川漁師になるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「動物・植物」に戻る

川漁師

動物・植物系の仕事
川漁師

どんな
職種?
河川の自然環境を大切に守り生息する川魚類を捕るプロの漁師

川に生息するウナギ、アユ、川エビ、イワナ、ヤマメ、アマゴなど、川の魚を捕って生計を立てる職業である。川魚の分布や生息環境の知識と捕獲技術、捕獲に耐える体力や集中力などが必要である。渓流魚が漁業権の対象種になっている場合は、漁業法の増殖義務に関する規程を守り、漁場管理に努めなければならない。高知県の四万十川など、良好な川魚漁の地域では、現在も川漁で生計を立てる川漁師がいる。しかし、専業とするには長年の経験と勘が不可欠で、半農半漁や民宿経営と兼ねている例もある。

こんな人に
おすすめ!
川魚を捕る仕掛けや餌の知識を持ち、歴史や伝統を重んじる意識が重要

川魚独特の習性や生態を熟知し、さまざまな仕掛けや餌に対しての深い知識が求められる。川での漁は古くからの伝統を引き継いだ方法で行っていることが多いため、歴史や伝統を重んじる意識が重要だ。また、川魚を捕らえた後、逃さないための集中力と手際の良さも必要だ。

川漁師を目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:水産学、地域社会、ビジネス学など
  • 採用試験 就職先:漁業組合員、漁船乗組員(船員)、漁業会社など
  • 川漁師
  • Point1

    船を使用する漁の場合は、船の操縦に必要な船舶免許(小型船舶操縦免許)を取得する必要がある。船の操縦のほかに気象や船舶ルール、救助の知識などが求められる。「1級海上特殊無線技士」免許の取得も視野に入れておくといいだろう。

  • Point2

    組合漁業就業セミナーや漁業就業支援フェア、漁業体験などのイベントが定期的に開催されており、実際の業務を体験したり、現場の声を聞いたりすることができる。実際に働く前に体験をして、今後のイメージをつかんでおくとよいだろう。

酪農・畜産・水産系のその他の仕事

川漁師
目指せる学校を探してみよう!