Webアートディレクターになるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「コンピュータ・Web・ゲーム」に戻る

Webアートディレクター

コンピュータ・Web・ゲーム系の仕事
Webアートディレクター

どんな
職種?
Webサイトを制作するプロジェクトチームを統括

Webサイト制作にあたり、とくにデザイン表現を中心に指揮を執る仕事。顧客からヒアリングした要望を基に、コンセプトやデザインのトーンを提案する。印刷物と異なりさまざまな仕組みや映像などを使用するWebサイトでは、単に見た目の美しさや格好よさだけでなく、機能性やページ読み込みの速度を考慮して容量を軽くする必要があるなど、デザインに加えてプログラミングに関する知識も求められる。リーダーシップを問われる仕事であるため、Webデザイナーとしての経験を積んだ後になるケースが多い。

こんな人に
おすすめ!
Webデザイナーなどと共に、デザインを創り上げていくリーダーシップのある人

クライアントが納得のいくデザインを提案するための、プレゼンテーション能力に長けていることや、Webデザイナーなどと共にデザインを創り上げていくことが多いため、進行全体の管理能力が必要となる。また、Webデザイナーの業務内容を理解しているだけでなく、HTMLなどの知識を習得する必要もある。

Webアートディレクターを目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:コミュニケーション学、情報学 通信工学、デザイン、美術、写真など
  • 採用試験 就職先:広告代理店、Web製作会社、各企業の広報部、フリーランスなど
  • Webアートディレクター
  • Point1

    デザイン関連のスキルがあることを重要としている会社が多いため、Webデザイナー検定を取得していると就職に有利である。

  • Point2

    Webデザイナーとして就職後、経験を積みWebアートディレクターとして活躍する人が多いため、まずはWebデザイナーを目指してスキルを磨くといいだろう。

Web系のその他の仕事

Webアートディレクター
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける