インターネット出願(Web出願)

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

高校生のための進学ガイド

インターネット出願(Web出願)

最近増えているインターネット出願(Web出願)には
どんなメリットがある?

従来の紙の願書での出願に代わって、インターネットからの出願が可能な大学・短期大学が増えています。2015年3月に行ったマイナビ進学会員へのアンケートでは、約3割の受験生が「インターネット出願を利用した」と回答しました。願書請求の手間が省ける、支払いが便利、受験料(入学検定料)の割引があるなどのメリットが多く、導入校は今後もまだまだ増えるでしょう。しかし紙の願書に比べて手軽・便利になったとはいえ、きちんと手順に従って申し込まなければなりません。直前に焦らないよう、一般的な申し込みの流れや利用にあたっての注意点を確認しておきましょう!

インターネット出願とは?メリットが多い出願システム

紙の願書が不要、手書きの手間が省ける! 受験生にうれしい出願システム

これまでの出願は、紙の願書を請求・入手して手書きで記入し、郵送するというものでした。しかし、インターネット出願では願書の取り寄せが不要で、はじめに大学Webサイトの申し込みフォームに必要事項を入力して送信します。指定日までに受験料の振り込みを行い、必要書類を送付すれば出願完了となります。受験票などをプリントする場合もあるので注意しましょう。

受験勉強の追い込みの時期に時間や手間が節約でき、急な志望校変更などにも対応しやすいため、受験生にうれしい出願システムといえるでしょう。紙の願書と併用している大学もあれば、インターネット出願のみを実施している大学もありますが、導入校はますます増えていく見込みです。「Web出願」「オンライン出願」「e出願」など、大学によって名称は異なります。

インターネット出願のメリット

※大学や入試方式によって異なるため、必ず各大学の資料やWebサイトを確認してください。

①願書取り寄せ不要

紙の願書の取り寄せには通常数日がかかりますが、インターネット出願では必要ないため、たとえ締切日間近で手元に願書がなくても大丈夫。他校の合否の状況を見ながら出願先を検討する場合などに便利です。

②24時間出願申し込みができる

インターネットに接続できる環境であれば、いつでも出願申し込みが可能です。ただし受験料の振り込みや書類の送付を終えてはじめて出願完了となるため、締切日直前の申し込みは避けましょう。
※メンテナンス時間を除きます。

③修正がカンタン、入力漏れも防止できる

紙の願書では修正不可のケースがあり、間違えた場合は一から書き直さなければなりませんが、インターネット出願では画面上で入力するので修正は簡単。申し込み前に自動でエラーチェックが行われるため、入力漏れなども防ぐことができます。

④内容の確認・変更が可能

出願後もログインすれば申し込み内容を確認できます。また、受験料支払い前であれば内容の変更、併願の追加などが可能です。支払い後でも、受験料が同額であれば変更できる場合もあります。

⑤受験料の支払いが便利

全国のコンビニから24時間支払いが可能です。その他にも郵便局、銀行ATMやクレジットカード決済、ネットバンキングが利用可能な大学もあるなど、多彩な支払方法から選ぶことができます。

⑥受験料割引制度がある

すべての大学ではありませんが、インターネット出願を利用する場合、受験料の割引を設定しているところが多くなっています。この割引制度が導入されてから、インターネット出願の利用者は一気に増えました。

インターネット出願の流れと手順を知り有効活用しよう

インターネット出願の基本的な手順を知ろう!

インターネット出願にも、あらかじめ準備しておくものや、申し込み後、指定日までに郵送するものなどがあります。「インターネットだからすぐに申し込めるはず」と思い込んでしまうと、締切日ぎりぎりになって慌てることになるため要注意。大学ごとに詳細は異なりますが、ここでは一般的な出願の流れを紹介します。

出願の流れ

※大学や入試方式によって異なるため、必ず各大学の資料やWebサイトを確認してください。

事前準備

  1. Step 1
    インターネットに接続された
    パソコン、スマートフォン、タブレット、プリンターなどを
    用意する

    家や大学のパソコンなどを利用しましょう。スマートフォンやタブレットでも可能ですが、表示画面の乱れや一部機能が利用できないおそれがあるため、パソコンを推奨しているところもあります。プリンターが必要かどうかは大学によって異なります。

  2. Step 2
    メールアドレスを取得する

    確認メールなどが届くため、必ずメールアドレスが必要です。持っていない場合はYahoo!メールやGmailなどのフリーメールでも構わないので取得しておきましょう。

  3. Step 3
    PDF閲覧ソフトを
    インストールする

    募集要項やインターネット出願マニュアルなどは、サイト上にPDFファイルで置かれている場合が多いため、PDF閲覧ソフトをダウンロードしておきましょう。

  4. Step 4
    顔写真のデータを用意する

    大学によっては、申し込み時に顔写真データをアップロードするシステムになっています(後日郵送する場合や、受験票に貼って試験日当日に持参する場合もあります)。

  5. Step 5
    書類準備

    調査書や推薦書、センター試験成績請求票など、指定の書類がある場合は後日郵送する必要があります。発行に時間がかかることもあるため、早めに準備しておきましょう。

インターネット出願

  1. Step 1
    大学のインターネット
    出願サイトにアクセス

    大学の専用ページにアクセスし、まずは説明をじっくり読みましょう。インターネット出願マニュアルがPDFファイル等で用意されている場合もあります。

  2. Step 2
    出願内容の登録

    画面の案内に沿って、氏名、志望学部学科、試験日、入試方式、受験料の支払い方法などの必要事項を入力し、送信します。

  3. Step 3
    指定の書類を印刷

    登録完了画面や確認メールの指示に従い、確認票や支払票など指定の書類をプリンターで印刷します(印刷が必要ない場合もあります)。

  4. Step 4
    受験料の支払い

    申し込み時の支払票をもとに、コンビニ、郵便局や銀行のATM、クレジットカード決済、ネットバンキングなどで支払います。指定日までに支払わなければ申し込みが取り消しになるため、期限に注意しましょう。

  5. Step 5
    書類の郵送

    顔写真や調査書、推薦書、センター試験成績請求票、切手など、指定された書類を郵送します。必要な書類は大学や入試方式によって異なります。

  6. Step 6
    受験票の到着

    受験料の支払いや書類の郵送を終えたら出願完了となり、受験票が届きます。試験日当日に持参するのを忘れないようにしましょう。

インターネット出願の注意点

インターネットからの申し込み後、受験料支払い、
必要書類の送付を終えたら出願完了となる

インターネット出願は、すべてをインターネットだけで完結できるわけではありません。インターネットから24時間可能なのはあくまで出願申し込みで、その後、受験料の支払いや調査書、推薦書など必要書類の送付が必要なので注意してください。それぞれ「申し込みから3日以内」「出願期間最終日まで」などの期限が設定されています(大学によって異なります)。「間に合わない!」を防ぐために、あらかじめ志望校の出願方法や必要な書類を確認した上で、出願締切日ギリギリの申し込みはできる限り避け、余裕をもって出願しましょう。

インターネット出願(Web出願)に関する4つのポイント

Point
1

願書取り寄せや手書きの手間が省ける!

Point
2

入力ミスの自動チェックや、内容の修正などができる。

Point
3

受験料の割引がある大学もある。

Point
4

すべてをネットで完結できるわけではない。説明をしっかり読もう!