機関車運転士になるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙」に戻る

機関車運転士

自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙系の仕事
機関車運転士

どんな
職種?
電気やディーゼル、石炭などの動力源で動く車両を運転する仕事

機関車には主に、電気を原動力とする電気機関車、ディーゼルエンジンを動力源とするディーゼル機関車、石炭の熱でつくり出される蒸気を動力源にする蒸気機関車(SL)などがあり、これらの機関車を運転するのが機関車運転士だ。たとえば蒸気機関車の運転士になるには、訓練を受けてから国家試験である「甲種蒸気車操縦者試験」の筆記・技能試験、身体検査に合格して免許を取得し、さらに「1級ボイラー技士」の資格も必要になる。そのほかの機関車の運転士になる場合も、それぞれの機関車ごとの試験を受けなければならない。

こんな人に
おすすめ!
国家資格を取るまでに長い実務を経なければならない。機関車に関する知識を広げ、顧客の命を預かる責任感が必要とされる

運転する機関車に応じた運転技術に加えて、動力源となる石炭やディーゼルエンジンなどに関する知識や機関車が走る仕組みを理解しておく必要がある。乗客の命を預かって乗り物を運転するので、責任感やトラブルが起こった場合でも落ち着いて臨機応変に対応ができることも重要だ。また、視力や体力も機関車運転士にとって重要なポイントだ。

機関車運転士を目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:心理学、電気工学、金属工学、通信工学、情報工学、システム・制御工学など
  • 国家資格:蒸気機関車運転免許、1級ボイラー技士
  • 機関車運転士
  • Point1

    専門学校などの鉄道サービス学科で、機関車に関する知識を身につけたり、資格、検定を取得しておくと就職に有利。

  • Point2

    就職後、実務経験を積みながら蒸気機関車運転免許取得を目指すことができるが、資格取得までには7年ほどの期間が必要とされている。

鉄道系のその他の仕事

機関車運転士
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける