経済的な理由で進学を諦めない 修学支援新制度の対象となる専門学校特集

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

経済的な理由で進学を諦めない 修学支援新制度の対象となる専門学校特集

進学したいけど、お金のことで悩んでいるあなた。2020年4月から始まる、新しい制度を知っていますか?

高校生のみなさん。本当は学びたいことがあるのに、お金の事情で進学をあきらめていませんか?そんな方にビッグニュース!学びたい気持ちを経済的に支える法律が成立し、授業料の減免などが受けられる「高等教育の修学支援新制度」が2020年4月から始まります。ご家庭の状況(住民税非課税世帯及び、それに準ずる世帯)、学習意欲などの要件に応じて、支援を受けられる可能性があります。「当てはまるかも?」という方は、ぜひ詳細をご覧ください。

高等教育の修学支援新制度ってどんな制度?

「高等教育の修学支援新制度」は、進学したいと考えている学生に対し、2つの経済的な支援を合わせて提供することで、安心して学んでもらおうというもの。文部科学省が推進する、人材育成と少子化対策を目的とした制度です。授業料・入学金の免除または減額と、給付型奨学金を通じて、意欲ある学生のみなさんの「学び」を支援します。

  • 支援1 授業料等の減免

    進学先の学校において、授業料と入学金の免除または減額を受けられます。支援額は世帯収入などの要件によって異なります。

  • 支援2 給付型奨学金制度

    日本学生支援機構(JASSO)から、原則返還が不要な奨学金を受けられます。支援額は世帯収入などの要件によって異なります。

詳しくはこちらで調べてみよう!

文部科学省 日本学生支援機構

専門学校全体の62%が対象!あなたの志望校があるかも?

支援の対象となる学校のリストが公表されました。専門学校は1,689校が対象で、さまざまな進学先の中でも最も多い学校数です。専門学校全体(2,713校)の62%が支援の対象校として選ばれており、あなたの志望校が含まれている可能性も多いにあります。まだ志望校が決まっていない人も、自分に合う学校が見つかるかもしれません。対象校を確認してみましょう!

グラフ マイナビ進学がおすすめする、支援対象の専門学校はこちら!