独立時計師になるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「ファッション」に戻る

独立時計師

ファッション系の仕事
独立時計師

どんな
職種?
設計の全てを熟知し、自分の工房を構える時計の芸術家

自分の工房を持って主に腕時計をつくる職人。手掛けるのは主にゼンマイ式の腕時計で、内部構造は肉眼で詳細を確認するのが難しいほど精巧だ。設計に始まり、一つひとつの部品を手づくりし、正確に時刻を刻むよう組み立てる。高級感と人目を引きつける、洗練されたデザイン性もポイントに。時計の本場スイスには独立時計師アカデミーという組織があり、認められた時計師は世界でわずか30人前後。作品はいずれも百万円単位と高額。相当な熟練が必要だが、時計づくりを志すならめざしたい最高レベルの称号といえる。

こんな人に
おすすめ!
時計作りに関する専門的な知識と独自性が必要

時計作りの専門的な知識と技術が求められる。ぜんまいや針などの細かな部品を、自らの手で作り、組み立てるため、手先の器用さが求められる。細かい作業を続けられる高い集中力も重要なスキルだ。独立時計師として活躍するためには、長年の修行により技術や知識を体得していく必要があり、独自のデザイン力や技術があると望ましい。

独立時計師を目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:機械工学、電気工学、電子工学、金属工学、材料工学など
  • 採用試験 就職先:時計メーカーなど
  • 独立時計師
  • Point1

    時計作りをするにあたって電気・金属工学について勉強しておくと実務の役に立つ場合がある。時計修理技能士の資格をとっておくとスキルの証明になるだろう。

  • Point2

    時計師として独立する前に時計メーカーの企業への就職や個人で時計技師として働いている人の元で技術を学んで経験を積むのが一般的だ。

ファッションをつくる系のその他の仕事

独立時計師
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける