小論文対策

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

高校生のための進学ガイド

小論文対策

読解力や論述力が総合的に問われる
小論文の基本的な対策を解説!

大学・短期大学の学びでは、高校までの学習とは異なり、自ら課題を見つけ、掘り下げ、研究する力が求められます。この能力をはかるため、多くの大学で採用されているのが小論文試験です。推薦入試やAO入試で課される場合が多いですが、一般入試で採用している大学・学部学科もあります。教科ごとの基礎学力だけでなく、読解力や発想力、思考力、論述力が総合的に試される小論文。「どう考え、読み手をどう納得させるか」「いかに分かりやすく論理的に書くか」がポイントです!

小論文とは? 自分の意見や主張を述べる

理由や根拠を示しながら
自分の意見や主張を述べる小論文

そもそも小論文とはどのような文章でしょうか? これまでに書いてきた作文とはどう違うのでしょうか? 一般的に、自分の体験や感想を表現力豊かに書く作文に対し、自分の意見や主張とその理由を論理的に述べるのが小論文です。作文に比べて、自分で問題を発見する力や考える力、説得力が求められます。入試で出題される場合、出題の形式や内容は多様です。特定のテーマが与えられる場合は、時事問題など一般的なテーマから専門分野に関するテーマまでさまざま。また、長文の課題文や表・グラフなどの資料を読み解くタイプもあれば、志望理由や自分の興味・関心のあることについて書く場合もあります。

小論文の傾向と対策を知る

小論文は大きく以下のようなタイプに分けられます。志望する大学・短大の過去問をチェックし、その傾向と対策をしっかり把握しておきましょう。

テーマ型の小論文

与えられたテーマについて自分の意見を論述するタイプの小論文です。テーマは時事問題に関するものや、志望する学部・学科の分野に関するものなど多岐にわたります。社会問題や最近話題になったこと、志望する分野に関するニュースやキーワードなど、世の中の出来事について日頃から情報収集をしておきましょう。そして、それについて問題意識を持ち、自分の意見を考える習慣をつけることが、このタイプの小論文を書く基礎作りとなります。

課題文を読んで論じる小論文

比較的長文の課題文を読み、その内容を把握した上で、自分の意見を説明・論述するタイプです(英文の場合もあります)。まず大切なのは、課題文を注意深く読み、主張を的確に読み解くこと。それに対して自分なりの解釈を加え、意見を組み立てていきます。書く力ももちろん必要ですが、前提として求められるのが読解力。いろいろな種類の文章に触れ、読む力を鍛えましょう。

図表やグラフを分析して論述する小論文

資料として与えられた図、表、グラフなどを読み取り、分析した結果を論述するパターン。理系の学部や経済学部、福祉・教育系の学部など、入学後に図表などの読み取り能力が必要な学部に多いタイプです。入試によっては写真や絵など視覚的な資料が与えられる場合もあります。読み取る能力に加え、それをしっかり言葉として表現し、筋道立てて結論へと導くことが大切です。

学部・学科への志望理由等を問う小論文

志望理由を問うのは、その人が学部・学科の学問についてどの程度興味を持ち、自分なりの展望を持っているかを知るためです。学部・学科を志望する動機、入学してから勉強したいこと、その大学を志望する理由、卒業後の希望進路や学んだことをどう活かしたいかなどを、順序立てて論述していくと良いでしょう。志望理由を述べる上では、その大学の理念や教育方針を理解しておくことも必要です。

採点者がチェックするポイント!

基本的な読み書きの力はもちろんですが、「問題を発見する能力があり、自分の考えを持っているか」「論理的に述べられているか」「創造力や説得力があるか」などが重要な採点ポイントになります。また、「行きたい学部・学科の学問について知識があるか」についてもチェックされます。このあたりを念頭に置きながら、自分が書いた小論文を採点者になったつもりで読み返してみましょう。

小論文を書く際のポイントと注意点

構成や内容、文体など
小論文の基本的な書き方を理解しよう!

与えられた時間と字数の中で自分の意見を論理的に書くことは、なかなか難しいものです。ここでは、小論文を書く時のポイントと注意点をまとめました。ポイントを理解し、演習問題を繰り返すことで、小論文ならではの書き方に慣れていきましょう。また、書いたものは高校の先生など第三者に添削してもらってください。客観的に評価されることで、自分の弱点を知ることができます。

ただし、やはり大事なのは自分自身の知識や経験を増やし、何事にも疑問を持つ姿勢や自分なりの価値観、語彙力を普段から培っておくことです。新聞や本などを読むことを心がけたり、いろいろな人に話を聞いたりして、引き出しを増やしましょう。

①何を問われているのか、出題の意図を的確に把握しよう!
  • まず、落ち着いて出題内容をしっかり理解することから始めましょう。何が要求されているのかをきちんと把握することが大前提です。
  • 課題文や資料がある場合は、その内容を的確に読み解くことが大切。筆者が何を主張しているのか、資料から読み取れることは何なのかをじっくり見ていきましょう。
②書き出す前に自分の意見や考えをまとめよう
  • 課題文やテーマに対し、どのような意見を主張するのかを決めましょう。
  • その意見を主張する理由をいくつか挙げてみましょう。さらになぜそう思うのか、根拠を箇条書きにしてみましょう。
③構成に沿って、論理的に書き進めよう!
  • 自分の考えをどのような流れで論述していくのか、構成を考えましょう。「①何についてどう考えるのか②その理由③まとめ」の三段構成が基本です。
  • メモした内容をもとに、実際に小論文を書き進めます。
④こんなことにも注意しよう!
  • 段落の書き出しは一字下げる
  • 文体は常体「~である」に統一
  • 主語と述語の関係にずれが生じていないか、接続詞は正しく使われているか、誤字・脱字がないかを確認
  • 倒置法など、文学的でまわりくどい表現は避ける
  • 指定された文字数の範囲を守る

小論文対策の基礎知識に関する4つのポイント

Point
1

自分の意見とその“理由”を述べるのが小論文!

Point
2

課題を読み解く力、深く考える力、論理的に述べる力が総合的に問われる。

Point
3

大学、学部・学科によって、出題の形式はさまざま。

Point
4

ポイントをおさえて書く練習を繰り返せば、確実に実力アップ!