ワイナリーで働くになるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「食・栄養・調理・製菓」に戻る

ワイナリーで働く

食・栄養・調理・製菓系の仕事
ワイナリーで働く

どんな
職種?
ワインに愛情を注ぎながらつくり手としての個性を発揮する

ワインづくりの専門家。ワイナリーの規模は個人経営から大手酒造メーカーまでいろいろ。日本でもワインが飲まれることが一般的になり、愛好家も多い。ブドウの栽培から収穫、発酵、熟成まで愛情なくしてはよいワインはできないとされていて、そこが大変でもあり面白いところでもある。また、優れたワインほど個性がはっきりするとされ、つくり手の個性が期待される。葡萄酒技術研究会によるワイン醸造技術管理士(エノログ)という認定資格があり、海外のワイナリーで働くためには、世界各国の学校へ留学する道もある。

こんな人に
おすすめ!
少しの変化にも気付ける繊細さと数値管理能力が重要

ワインは微生物の働きを利用して製造されるため、温度や湿度、発酵の進み具合など、少しの変化にも気を配れる神経の細かさと、数値管理能力が必要だ。ワインや醸造に関しての専門知識も求められる。

ワイナリーで働くを目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:農学、農業工学、農芸化学など
  • 採用試験 就職先:ワイン農家、酒造メーカーなど
  • ワイナリーで働く人
  • Point1

    一般社団法人葡萄酒技術研究会会員として実務経験を3年以上積み、適格だと判断された場合に「ワイン醸造技術管理士(通称:エノログ)」としての認定を受けることができる。

  • Point2

    農学部などでワイン醸造に関する知識と技術を学んでおくと、就職で有利となる場合がある。日本のワイナリーで就職するほか、フランスなど、ワインの本場に留学して学ぶという方法もある。

お酒系のその他の仕事

ワイナリーで働く
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける