矯正指導員になるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「教育」に戻る

矯正指導員

教育系の仕事
矯正指導員

どんな
職種?
愛情あふれる指導で非行少年を更生へ導く

少年院や少年鑑別所などの収容施設に勤務し、非行少年が社会復帰できるよう矯正指導を行う専門職員。法務省専門職員採用試験をクリアした法務技官や法務教官を指す。幅広い視野と専門知識をベースに、収容者とじっくり対話をして、非行を犯した要因を追究。生活指導や資格取得などの職業補導、体育指導などを通じて、健全なものの見方や考え方、行動ができるようにサポートしていく。少年犯罪の増加に伴って、これらの矯正施設は過剰収容状態の今、冷静かつ温かい視点を持った指導員が求められている。

こんな人に
おすすめ!
高い傾聴力と観察力が必要

少年院や少年鑑別所に入所している少年たちに対し、話を親身になってじっくりと聞き、気持ちをくみ取る能力が必要である。コミュニケーションをとりながら接することで非行を起こした原因などを追究し、再犯を防ぐ役割があるため、言動をよく観察することも重要だ。

矯正指導員を目指すなら

  • 高校
  • 大学 必要な学び:心理学、教育学、社会学など
  • 採用試験 就職先:少年院、少年鑑別所、刑務所など
  • 矯正指導員
  • Point1

    矯正指導員が所属する法務省職員となるため国家公務員試験に合格することが必須である。心理学や社会学を学んでおくことで、実務に役立てることができる。

  • Point2

    大学在学中に法務省が実施する「法務省専門職員(人間科学)」の採用試験は、矯正心理専門職区分・法務教官区分・保護観察官区分の3種類があり、その試験に合格すれば、矯正指導員として働くことができる。

学校・教育系のその他の仕事

矯正指導員
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける