福祉施設寮母・寮父になるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「福祉・介護」に戻る

福祉施設寮母・寮父

福祉・介護系の仕事
福祉施設寮母・寮父

どんな
職種?
施設利用者一人ひとりと向き合い快適に暮らせるように介助する

高齢者や障がい者を対象とした福祉施設に介護職員として勤務し、入所者および通所者がよりよい生活を送れるように食事や排泄、入浴などの基本的行動を手助けする仕事。ケアワーカー、ケアスタッフ、介助員とも呼ばれる。資格保有の法的義務はないが、質の高い介護業務の実践には「介護福祉士」の国家資格の保有もしくは介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)の修了が望ましい。福祉の最前線に立ち、直接的な対人援助を行うことで、人から感謝されたり心の絆を築いたりする喜びを日常的に感じることができる。

こんな人に
おすすめ!
介護利用者の自立心を醸成できるような献身的なサポート力

介護利用者の心に寄り添って生活介助を行える、思いやりがある人が向いている。利用者の身体機能や状態を把握し、自立を促すサポートが必要になるので指導力も求められる。施設利用者の心のケアを行うのも大事な役割のため、信頼関係を構築する力も必要だ。

福祉施設寮母・寮父を目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:社会学、心理学、福祉学、介護福祉、社会福祉、コミュニケーション学など
  • 採用試験 就職先:障がい者福祉施設、老人保健施設、病院など
  • 福祉施設寮母・寮父
  • Point1

    福祉系大学や専門学校を卒業し、国家資格である介護福祉士の資格を取得すると優遇されることが多い。家で介助を行うホームヘルパーの資格も生かすことができる。

  • Point2

    介護福祉士の資格を取得するためには、福祉施設などで採用され3年間実務経験を積む必要がある。

福祉系のその他の仕事

福祉施設寮母・寮父
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける