AO入試の攻略法とエントリーの仕方

入試方法の一つであるAO入試。
どうすれば合格に近づけるのか、またどのように受験するのかが分からない人も多いでしょう。
AO入試の解説と共にご紹介します。

AO入試とは?
AO入試とは?

AO入試

AO入試とは、学校が求める学生像(アドミッション・ポリシー)に沿った人を採用する入試方式です。学力試験の無い場合が多く、面接やプレゼンテーション・レポート提出などによって合否が決定されます。また3年生の8月頃から合格通知が出始めるため、他の試験と比較しても早く進学を決めることができることも特徴です。 ※採用方法は学校によって異なります

AO入試、どんな人が向いている?
AO入試、どんな人が向いている?

AO入試

部活動・コンテスト・大会で結果を残した人、またボランティアなどへ積極的に参加している人、語学に自信がある人など…。自分のアピールポイントを持っていて、それを自信持って伝えられる人が向いているでしょう。また将来の夢や進学後に学びたいことが明確に決まっていて、そのために今努力している人もAO入試に向いているといえます。

AO入試の攻略法

それでは早速AO入試で合格するために、どのような点に気をつけたほうがいいのか。その攻略法について見てみましょう。

攻略法1

学校側が求める学生像を詳しくチェック!

学校のパンフレットやWebサイトには、その学校が求める学生像が書かれています。求める学生像とは学校側が入学してほしい学生の条件で、「主体的に学び、積極的に行動する学生」など、学校によってさまざまです。AO入試は求める学生像に合った人物が採用されるため、理解した上で自分のPR文章を組み立てる必要があります。もちろん偽ることは良くないので、学校選びの際にも求める学生像をきちんとチェックしておきたいですね。

あなたは合格に近づける?AO入試対策例

志望校の求める学生像に「主体的に学び、積極的に行動する学生」とあったので、志望理由書には積極的に参加していたボランティア活動の話を盛り込んだ。
学校のことをよく調べ、その学校に合わせたアピールポイントを志望理由書や面接時に盛り込むのはとてもいいですね!
高校3年間続けてきた部活動がアピールポイントなので、志望理由書には戦績や大会での結果を中心とした内容を記載した。
部活動で頑張ったことをアピールすることは、とてもいいと思います!ただし結果の話をするだけではなく、部活を通して経験したことや求める学生像に合ったエピソードを取り上げられるとよりよいでしょう。

攻略法2

伝わりやすい志望理由書を書こう

内容が整理されていてエピソードがしっかり入った志望理由書は、相手にあなたのアピールも伝わりやすくなります。構成は[1. 将来のこと 2. 自分のこと 3. 志望校のこと]の順に、将来どうなりたいのか・自分のアピールポイントは何か・進学後はその学校で何を学びたいのかなど、具体的なエピソードと共に書いていきましょう。論理的でありながらも入学したい熱意を込めて、何度も修正しながら書くといいでしょう。

あなたは合格に近づける?AO入試対策例

中学生の頃からの夢である新聞記者になるため、これまで調べてきたことや新聞部での活動を中心とした志望理由書を書いた。
夢に向かって具体的に努力しているエピソードは、あなたの夢に対する想いの強さを感じさせます。入試担当者は、あなたのことを入学後も夢に向かって頑張れる人だと思ってくれるかもしれません。
学校についてたくさん調べたので、パンフレットやサイトに載っていた情報をたくさん盛り込んだ志望理由書を作成した。
将来の夢と高校時代取り組んできたこと、そして志望学部が繋がっていると、一貫性があってより説得力が増しますね。一方、学校が提供している情報をそのまま記載した志望理由書ではアピールになりません。志望理由書には、自分の考えやこれまでの経験についてエピソードと共に紹介するようにしましょう。

攻略法3

オープンキャンパスには参加しておこう

AO入試では志望理由書・面接が行われます。志望理由を聞かれた際に、実際に自分の目や耳で体験したことを盛り込んだ方が、説得力のある理由になるでしょう。

こんなことも?AO入試あるある

学校によっては、オープンキャンパスに参加しないとAO入試にエントリーできない場合もあります。またオープンキャンパスに参加することで、そのままAO入試のエントリーまで完了させられるイベントもあったりします。

どちらにしても将来学ぶ場所を選ぶ上では、複数校のオープンキャンパスに参加しておきたいですね!

AO入試について詳しく調べる

オープンキャンパスの中には、AO入試のエントリーまでできるものも!

オープンキャンパスの中には、AO入試のエントリーまでできるものも!

AO入試のエントリーができるイベントを調べる

AO入試のエントリー・出願方法 AO入試のエントリー・出願方法

AO入試は、学校によってエントリー・出願のタイミングや受験方法が異なります。
今回はタイプごとにエントリー・出願の方法をご紹介します。

TYPE1 エントリー先行型

学校へのエントリー開始(5~7月頃)
エントリーとは、出願前に行うAO入試を受けるための手続きという意味で使われることが多いです。エントリー後、学校によってはそのまま書類や面接などの選考が行われる場合もあります。

出願(8月頃~)
AO入試を受けるために、申込書である願書を提出します。学校によってはエントリー後の選考で内定をもらっている場合もあります。選考がまだの場合、出願後に選考が行われます。

合格発表(8月頃~12月頃)
合格内定がもらえていた人は、ここで正式に合格発表をもらえます。出願後に選考を受けた人は、初めて合否の発表が行われます。合格になった場合、入学手続きへと進みます。

TYPE2 出願先行型

募集要項の配布(6月頃)
募集要項とは選考内容から合格発表時期など、入試に関する情報が記載された書類です。学校のWebサイトに記載されていることも多いので、積極的にチェックするようにしましょう。

願書の配布(7月頃)
学校ごとに願書が配布されます。願書とは、AO入試を受けるための申込書。Web上でダウンロードできる場合も多いですが、必要に応じて学校から取り寄せましょう。

出願~選考~合格発表
(8月頃~12月頃)
学校に出願書類を提出し、選考へと入っていきます。書類選考・面接などが行われる学校が多いですが、場合によっては小論文・レポートなどの提出が必要な学校もあります。事前に調べておき、対策するようにしましょう。
エントリーまで一括でできるイベント?
[学校を調べる→オープンキャンパスに参加する→出願書類を取り寄せる→エントリーする]という流れが多い中、参加することでAO入試のエントリーまで完了できるイベントがあります。学校のこともよく知れてそのままエントリーまでできるなんて、とても便利ですね。AO入試を希望している人は、一度調べてみてはいかがでしょうか。

AO入試について詳しく調べる

AO入試のエントリーができるイベントを調べる