一般入試

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

高校生のための進学ガイド

一般入試

私立大学・短期大学受験の基礎!
多様化する一般入試の種類とポイントを理解しよう

3教科型を中心に、バラエティに富んだ入試が行われているのが私立大学・短大の一般入試。例年複雑化しているため、「違いが分からない」「どっちの入試がいいの?」などと迷ってしまう受験生も多いかもしれません。しかしきちんと理解すれば、得意分野を生かして受験したり、同じ学部学科を複数回受けられたりと多くのメリットがあります。合格のチャンスを逃さないために、まずは一般入試の基本的な種類と特徴を知っておきましょう!

私立大学 一般入試

私立大学の一般入試とは

私立大学では、1月下旬~2月中旬(一部は3月中旬まで)の期間で各大学が個別試験を実施します。これは入学に必要な基礎学力を測る試験で、センター試験の受験は不要です。また、全大学で統一の日程が設けられているわけではないため、試験日が重ならなければ何校でも受験できます。さらに同じ学部学科でも複数の入試方式がある「複線入試」を採用している場合がほとんどです。

センター試験利用入試とはどう違うの?
一般入試では大学の独自試験のみを受験しますが、センター試験利用入試(センター利用)ではセンター試験を受験し、その成績のみで合否が決まります(センター試験と個別試験とを総合して判断する場合もあります)。ほとんどの大学で、一般入試とセンター試験利用入試の両方を併願することが可能です。
最もベーシックなのは3教科型入試

試験科目は大学・学部学科により異なりますが、3教科型が基本。文系では英語、国語、地歴・公民や数学から1科目選択、理系では英語、数学、理科が課されるのが主流です。試験内容は正しい知識を問う選択式のほか、論述式、小論文を課す大学もあります。1~2教科の場合もありますが、科目数が少なくなると高倍率になる傾向があるので注意しましょう。配点は大学・学部学科によって異なり、出題はマークシート方式と記述方式の両方があります。

3教科型の標準的な入試科目
文系 英語、国語、地歴・公民や数学から1科目選択
理系 英語、数学、理科
近年の入試制度

一般入試では、3教科型の他にも多様な入試方式が存在します。1つの学部学科で科目や日程、会場、採点基準が異なる2つ以上の入試を設けている場合も多くなっています。

例えば、日程が選べる「全学部統一入試(全学部日程)」や「試験日自由選択制度」を利用すれば、他校や同じ大学の他の学部学科との併願がしやすくなります。また、特定の科目が得意な人は「科目選択型」「得意科目重視型」入試を選べば合格に近付けるかもしれません。その他に、地方で受験できる「地方入試(地方会場、学外試験会場)」や、万が一不合格だった場合に再チャレンジできる「後期日程(3月入試、2次募集)」などもあります。

また学力試験の他に、小論文試験を課す場合や、簿記など特定の資格を持っている人、TOEIC(R)などで一定のスコアを保持している人に加点する方式を実施している大学もあります。

私立大学一般入試が分かるKEYWORD

受験のチャンスが増える
「全学部統一入試(全学部日程)」

全学部が共通問題を用いて同じ日に試験を行う入試です。これに対し、学部学科ごとに問題・日程が違う試験を「個別学部入試(個別学部日程)」と言います。(※大学によって異なります)

メリット
  • 併願校と試験日が重なった時に利用できる
  • 志望する学部学科への受験機会が増える
  • 全学部を一斉に受験できる場合もあり、受験料や労力の負担を減らせる
得意分野を生かせる
「科目選択型」「得意科目重視型」

「科目選択型」は、科目の数や種類を選ぶことができるタイプ。「得意科目重視型」は事前に申請した科目の配点を高くする方式です。大学によっては合計点ではなく高得点の科目のみで合否判定を行う場合があります。合格の可能性が増える一方、その科目に自信のある受験生が集まるため高倍率になる傾向があります。

メリット
  • 自分の得意科目を生かすことができる
併願がしやすい
「試験日自由選択制度」

一つの学部学科で複数の試験日があり、都合の良い日を選んで受験できる方式で、2~3日の連続した試験日から1日選べるのがほとんどです。併願校と試験日が重なった場合に便利なだけでなく、1つの大学内の学部学科を連日受験できる場合(出題される問題は日によって異なる)や、同学部内で違う学科を受験できる場合もあります。また、複数日受験する場合、受験料が減額されるケースもあるのでチェックしておきましょう。

メリット
  • 他校と試験日が重なった場合に併願しやすい
  • 全日同じ学部学科を受けられる場合もある
地元で受験できる
「地方入試(地方会場、学外試験会場)」

大学所在地以外に、全国の主要都市に設けられた試験会場で受験できる大学も多数あります。交通費や宿泊費の負担だけでなく、時間的・体力的負担も軽減できます。また、大学所在地での試験とは別日程で行われ、併願が可能なケースもあります。一部の大学は全学部統一入試を地方会場で行っているため、これも活用したいところです。地方会場受験は先着順の場合もあるので、早めに確認しておきましょう。

メリット
  • お金と時間を効率的に使える
  • 大学所在地での試験と併願できる場合もある
最後まであきらめない
「後期日程(3月入試、2次募集)」

2月下旬~3月中旬にかけて行われるのが後期試験、あるいは3月入試、2次募集と呼ばれる試験で、志望校への最終チャレンジです。ただし募集人員が少なく高倍率になる傾向があります。

メリット
  • 志望校へのラストチャンス!
「A方式」「B方式」? さまざまな入試形態

大学によっては、「A方式」「B方式」、「A日程」「B日程」などの入試がある場合があります。これは複数の試験・日程を設ける場合に、アルファベットをふって区別しているものです。それぞれの入試が上記のどのタイプに当たるのか、募集要項をよく読んで確認しましょう。

私立大学一般入試の受験計画と注意点

出題傾向や難易度は大学・学部によって大きく異なり、中には教科・科目の枠を超えた総合問題や一般常識問題を課す大学もあるため、志望校に合わせた試験対策が必要となります。過去問題や最新の入試情報を調べながら勉強を進めましょう。

志望校を決める前はここに注意!

①早めに教科を絞るのはリスクも高い

1~2教科型があるからといって、早くから教科を絞ってしまうのは少々危険です。科目が少ないほど倍率やレベルが上がる傾向があり、募集人員の比率も基本の3教科型が高い大学がほとんど。選択肢を自分で狭めてしまわないよう気をつけましょう。

②試験日程と会場を確認しよう

複数の大学を受験する場合、試験日が重なってしまうことがあります。私立大学一般入試は、まずはスケジュール管理がポイントだといっても過言ではありません。地方会場や全学部統一入試、試験日自由選択制度の有無を確認しましょう。

③科目数、配点比率をチェックしよう

各大学が発行する「入試ガイド」や「募集要項」では、受験科目の選択方法や出題範囲が掲載されています。中には年度によって細かな変更があるので、しっかり読んでおくようにしましょう。

④合格基準点、募集人員、昨年合格者数などを確認しよう

昨年の合格基準点(合格最低点)、募集人員、合格者数などは、難易度の判断材料になります。志望校を絞る際にはイメージだけで選ぶのではなく、入試資料を参考に具体的な数字も確認してみましょう。

私立大学一般入試のスケジュール

出願時期は12~1月、入試時期は主に1月下旬~2月中旬

6月頃から募集要項が発表され、9~11月頃に願書が配布されます。出願受付は12月中旬頃からスタートし、センター試験後の1月下旬から2月中旬の期間に入試を実施。2月下旬から3月にかけて一部の大学で後期日程(3月入試、2次募集)が行われます。

ここで紹介するスケジュールは一般的な例ですので、実際は各大学や学校のホームページでご確認ください。

私立大学一般入試の情報収集の方法

  1. Step 1
    「志望校のホームページ」や「入試ガイド」を確認する

    毎年、入試方式や地方受験会場の新設・廃止などが行われるため、必ず受験する年度の入試要項・募集要項を確認しましょう。入試情報は6月ころから大学のホームページなどで公開されるほか、大規模校では入試の特徴を分かりやすくまとめた冊子(入試ガイド)が発行されています。

  2. Step 2
    入試説明会に参加する

    資料の内容だけで分からない場合は、入試説明会や進学説明会に参加してみましょう。説明会は全国の主要都市やオープンキャンパスで開催されます。また、多数の大学が出展する合同イベントでも相談機会があります。

私立大学一般入試に関する4つのポイント

Point
1

同じ学部学科でも、違う方式の入試で複数回受けられる場合が多い!

Point
2

試験日程が複数あり、他校との併願または学内併願がしやすい。

Point
3

地方会場での受験は費用・体力・精神的負担を軽減できる!

Point
4

募集要項を読み込んで、早めに受験プランを立てよう。