離婚カウンセラーになるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「公務員・政治・法律」に戻る

離婚カウンセラー

公務員・政治・法律系の仕事
離婚カウンセラー

どんな
職種?
離婚によるトラブルを事前回避リスクを軽減するアドバイザー

離婚率が高まっている昨今、離婚に踏み切る前に相談できる存在が、この職業の従事者だ。離婚の際は財産分与、慰謝料といったお金の問題が付きもの。子どもがいる場合は親権、養育費の問題も出てくる。取り決めは夫婦関係、互いの状況、離婚原因などによって変わるため、適切な法律知識に基づいて対応する必要がある。ストレスを抱えている相談者には親身に心のケアをし、一方で冷静に状況分析や判断ができる能力も必要。法律事務所などで離婚案件を経験後、「離婚カウンセラー」の民間資格を取って活動する方法もある。

こんな人に
おすすめ!
傾聴力があり、離婚をめぐる問題に的確なアドバイスができる

親身になって相手の話を聞くだけでなく、冷静に判断したり、状況分析する力も必要とされる。離婚問題には法律に詳しいことが不可欠なので、法律の知識を基に相手にアドバイスする指導力も重要だ。夫婦問題はナイーブなものなので、相談者が安心して何でも相談できるような信頼できる人間性も必要である。

離婚カウンセラーを目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:法学、コミュニケーション学、心理学など
  • 採用試験 就職先:女性支援センター、弁護士事務所など
  • 離婚カウンセラー
  • Point1

    慰謝料や養育費などの金銭の問題も大きく関わってくるため、金銭トラブルに関しても精通しておくとよい。

  • Point2

    大学や短大、専門学校などで法学を学んだあとに、法律事務所などで離婚案件の経験を重ねてから離婚カウンセラーになるのが一般的。

政治・法律系のその他の仕事

離婚カウンセラー
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける