猿の調教師になるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「動物・植物」に戻る

猿の調教師

動物・植物系の仕事
猿の調教師

どんな
職種?
猿にさまざまな芸を仕込んで観客に披露する「猿まわし」芸人

日本の伝統芸能である「猿まわし」を行う調教師である。猿にさまざまな芸を仕込んで観客の前で披露する。芸の質のためにも、動物保護の観点からも、猿を人間の大切な芸のパートナーとして接する心が求められる。商業施設やテーマパークなどでのイベントショー、ストリートでの大道芸パフォーマンス、ドラマやバラエティー・映画・CMなどに出演する場合もある。資格などはとくに必要ないが、猿まわしを行う興行団体などで経験を積んでから、猿まわし芸人として芸能プロダクションなどに所属して活動するケースが多い。

こんな人に
おすすめ!
パートナーの猿と信頼関係を築き、エンターテイナーとしての技量がある

パートナーである猿と深い信頼関係を築く必要があるため、自分の想い通りにならない相手にも向き合える力が必要とされる。また自身もエンターテイナーとして観客を喜ばせることが得意であることや、ショーの進行なども担うことからトークスキルも求められる。また、猿が観客を怪我させないようにしつけることや、リスクマネジメント力があることも重要だ。

猿の調教師を目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:コミュニケーション学、獣医学、動物看護学、観光学など
  • 採用試験 就職先:猿回しを行っている団体・プロダクション、動物園、猿が主役となっている観光地など
  • 猿の調教師
  • Point1

    日本各地で行われる猿回しショーで、調教師の技を見ることも学びのひとつ。調教師の修行期間中はショーの運営業務などを行いながら技の練習を行うことが多いので、一人前の調教師の技を間近で見ることが可能だ。

  • Point2

    入団希望の団体とコンタクトを取り、入団する。劇場の清掃などの雑用業務を経て、その団体が指定する試験に合格すれば一人前の調教師としてショーに出演するなど活動することができる場合が多い。

動物・ペット系のその他の仕事

猿の調教師
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける