Dさん(体育学部)の志望理由書事例

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

高校生のための進学ガイド

Dさん(体育学部)の志望理由書事例

推薦入試・AO入試の第一関門、
志望理由書の書き方のコツとマナーを知ろう!

(監修者 三井綾子)

【CASE4】職業系学部・コース Dくんの場合

プロフィール

私立高校 普通科3年
体育学部 スポーツ科学科を志望

Dくん

お父さん、お母さんの3人家族。小1の時に地元のサッカークラブに入団。高校でもサッカー部に入って競技を続けている。高1からレギュラーだったが、高2の冬に膝をけがしてからは試合に出られなくなった。将来はサッカーに関わる仕事に就きたいが、高校の授業をきっかけにスポーツに関わる仕事に興味が広がった。

志望理由書 文例

1自分は小学生のころからサッカーを続けている。ゲーム作りと正確なパス、そしてハードワークが得意で、高校のサッカー部では、けがをした2年の冬までレギュラーに選ばれた。

自分の良い点は、どんなに厳しい練習でもついていく精神力の強さと地道に努力するところである。例えば相手選手との競り合いに弱いところを克服するため、自宅でコアトレーニングを始め、体幹を鍛えた。膝のけがを
2治痕してからも3リハビリと自主トレを続けている

自分は将来、スポーツに関わる仕事に就きたいと考えている。特に興味があるのはスポーツ関連の商品開発だ。高校2年の時、「キャリアデザイン」の授業でスポーツ飲料や4サプリを製造している○○株式会社の□□さんの講演を聴いた。□□さんはスポーツ飲料を開発する仕事をしていて、いい商品を作るためには、買う人の気持ちや行動を自分の目で確かめ分析することや、商品づくりへの熱意とあきらめない気持ちが大事だと5教えてくれました

貴校のオープンキャンパスに参加して、体育学部スポーツ科学科では
6スポーツビジネスを学ぶことができ、商品開発の仕事とつながっていることを知った。貴校でサッカーの競技力を高めながらスポーツビジネスを学び商品開発に必要な知識を習得したい。そして新しいスポーツ飲料や栄養食品を作り、スポーツをする多くの人々の競技力向上や健康づくりに役立ちたいと考えている。

  1. 1ここが良くない!

    私(自分のことは私と書く)

  2. 2ここが良くない!

    治療(誤字に気をつける)

  3. 3ここが良くない!

    ケガに悩まされるものの、あきらめない精神力の高さと、商品開発に必要な姿勢をつなげられれば、自分に合った職業への理解と意欲のアピールになる。

  4. 4ここが良くない!

    サプリメント(省略しない)

  5. 5ここが良くない!

    教えてくださった
    (「です・ます調」「である調」はどちらかに統一する)

  6. 6ここが良くない!

    学科で学ぶ「スポーツビジネス」の具体的な内容(商品開発に必要な知識)と、商品開発の仕事が具体的にどう関連しているのかを書く。学科の科目・カリキュラムをよく調べて自分の言葉で示す。

Dくんの志望理由書の文章構成

01.自分のこと
  • 小1からサッカーを続けている。
  • どんなに厳しい練習にも付いていく精神力の強さ。
    自主トレーニング(=積極性、努力)。
  • スポーツに関わる仕事、特に商品開発の仕事に興味が強い。
  • 高校の授業(講演)で商品開発の仕事で大切なことを知った。
02.志望校のこと
★学びの特徴
  • スポーツビジネスを学べる。
  • 商品開発に必要な知識を身につけることができる。
03.将来の夢・目標
  • 新しいスポーツ飲料や栄養食品を作り、スポーツをする多くの人々の競技力向上や健康づくりに役立ちたい。
Dくんの志望理由書のPOINT

good!

  • 部活動への取り組み方から、精神力の強さや積極性をしっかりアピールしています。
  • 高校の授業から自分なりに考えたことや、学びや職業への興味の高さをしっかり述べています。

もうひと息!

  • 志望学科での学び(スポーツビジネス)と志望する職業(商品開発)が、具体的にどう関連しているのかが伝わりにくいです。例えば「学科で学ぶスポーツビジネスは、商品やサービスを売る仕組みを学び、スポーツ商品の消費者の心理や行動を追究し、ヒット商品の事例を研究する学問→新しい商品を開発するための知識、考え方の基礎になる」など、しっかり説明できるようにしましょう。
  • 誤字は絶対にNGです。できるだけ小まめに辞書を引くようにしましょう。