留学・資格取得にかかる費用

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

高校生のための進学ガイド

留学・資格取得にかかる費用

留学や資格取得など
ステップアップのための費用はどれくらいかかる?

大学生になったら絶対に留学したい! と思っている高校生は多いはず。大学側もグローバルな人材を育てるために留学を奨励し、さまざまな制度を整えています。また、将来の進路を見据えて、各種の資格取得をめざす学生もたくさんいるでしょう。大学生活で何をめざすのか、どうステップアップしていくのか。基本的な学費や生活費に加えて、大学での目標とそれに必要な費用の捻出について、事前に考えておきましょう。

留学にかかる費用

短期から長期まで、さまざまなタイプがある留学
どれくらいの費用を準備すればいい?

一口に留学と言っても、その種類はさまざま。語学学校で生きた言語に触れることを目的とした短期留学、留学先の大学で現地の学生と共に学ぶ長期留学。目的によっていろんなタイプがあり、その費用も利用する制度や国や地域、期間などによって大きく違ってきます。まずは、自分の目的に合う留学と、必要な費用の目安を把握しておきましょう。そして決して少なくない費用をどう調達するのかについて、家族と相談しておくと良いでしょう。

留学にはどんな費用がかかる?

留学にかかる費用は、大きく二つに分けることができます。一つは留学する前にかかる、各種申請費用及び現地までの渡航費など。もう一つは現地でかかる授業料及び滞在費です。何にどれくらいのお金がかかるのかを把握し、しっかりと資金計画を立てることが大切です。

留学前にかかる費用

留学するためには、日本にいる間にさまざまな準備が必要です。各種の申請手続きはそれぞれに費用が発生します。留学先が語学試験を課していれば、その受験料も必要。また、海外旅行保険の保険料は、期間や保障のタイプによって差があります。

  • 渡航費
  • 学校の入学申請料
  • パスポート・ビザ申請費
  • 健康診断費用(国によっては必須)
  • 海外旅行保険料
  • 試験費用(必要な場合)
現地でかかる費用

留学中に現地でかかる費用は、留学のタイプや留学先によって異なります。授業料や教材費などについては、留学先校の情報をしっかり確認しましょう。また、国や地域によって大きく違うのが滞在費用。例えば、アメリカやカナダでは学生寮よりホームステイの方が安価ですが、中国では留学生用の寮が完備され、低料金で滞在できる場合が多いようです。また、滞在地の物価も滞在費用に大きく影響します。

  • 授業料
  • 滞在費
  • 教材費
  • 語学学校費用(国によっては必須)
  • 現地での滞在許可書の申請料(国によっては必須)
  • 食費
  • 旅行、娯楽費
  • 通信費
費用負担は大学・制度によりさまざま! 必ず個別に確認しよう
留学中の在籍大学への学費は払う?

4年間で卒業することを考えると、大学の留学プログラムを利用して休学することなく留学する方法が望ましいでしょう。その場合、在籍大学への学費は通常通り納入する場合がほとんどなので注意してください(学費納入が免除になる制度、奨学金もあります)。

制度によっては、留学先の授業料が免除になる場合も

多くの大学では、海外の大学との間で留学協定を結び、交換留学を行っています。この場合、留学先大学への授業料は原則として免除になります。しかしその分、交換留学生に選ばれるためには成績や語学力などの条件も厳しくなってきます。成績や語学力アップをめざして、長期的に準備していく必要があるでしょう。

留学にかかる費用の平均額は?

留学にかかる費用は利用する制度によってまちまちですが、ここでは留学期間別の平均額を紹介します。短期でもある程度まとまった費用が必要で、長期だと約200万円がかかります。また、アメリカ、オーストラリア、フランス、中国の留学費用を比較すると、国によっても差があることが分かります。

留学期間別の平均額

留学生の費用平均額 短期留学(4ヵ月) 長期留学(6ヵ月) 長期留学(1年間)
渡航費 100,000円 100,000円 100,000円
住居費(食費除く)平均 44,000円 264,000円 528,000円
生活費(食費除く)平均 43,000円 258,000円 516,000円
学費平均 59,000円 354,000円 708,000円
合計 246,000円 976,000円 1,852,000円

※渡航費はアメリカで計算

地域別の平均額(6ヵ月の語学留学の場合)

アメリカ
1,042,000円
オーストラリア
940,000円
フランス
1,066,000円
中国
700,000円

[出典]独立行政法人日本学生支援機構 「平成23年度海外留学経験者追跡調査」(2012年2月)

留学資金の調達は、「自費・仕送り」が8割強

多額の費用がかかる留学ですが、留学経験者たちはその資金をどうやって調達したのでしょう。最も多いのが「自費・仕送り」で85.2%。交換留学や各種の奨学金、教育ローンなどを利用した人も44.2%います。自費・仕送りや奨学金との併用で留学資金をまかなった人も多いようです。

注意しなければならないのは、必要な資金は渡航前にきちんと日本で確保しておくこと。留学生のアルバイトは禁止されているケースが多く、アルバイトが発覚すると場合によっては留学が継続できなくなるかもしれません。

留学資金の調達方法は?
[出典]
独立行政法人日本学生支援機構
「平成23年度海外留学経験者追跡調査」(2012年2月)

留学のための奨学金も活用しよう!

留学のための奨学金は、各大学や短期大学で設置しているもの、国、自治体、民間団体によるものなど多種多様。支給されたお金が返還不要の「給付型」と、返還が必要な「貸与型」の2種類があり、そのほとんどは学業成績や語学テストの成績をもとに選考されます。早い段階から成績・語学力アップのために努力することが、出費を減らすコツだと言えるでしょう。

奨学金の多くは日本で応募するものですが、海外で応募できる奨学金もあります。これは渡航先の学校や現地の民間団体などが実施しているもの。事前に調べて問い合わせをしておくのをおすすめします。

留学のための奨学金のポイント

  • 国や自治体が実施するものや、学校独自のものなどがある
  • 返還の必要がない「給付型」と、返還が必要な「貸与型」がある
  • 日本で応募できるもの、海外で応募できるものがある
  • 留学費用全額を受給できる場合はごくわずか
  • 募集が年に1回しかない場合もあるので注意

資格取得にかかる費用

将来のために資格取得をめざす人も
必要なお金について考えておこう

世の中には多くの資格が存在します。語学力を証明するもの、社会人として役立つ資格や、専門職に就くために必要な資格など、その種類はさまざま。学生時代に資格を取得し、将来の職業につなげたい、スキルアップして自分を高めたいと思っている人も多いでしょう。ここでは、資格取得に関する費用についてまとめてみました。

資格取得に必要な費用とは

めざす資格を取得するために独学で勉強する人もいれば、学内外の資格取得講座などを受講する人もいます。金額の差はありますが、資格取得のための勉強、そして受験には一定のお金がかかります。

  1. 教材費

    問題集や参考書などの教材購入費用が必要。特殊な技能の資格には、機器や道具、材料費などが必要な場合もあります。

  2. 資格学校・講座受講費など

    資格取得をめざす学生のために、学内で課外講座を設置している大学が多数。学外の講座や資格学校に通う場合はかかる費用も大きくなります。

  3. 受験料

    受験料は資格によって、数千円から1万円以上のものまで幅があります。また、年間に受験できる回数もさまざまです。

受験料の例

※2015年2月時点の情報です。受験料は変更になる場合があるため、必ず各団体の情報をご確認ください。
※受験する級や受験会場、試験内容によっても受験料が変更になる場合があります。

ビジネス全般に役立つ
簿記

2級4,630円(税込) 3級2,570円(税込)

企業の経営活動を記録・計算・整理し、財務状況などを明らかにする簿記。経理事務に必要な会計知識の他に、ビジネス全般に必要なコスト感覚も身につきます。

日本語検定

2級5,000円(税込) 3級3,500円(税込)

日本語を使うすべての人のための検定です。日本語を正しく使う、社会人として必須の能力が身についていることの証明になります。

秘書検定

2級3,800円(税込) 3級2,600円(税込)

秘書として必要な資質や知識などを問う検定試験。社会人として働くために欠かせない、一般知識やビジネスマナーなどの能力を測るのに役立ちます。

日本語漢字能力検定

2級3,500円(税込) 準2級・3級2,500円(税込)

日本漢字能力検定協会が実施する、漢字能力を測る検定。単に漢字の読み書きだけでなく、漢字の意味の理解や、文章の中で正しく漢字を使う能力が求められます。

IT知識をつける
ITパスポート

5,100円(税込)

ITに関する知識の証明を可能とする国家試験です。経営全般やネットワーク、セキュリティ等、ITに関する幅広い知識を総合的に測ります。
※平成28年度4月以降5,700円(税込)に改定予定

マイクロソフト オフィススペシャリスト(MOS)

7,800円(税込)※学割価格

世の中で広く使われているマイクロソフトオフィスの操作スキルを証明するための試験。Word、Excel、PowerPoint等5科目に分かれ、それぞれの機能を効果的に使いこなす能力が求められます。

語学を磨く
TOEIC(R)

5,725円(税込)

英語の聞く力(Listening)と読む力(Reading)を測定する世界共通のテスト。英語によるコミュニケーション能力を10~990点のスコアで評価します。

TOEFL-iBT

230ドル(税抜)

大学レベルの英語を理解し使用する能力をインターネット形式で測定。英語の習熟度をチェックするために、世界中の人々が受験しています。

実用英語技能検定

2級5,000円(税込)※本会場受験の場合
準2級4,500円(税込)
3級3,200円(税込)

英語でのコミュニケーションに欠かせない4技能(聞く・話す・読む・書く)を測定する検定試験。7つの級があり、どこからでもスタートできます。
※平成28年度第1回検定より2級の費用は5,800円に改定

専門職をめざす、特定の業界の知識をつける
気象予報士試験

11,400円(税込)※免除科目なしの場合

気象業務法に基づき、気象庁長官の指定を受けて行う試験。気象学の基礎的知識や科学的な予測を行う能力、防災上の配慮を適確に行う能力などを認定します。

総合旅行業務取扱管理者試験

6,500円(税込)

旅のプランニングや取引条件の説明などの旅行業務を、管理・監督をするための「国家資格」。将来、旅行業界で働く場合に有用な資格です。

宅地建物取引士資格試験

7,000円(税込)

不動産業界で働くために取っておくとよい資格で、不動産の売買など不動産取引の際に必要な国家資格です。「宅建」と呼ばれ、不動産業界では多くの人が持っています。

ファイナンシャル・プランニング技能検定

2級8,700円(税込)
3級6,000円(税込)※学科・実技受験の場合

顧客の資産に応じた貯蓄や投資などに関するプランの立案・相談に必要な技能を測る検定。1~3級があり、学科試験と実技試験(選択科目方式)が行われます。

公認会計士試験

19,500円(税込)

会計・財務の世界で最難関の国家資格。公認会計士になるために必要な学識及びその応用能力を判定する、短答式と論文式の2段階の試験があります。

調剤事務管理士技能認定試験

5,700円(税込)

保健調剤薬局で処方せんの受付、会計など、事務全般を担当するのが調剤事務管理士です。学科と実技の試験により、調剤事務のスキルを認定します。

センスを磨く
カラーコーディネーター検定試験

2級7,340円(税込)
3級5,250円(税込)

商工会議所が主催する色彩の知識を測る検定試験。色の性質や特性などの知識を身につけることは、さまざまな仕事の場面で役立ちます。

インテリアコーディネーター資格試験

14,400円(税込)※同一年内に一次・二次試験を受験する場合

住む人にとって快適な住空間を作るために、適切な提言・助言を行うのがインテリアコーディネーターの仕事。インテリアに関する幅広い知識が求められます。

資格取得に奨励金が出る場合も!

資格取得をめざす学生たちを支援するため、費用の助成制度を設けている大学もあります。語学検定試験で規定の点数をクリアした学生に奨励金を出したり、国家資格試験等に合格した場合に数万円~数十万円を給付したりと、対象も金額もさまざまです。志望校の制度を確認して、資格試験合格をめざしてがんばりましょう!

留学・資格取得にかかる費用に関する4つのポイント

Point
1

留学に必要な資金を把握し、渡航前にきちんと確保しておこう

Point
2

留学に関する奨学金は多種多様。早い時期から成績を上げよう!

Point
3

将来に役立つ資格と、資格取得にかかる費用を確認しよう

Point
4

大学によっては、資格試験合格で奨学金(奨励金)がもらえることも!