バルーンアーティストになるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「音楽・イベント」に戻る

バルーンアーティスト

音楽・イベント系の仕事
バルーンアーティスト

どんな
職種?
色とりどりのバルーンを素材に空間やシーンを楽しく演出する

さまざまな色や形、材質の風船を用い、店頭やパーティー、ウエディング会場などの空間を演出したり、イベントで作品を作るパフォーマンスを見せて楽しませたり、ギフト用アレンジメントを作ったりする仕事。必須の資格はないが、デコレーター未経験でも17歳から受験可能な「Bpro検定」(Japan Balloon Artists Network主催)取得者には、装飾の仕事が優先的にあっせんされる。諸条件を整え「バルーン業務安全管理エキスパート」や「CBA/世界公認バルーンアーティスト資格」を取得すると有利。

こんな人に
おすすめ!
自分だけの独創的な世界を表現できる豊かな想像力とバルーン技術が重要

独創的な世界を表現しつつ、依頼主の年代やニーズに沿ったバルーンを作り上げる豊かな発想力が必要になる。バルーンアートの腕を競う国内大会や世界大会も開催されているので、努力次第でイベント開催やアレンジメントなど自分の活動フィールドを大きく広げられる。人をひきつけるためのパフォーマンス力も求められる。

バルーンアーティストを目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:デザイン、美術、音楽、映像、児童学など
  • 採用試験 就職先:芸能プロダクション、イベント企画会社、バルーンメーカー、フリーランスなど
  • バルーンアーティスト
  • Point1

    バルーンの作り方はもちろん、イベントを開く場合は演出の勉強も必要になる。「Bpro検定」「バルーン業務安全管理エキスパート」などの資格も仕事の幅を広げるのに役立つだろう。

  • Point2

    芸能プロダクションなどに所属する場合は、オーディション選考を受ける必要がある。 また、パフォーマーサイトに登録しておくとイベントのあっせんや紹介を受けやすい。

舞台・イベント系のその他の仕事

バルーンアーティスト
目指せる学校を探してみよう!