ランドスケープアーキテクトになるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「動物・植物」に戻る

ランドスケープアーキテクト

動物・植物系の仕事
ランドスケープアーキテクト

どんな
職種?
景観や環境保全に配慮して都市・地域づくりをする専門家

ランドスケープとは、景色や風景を意味する。ランドスケープアーキテクトとは、暮らしの中の安全、健康、福祉、環境などを考慮しつつ、美しい都市と地域を、デザイン的手法を用いて構築する建築の専門家を指す。環境の保全を目標に、緑・水・土などの自然要素と共生できるデザインや、快適さを指向するレクリエーション空間のデザイン、伝統を受け継ぐデザインなど、エコロジーや人間性尊重が重視されるなか、官民両分野で活躍の場は広い。実務経験者を対象に試験による登録制度もある。

こんな人に
おすすめ!
自然・景観・歴史の共存を恒久的にデザインする想像力と知識が必要

公園やキャンプ場など人と自然が関わる空間を使いやすく、なおかつ景観のよい場所にするデザインセンスが求められる。人々の行動や植物の成長予測などに関しての豊かな想像力と、それを形にする実行力が大切だ。街づくりから空間づくり、建造物の保存まで業務も幅広いため、さまざまな知識を蓄える必要がある。

ランドスケープアーキテクトを目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:地理学、社会学、地域社会、コミュニケーション学、ビジネス学、観光学、建築学など
  • 採用試験 就職先:官公庁都市整備課、官公庁公園緑地課、自治体、建設コンサルタント会社、設計事務所、造園会社、建設会社など
  • ランドスケープアーキテクト
  • Point1

    造園施工管理技士(1級、2級)、技術士(環境部門)などの国家資格を持っておくと就職に有利になる。

  • Point2

    造園学や土木工学、環境デザイン、生物資源学などを学んでおくと、実務で役に立つ。海外には、より専門的に学べる教育機関もあるので、選択肢のひとつに入れておくと幅が広がる。

植物・フラワー系のその他の仕事

ランドスケープアーキテクト
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける