青年海外協力隊員になるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「語学・国際」に戻る

青年海外協力隊員

語学・国際系の仕事
青年海外協力隊員

どんな
職種?
自分の専門分野と順応性を持ち開発途上国でボランティア活動

国際協力機構が運営し、20~39歳を募集対象とするボランティア事業のメンバー。応募、選考時には中学卒業程度の語学力・健康・技術の審査や面接があり、医療、農業、工業、土木、教育など多様な分野から、自分の特技が生かせるプロジェクト案件を選べる。採用後は、現地に赴いて数カ月~数年滞在し、さまざまな支援活動を続ける。派遣先は、アジア、アフリカ、南米などの国が多く、最低限の手当と生活費が支給される。国際社会貢献、開発途上国の諸問題に興味があり、働きたいという強い希望があれば貴重な経験になる。

こんな人に
おすすめ!
発展途上国に対する貢献意欲だけでなく、プロジェクトを遂行するための進行管理力も重要

発展途上国に滞在し現地でさまざまなプロジェクトに携わるため、貢献意欲や奉仕の精神に加えて、環境適応能力と進行管理力、調整力が重要になる。時には衛生環境が不十分な地域で長期に渡り生活するため、自己管理能力や体力も求められる。赴任先の国はさまざまだが、ビジネス会話レベルの英語力があると望ましい。

青年海外協力隊員を目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:語学(外国語)、国際関係学、国際文化学など
  • 採用試験 就職先:民間企業、公益法人、地方公務員(教育職)など
  • 青年海外協力隊員
  • Point1

    必須資格は職種や応募要請によって異なる。看護師などの資格が必須の場合もあれば、実務経験があれば応募可能な場合もある。

  • Point2

    青年海外協力隊募集に応募後合格すると、職務内容により研修や必要資格の取得の必要がある。必要な訓練を受けてから、該当の国へ派遣される。

国際系のその他の仕事

青年海外協力隊員
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける