大学・短期大学生の生活費

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

高校生のための進学ガイド

大学・短期大学生の生活費

生活費はどのくらいかかる?
特に一人暮らしをする下宿生は要チェック!

入学する大学が決まり、いよいよ始まる大学生活! 進学にあたり、学費以外にもしっかりと考えておく必要があるのが生活費です。日本学生支援機構「平成24年度学生生活調査」によると、私立大学生の年間の生活費平均は65.8万円。単純に12カ月で割ると、1カ月約5.5万円です。しかし、自宅から通学するのか、一人暮らしをするのかによって生活費は大きく異なります。ここでは、生活費に関するさまざまなデータを紹介します。自分自身の大学生活をしっかりと思い描き、できるだけ情報を集めて予算計画を立てておきましょう!

[出典]
日本学生支援機構「平成24年度学生生活調査」
※私立大学昼間部の平均金額

居住形態別の生活費

私立大学・私立短期大学の
自宅生、寮生、下宿生それぞれの生活費の平均は?

「自宅」、「学生寮」、「下宿、アパート、その他」の居住形態別に見ると、生活費が最も多いのが下宿生。次に寮生、自宅生と続きます。私立大学生のうち、下宿生の生活費は年間約107.4(月約9.0)万円、寮生は約84.5(月約7.0)万円、自宅生は約43.5(月約3.6)万円。私立短期大学生のうち、下宿生の生活費は年間約101.1(月約8.4)万円、寮生は約87.3(月約7.3)万円、自宅生は約40.8(月約3.4)万円。大学生、短大生のいずれにおいても、下宿生は自宅生の2.5倍近くの生活費が必要となっています。

私立大学生の年間の生活費

[出典] 日本学生支援機構「平成24年度学生生活調査」※私立大学昼間部の平均金額

私立短期大学生の年間の生活費

[出典] 日本学生支援機構「平成24年度学生生活調査」※私立短期大学昼間部の平均金額

自宅生
家賃や光熱費は必要ないものの、行動範囲が広がることによる出費も

自宅生は、家賃や光熱費など住居費の負担がない分寮生や下宿生に比べて生活費が少なく、特に食費は半分以下です。ただし、大学生になると自由な時間も増え、行動範囲も広がります。娯楽費や交際費などの出費が、これまでとは大きく違ってくる可能性も考えられるでしょう。ちなみに、入学時は「ちょっと遠いけど自宅から通える範囲」だと思っても、学部学科によっては研究などのために帰宅時間が遅くなり、通学だと厳しい場合も出てくるかもしれません。学ぶ内容や所属するクラブ・サークルの活動状況なども想定しながら検討しましょう。

寮生
家賃を抑える以外のメリットもある

自宅からの通学が不可能な場合、家賃支出をなるべく抑えるために、学生寮を利用するのも一つの方法です。大学や地方自治体などが運営する学生寮は、通常のアパートなどに比べると安い費用で入居することができます。大学の寮はキャンパス内や近隣にあることが多く、通学のための交通費がかからないことも。また、同じ大学の学生や同じ出身地の学生と共に暮らすことで、情報交換ができたり安心感が得られたりするメリットもあります。ただし、学生寮に入れる人数には限りがあるため、大学のWebサイトなどで早めに情報収集しておきましょう。

下宿生
食費と住居費の支出が大きな割合を占める

下宿生の生活費の中で大きな割合を占めるのが、食費、そして家賃や光熱費などの住居費です。大学生・短期大学生いずれの場合も、生活費の2割強が食費、4割強が住居費で占められています。これは、夏期・春期などの長期休暇がある月も入れた平均値なので、通常月の食費はもう少し多いと考えられます。
生活費を減らすために食費を節約する学生もいますが、極端に食費を削ることは、健康に害を及ぼすことにつながりかねません。多くの大学や大学生協では、学生の食生活を支えるために学食を運営しています。近頃では、学生に朝食をしっかり摂ってもらうために、低価格の朝食を提供する大学も増えているため積極的に活用しましょう。

東京はやっぱり高い?
一人暮らしに掛かる費用は、地域によって異なる

大学生・短期大学生の生活費は、地域によっても差があります。生活費の中で、その差が最も顕著なのが家賃です。東京をはじめとした首都圏と大阪など関西都市部の家賃は、その他の地方の家賃に比べて比較的高額。また、家賃のみならず食品やその他の物価も、総じて首都圏や関西都市部では高い傾向に。地方に住む学生たちと比較すると、どうしても全体的な生活費の支出が大きくなりがちなので注意しましょう。

大学生の収入

仕送り、アルバイトなど、収入の内訳を見てみよう!

私立大学・私立短期大学に在籍する学生の収入は、どのような内訳になっているのでしょうか。まず、私立大学生の年間の収入額平均は約209.5万円。これには学費も含まれています。そのうち「家庭からの給付」が約128.8万円で、収入額の61.5%を占めています。続いて多いのが「奨学金」で、全体の20.2%。「アルバイト」は全体の15.8%です。私立短期大学生の年間の収入額平均は、約178.8万円(学費を含む)。そのうち「家庭からの給付」が約101.1万円で、収入額の56.5%。そして「奨学金」、「アルバイト」と続きます。大学生と短大生を比較すると、短大生の方がやや家庭からの給付の割合が低く、奨学金の割合が高くなっていることが分かります。

[出典]
日本学生支援機構「平成24年度学生生活調査」
※私立大学・私立短期大学昼間部の平均金額

気になる毎月の仕送り額は?

ひとり暮らしの場合、仕送りは大体どの程度もらっているのでしょうか? 首都圏の14の私立大学における仕送り額の調査結果を見てみましょう。下記のグラフは、入学直後の新生活や教材の準備で費用がかさむ5月を除いた月平均額の推移です。1990年度のピーク時から仕送り額は減り続け、2014年度は88,500円となっています。これはあくまで首都圏のデータなので、地域によってはもう少し低くなる可能性があります。

首都圏の私立大学生の仕送り額の推移(6月以降の月平均額)
[出典]
東京私大教連「私立大学新入生の家計負担調査(2014年度)」

大学生のアルバイト事情

アルバイトをしている人は約6~7割!

多くの大学生は、家庭からの給付や奨学金では足りない分の生活費をアルバイトで補っています。アルバイトをしている学生は、私立大学生では全体の73.8%、私立短期大学生では全体の64.8%です。
アルバイトを通して他大学や他学部の学生と知り合ったり、社会に出る前に仕事というものに触れるきっかけになったりと得るものは大きいはず。一方で、アルバイトに打ち込むあまり勉強がおろそかになったり、留学やインターンシップなどに参加するタイミングを逃してしまったりしないよう気をつけましょう。

私立大学生
  1. アルバイトをしている

    73.8%

  2. アルバイトをしていない

    26.2%

私立短期大学生
  1. アルバイトをしている

    64.8%

  2. アルバイトをしていない

    35.2%

[出典]
日本学生支援機構「平成24年度学生生活調査」※私立大学・私立短期大学昼間部の平均金額

大学の生活費に関する3つのポイント

Point
1

自宅生、寮生、ひとり暮らしで生活費は大きく違ってくる!

Point
2

生活費は地域によっても差があるため注意が必要

Point
3

仕送りやアルバイト事情を踏まえ、自分の学生生活のプランを立てよう