があることで着物の魅力をより深く生徒に伝えることが可能だ。外国人を対象に指導を行う場合もあるため、語学力があると仕事の幅が広がるだろう。

着付けの先生を目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:コミュニケーション学、服飾・被服学、日本文化学など
  • 採用試験 就職先:着付け教室、結婚式場、美容サロン、呉服店など
  • 着付けの先生
  • Point1

    国家資格の「着付け技能士」を取得しておくと、就職の際に有利となる場合がある。

  • Point2

    服飾系の学校を卒業した後、結婚式場や呉服店、写真館などで経験を積むのが一般的だ。

ファッションビジネス系のその他の仕事

着付けの先生
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける