カラーリストになるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「ファッション」に戻る

カラーリスト

ファッション系の仕事
カラーリスト

どんな
職種?
多彩なシーンや人物に合う色を厳選して提案できる配色のプロ

多彩なシーンや人物にとって最適な配色を提案する専門家。たとえば、ウエディング会場の演出、インテリアメーカーのショールームづくり、舞台美術など幅広い業種で需要が期待される。また、人にはそれぞれの肌・目・髪の色により、いちばん似合うとされるパーソナルカラーがある。その色を選び出すテクニックを生かし、ファッション、化粧品、ネイル、ヘアカラー、インテリアなどの分野で働く人も多い。「色彩検定」「カラーコーディネーター」「パーソナルカラリスト」といった資格を取得して活動しているプロが多くいる。

こんな人に
おすすめ!
優れた色彩感覚とインテリアやファッションに関する知識が求められる

色彩的な感性に優れていることが必須である。活躍する場に合わせて、住環境やインテリア、ファッションやメイクなど、幅広い分野の知識が求められる。色彩によって人のイメージや心を動かすため、心理学の知識もあると、実務において役に立つだろう。デザイナーとしての役割を兼任することもあり、デザインに関する知識やスキルもあると望ましい。

カラーリストを目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:コミュニケーション学、インテリア、美容、デザイン、美術など
  • 採用試験 就職先:サロン、アパレル会社、デザイン会社、フリーランス
  • カラーリスト
  • Point1

    カラーコーディネーター検定や色彩検定、パーソナルカラリスト検定などの資格を取得していると、就職に有利となる場合もある。

  • Point2

    美術系や服飾系の学校でデザインや色彩に関する基礎知識を学び、企業の商品開発部やデザイン会社に就職してスキルアップするのが一般的な流れだ。

ファッションビジネス系のその他の仕事

カラーリスト
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける