専門学校の入試

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

高校生のための進学ガイド

専門学校の入試

専門学校入試(入学試験)と出願について

将来なりたい職業が決まっている人は、卒業後の仕事に直結する知識や技術を教えてくれる専門学校への進学を視野に入れてみるのもいいでしょう。専門学校の入試は、一般的な大学の入試とは異なっています。専門学校入試の内容と出願方法について、確認してみましょう。

専門学校の基礎おさらい

そもそも専門学校って?

専門学校は、ある特定の職業に必要な知識や技術を身に付けることを目的としており、厳密に言うと「専修学校専門課程」という一種の専修学校(※)です。主に二年制で、学びの提供内容に基づき、「医療分野」「文化・教養分野」「衛生分野」「工業分野」「商業実務分野」「教育・社会福祉分野」「服飾・家政分野」「農業分野」の8種類に分類されます。入試の難易度は学習分野や学校によりさまざまです。

※専修学校…「職業若しくは実際生活に必要な能力を育成し、又は教養の向上を図る」ことを目的とする学校(学校教育法)

専門学校の進学状況と8つの学習分野

高校卒業後の進学者全体に占める専門学校の進学者は15.9%(平成30年度) 。この割合は、昭和60年からわずかに増加してはいるものの、約30年間ほぼ横ばいのままです。また、専門学校の生徒数全体に占める、上記8つの学習分野の生徒数の割合は「医療関係」が30.7%で最も多く、以降は「文化・教養関係」23.9%、「工業関係」13.8%、「商業実務関係」11.5%、「衛生関係」11.4%、「教育・社会福祉関係」5.1%、「服飾・家政関係」2.9%、「農業関係」0.8%となっています。

出典: 文部科学省「学校基本調査-平成30年度結果の概要-」

各分野で学べる学習内容

8つの学習分野で学べる内容についてご紹介します。

医療分野

看護、歯科衛生、歯科技工、臨床検査、診療放射線、柔道整復、理学・作業療法など

文化・教養分野

音楽、美術、グラフィックデザイン、外国語、演劇・映画、通訳・翻訳、動物、法律行政、スポーツなど

衛生分野

調理、栄養、理容・美容、製菓・製パン、メイク、エステティックなど

工業分野

情報処理、土木・建築、電気・電子、自動車整備、ゲーム・CGなど

商業実務分野

経理・簿記、秘書、経営、情報、観光・ホテル、医療事務など

教育・社会福祉分野

保育、幼児教育、社会福祉、介護福祉、医療福祉など

服飾・家政分野

和洋裁、服飾、ファッションデザイン、ファッションビジネスなど

農業分野

農業、園芸、畜産、バイオテクノロジー、ガーデンビジネス、フラワービジネス、動物管理など

専門学校入試(入学試験)は主に一般選抜・学校推薦型選抜・総合型選抜

一般選抜に関するギモンと傾向:面接や試験の内容は?

一般選抜では、書類選考・学科試験・面接試験の3つが課されることが多くあります。特に医療関係分野の学校では、生物や化学が学科試験の出題範囲に含まれます。また、保育を学ぶ学校ではピアノ、建築や美術系の学校ではデッサンなど、入学後に学ぶ内容によって実技試験がある場合もあります。

総合型選抜に関するギモンと傾向:総合型選抜ってどんなもの?試験の内容は?

総合型選抜は、受験生が学校の求める学生像(アドミッション・ポリシー)に合っているかどうかを基準に合否を判定するものです。志願者一人ひとりの個性や意欲を判定するため、書類審査や論文などに加え、面接で合否を決めます。志望動機や入学後の目標が問われ、学校での学びに対する意欲や、将来の可能性までじっくりと見極められます。

学校推薦型選抜に関するギモンと傾向:時期はいつから?面接の内容は?

多くの専門学校が実施している学校推薦型選抜。単純に学力を試験するだけではなく、志願者の人となりや能力、意欲などが評価されます。学校推薦型選抜では、書類審査に加え、面接や小論文、実技試験などを通して合否が判定されます。取得資格や部活動など、高校時代の経験や実績が重視される傾向にあり、面接でも取り組んできた活動に関して聞かれることが多いでしょう。

その他、特待生入試や社会人入試もあるの?

入試の種類としては、上記の3つの他、特待生入試や社会人入試といった試験もあります。特待生入試では、成績や人柄が総合的に評価され、通過すれば学費の減免を受けることができます。入学金や授業料の全額もしくは一部免除など、減免の内容は学校によって異なっていますので、利用する際は確認するようにしましょう。また、社会人入試は必ずしも社会人のみが受験するための試験というわけではありません。例えば、出願資格を高校既卒者(並びにそれに準ずる者)で、社会人(アルバイトやパートを含む)、または大学・短期大学・専門学校等に在学している者と定めている場合など、社会経験の有無を問わない学校もあります。各学校により出願資格が定められていますので、気になる学校があれば調べてみましょう。

専門学校への出願

出願資格は多くは「高校卒業であればOK」

専門学校への出願資格は、多くは高等学校卒業もしくはこれに準ずる学校を卒業した者と定められています。「高等学校に準ずる学校を卒業した者」には、例えば「外国において12年の学校教育を修了した者、またはこれに準ずる者で文部科学大臣の指定したもの」や「大学入学資格検定に合格した者」などが挙げられます。

出願方法は資料請求して詳細を確認しよう!

これまで見てきた通り、一口に入試と言ってもその種類や出願資格は学校によってさまざまです。最近は、出願方法にWeb出願を取り入れる学校も増えてきています。進学を希望する学校が決まったら、ホームページをチェックしたり資料を取り寄せたりして、まずは出願に関わる情報をしっかり確認するようにしましょう。

専門学校のお金ページはこちら

専門学校の入試に関する3つのポイント

Point
1

専門学校は仕事に必要な知識や技術を
身に付けることを目的としている。

Point
2

出願方法や試験内容は
学校により異なる。

Point
3

気になる学校があったら、
資料請求してみよう!