デジタル(コンピュータ)アニメーターになるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」に戻る

デジタル(コンピュータ)アニメーター

マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画系の仕事
デジタル(コンピュータ)アニメーター

どんな
職種?
絵の基礎も踏まえながらアニメ表現の可能性に挑戦

3DCGも珍しくない現在のアニメーション制作は、すでにデジタルが主流だ。原画や動画を制作するアニメーターもコンピュータを駆使して取り組んでいるが、絵を描くのはやはり人間。制作ソフトを操作する前に、デッサンや水彩画、空間表現などの基本を描けることが欠かせない。デジタルアニメーターになるには、さらにキャラクターをアニメ的に表現するための技術、番組企画、絵コンテを使った演出法などの知識と技術を身に付ける必要がある。アニメの楽しさをもっと多くの人に伝えるためには、コンピュータによる今までにない表現を追求することも重要だ。

こんな人に
おすすめ!
最新デジタルアニメーション技術を習得し、作品作りに生かす積極性

アニメーションの制作環境も今は変革期で、手描き作画からデジタル作画への移行が本格的に始まっている。アニメ作品を作るために、3DCGやモデリング、キャラクターデザイン、背景美術などのスキルも求められる。実際の制作現場で用いるペイントツールや動画編集ツールなどを使いこなすパソコンスキルも必要だ。デッサン力や色彩センスもあると仕事の幅が広がる。

デジタル(コンピュータ)アニメーターを目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:デザイン、美術、映像など
  • 採用試験 就職先:映像制作会社、映像プロダクション、専門スタジオ、フリーランスなど
  • デジタル(コンピュータ)アニメーター
  • Point1

    デッサンの基本的な技術・知識を習得し、イラストの練習は毎日行っていくこと。ペイントソフトや動画編集ソフトなどを使って自分の作品(ポートフォリオ)を作っておこう。

  • Point2

    アニメ関連の制作会社のアニメーター募集に応募し、就職活動を行う。有名なアニメ制作会社では、筆記試験や面接、数日間のインターンを採用試験に取り入れている場合もある。

アニメ・マンガ系のその他の仕事

デジタル(コンピュータ)アニメーター
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける