その他の説明会、学校訪問

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

高校生のための進学ガイド

その他の説明会、学校訪問

説明会などを活用して
より多くの学校を知ろう!

多数ある中からたった1つだけを選ばなくてはならない進学先。より多くの情報から吟味して、自分にピッタリな理想の進学先を選びたいものです。オープンキャンパス以外にも、それぞれの学校では説明会を開催。次年度入試のガイダンス、学部・学科別のガイダンス、個別相談などが実施されています。遠方の学校が自分の住んでいる地域にやってきて、説明会を開いている可能性もあります。その他、さまざまなイベントがありますので、インターネットなどを常時チェックして情報を集めておきましょう。

進学先を知るためのイベント

オープンキャンパスの他にも
大学を知るイベントはたくさん

オープンキャンパス以外にも、大学フェア、合同説明会、公開講座などさまざまな形で大学の魅力を知ることができます。高校3年生になると受験勉強で忙しくなり、限られた時間の中で、たくさんの大学情報を調べることはなかなか難しいもの。比較的時間に余裕のある高校1~2年生のうちに気になる大学のことをチェックしておきましょう。志望校選びや勉強のモチベーション向上にも役立ちます。後悔しない進路選択のためにも、イベントに積極的に参加してみてください。

大学フェア

大学フェアはさまざまな大学のパンフレットが一度に手に入り、1つの会場でたくさんの大学の担当者に相談できるイベントです。中には参加大学の数が100校を超える大規模な大学フェアもあり、毎年、多くの高校生が足を運び、会場は熱気にあふれています。当日は、進路先選びのポイントや受験勉強の仕方など受験生のためになる講演や、進路カウンセリングなどイベントが盛りだくさん。個別相談ブースでは、全国各地から来場した大学の担当者や先輩チューターが受験生の質問や相談に丁寧に対応してくれます。気になる大学をピックアップし、勇気を出して相談してみましょう。行きたい大学がまだ決まっていない人も気軽に参加を。自分にあった学問の発見、行きたい大学との出合いが待っています。また、マイナビ進学でも「マイナビ進学FESTA」を開催しています。

イベント参加時の流れ
  1. 1事前予約と気になる大学のパンフレットを請求!

    入場無料・入退場自由の場合が多いのですが、模擬授業や卒業生・在学生交流イベントなど事前予約が必要なイベントがあります。人気校のイベントはすぐに定員になってしまいますので、参加を決めたら予約が必要なものはすぐに予約を入れましょう。大学案内は会場でも入手できますが、気になる大学が参加する場合は、事前にパンフレットを取り寄せて目を通しておくようにしましょう。

  2. 2確認したいポイントをチェック!

    自宅にパンフレットが届けば、すぐに目を通しておきましょう。気になることがあれば、付箋を貼ったり、マーカーでチェックを。イベントへは「ここをもっと知りたい」「あれはどういう意味だろう」など疑問や質問を持っていき、大学の担当者に聞いてみましょう。受験生にとって大切な時間を割いて参加するのです。目的意識をもって臨むことで、より有意義なものになるはずです。

    学校別相談ブース・配布物コーナー

    大学ごとに個別ブースが設けられ、設置学部や学費、奨学金、下宿先、就職状況や取得できる資格・免許など具体的な情報が聞けて、質問にも答えてもらえるスペースです。最新のパンフレットも無料で入手できます。気になる大学があれば、パンフレットを持ち帰って研究しましょう。

    進学相談・入試問題閲覧コーナー

    入試のポイント、受験対策や出願手続きに関することで分からないことがあれば、大学の担当者や専門家に直接相談することができます。また、過去の入試問題を閲覧可能。過去にどんな問題が出たかをチェックし、傾向や対策などついて相談できます。

    模擬授業

    参加大学の教員が行う模擬授業では、大学の講義の雰囲気を体験できます。時間も十分あって、大学の講義の奥深さを感じることが可能です。高校生向けに分かりやすい内容になっていますので、尻込みせず積極的に参加して大学生気分を少しだけ味わってみましょう。

    卒業生・在学生交流イベント

    憧れの大学の卒業生や在学生など、先輩たちと直接話せるイベントです。恥ずかしがらず、積極的に話しかけるようにしましょう。大学選択の基準、授業や教員、キャンパスライフ、就職のことなどさまざまなことを教えてくれます。パンフレットには載っていない大学の魅力まで知ることができます。

  3. 3チェックした大学の特徴をまとめよう!

    実際に会場に足を運んだからこそ、知ることができた貴重な情報を忘れないうちにノートにまとめておきましょう。持ち帰ったパンフレットは整理して、気になる大学の情報は特に念入りに再確認を。受験先に悩んだときや、複数の大学に合格して1つを選ばないといけないときに役立ちます。

複数の学校による合同説明会

大学フェアほど大きな規模ではなく、複数の学校が合同で開催する説明会もあります。少ない場合は2校で行うなど、落ち着いた雰囲気の中じっくりと相談できます。規模や雰囲気などの共通点がある大学同士で開催される場合が多いので、ある程度行きたい大学が決まっている人におすすめです。パンフレット配布のほかに担当者による入試ガイダンス、個別の質疑応答、キャンパスライフの紹介なども行っています。

公開講座

公開講座は、大学や短大、専門学校で行われている研究を一般の人にも知ってもらう目的に開かれています。大人向けの難しい話ばかりではなく、最近は高校生が楽しく聴講できるものも増えています。将来の進路選択で迷っている人にとって、学校で学べる内容を体感できる絶好の機会になっています。オープンキャンパスなどで行われる模擬授業と比べて、内容がより専門的で、1つのテーマについて複数回行うので、興味をそそられる奥深い楽しさがあります。考古学、法律、経済、医療など高校の授業では学ばない分野に触れることができ、将来、学びたいことを決めるヒントになるかもしれません。高校生向けの講座は、テキスト代や実験費を除いて、無料のものがほとんどです。公開講座の情報は、学校のWebサイトなどにも載っています。気軽に受講してみましょう。

その他の説明会、学校訪問に関する3つのポイント

Point
1

進学イベントに参加して、多くの大学情報を効率よく入手しよう。

Point
2

進学イベントは事前準備やそのあとのまとめも大切。

Point
3

学校の公開講座で学びたいことに出合えるかも。

オープンキャンパスを実施している学校を探そう!