オープンキャンパス特集

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

オープンキャンパス特集

オープンキャンパスは、その学校の学びや雰囲気などを知ることができる貴重な機会。早めにイメージを掴むためにも、興味のある学校を調べて参加しましょう。

パンフレットやWebサイトだけでは分からない、
オープンキャンパス参加メリット

学校の特徴を知ろう
学校が大切にしていることや理念などを、直接先生や職員の方から聞くことができるチャンスです。またキャンパスの雰囲気や最寄り駅から行き方など、実際に訪れてみなければ分からないことはたくさんあります。学校パンフレットで調べておいたことを実際にキャンパスを訪れて確認してみるといいでしょう。
学科の特徴を知ろう
学科ならではの学びや考え方などを、先生や職員の方から聞きましょう。例えば同じ経済学部でも、学校によって学ぶ内容はさまざま。重点的に学ぶ内容が違っていたり、資格取得をサポートしてくれる制度の有無なども考えられます。入学後のミスマッチを防ぐためにも詳しく確認しておきましょう。
学校の授業を体験
オープンキャンパスでは、高校生向けに「模擬授業」という形で授業を開催する学校が多くあります。高校との学びの違いや分野・テーマ。興味を持った先生など、体験することで気付けることは多いでしょう。また授業の形式も高校とは大違い。大講義室で授業を受ける場合もあれば、少人数制で実習やディスカッションの時間が多く取られる形式のものもあるでしょう。どちらが自分に向いているのかを体験する良い機会になるかもしれません。
各種サポート(制度)を知ろう
奨学金の種類、資格取得・留学・就職時のサポートなど、学校によって制度が異なります。パンフレットだけでは難しくて詳しく分からない…。そんな人は先生や職員の方に直接質問してみましょう。学校によって資格取得に対するサポートが厚かったり、留学できる国数が多かったりとさまざまな特徴があるので、見比べてみるといいでしょう。
推薦・AO対策には欠かせない!
志望理由書や面接対策をする上で、なぜ他の学校ではなくその学校を選んだのかという理由を考える必要があります。その学校の考え方・雰囲気・授業形式など…実際に複数の学校を訪れて比較検討した上で、自分の言葉でその学校を選択した理由を述べられるようになりましょう。

事前の下調べが大切!

せっかくオープンキャンパスに参加したのに、パンフレットに記載されている内容しか確認できなかった…なんてもったいない!オープンキャンパス参加前には、事前にパンフレットやWebサイトなどで下調べをしておきましょう。

事前調べ&当日メモにはワークシートがオススメ

オープンキャンパス参加前のギモン

服装はどうする?
オープンキャンパスの案内に「制服着用」と書かれていない限り、制服・私服どちらでもOK。私服で参加する場合は露出を控えめにしたり、アクセサリーや化粧は控えたりするなどの心がけをしましょう。また学校によっては広いキャンパス内をたくさん歩く場合もあるので、履きなれた歩きやすい靴で行きましょう。
持ち物はどうする?
いろいろな資料をもらったりするので、バックはA4サイズがオススメ!聞いた話をメモするためのメモ帳や筆記用具も忘れないようにしましょう。また事前に取り寄せておいたパンフレットや、チェックシートなども忘れないようにしましょう。
誰とオープンキャンパスに参加する?
親と行く人・友達と行く人・一人で行く人など、さまざまです。もし志望分野が違う友達と参加すると、遠慮してしまい学校のことをよく理解できないまま終わってしまうことあるので、注意が必要です。親と行くと自分では気づかなかった視点からのアドバイスをもらえることもありますよ。